ウォーキングダイエットはどれくらい痩せられる?効率よく痩せるにはどうしたらいい?

ウォーキングをしている女性

ウォーキングダイエットにはどれくらいの効果があるのか、また、効果的にやせるにはどうしたらいいのかについて紹介します。運動でダイエットをしようとするとき、もっとも簡単で手軽な方法の一つがウォーキングダイエットではないでしょうか。

スポンサーリンク

ウォーキングダイエットとは?

ウォーキングダイエットは、歩くことによって身体の脂肪を燃焼させ、それによって体重減を実現するダイエット法です。筋力のない女性や運動が苦手な方など誰でもできる、メジャーなダイエット法となっています

ウォーキングダイエットの効果について

ダイエットをするときにウォーキングを選択することはよくある話だと思いますが、なぜウォーキングをすることによってダイエット効果が得られるのでしょうか。基本的なことですが、改めてその辺を見ていきたいと思います。

歩くことによってカロリーを消費する

ダイエットにはそもそも「美容と健康のために食事の質や量をコントロールする」という意味がありますが(by世界保健機関)、一般的にはダイエット=痩せるという意味で用いられることが多いので、本稿でもそれに沿って話を進めていきます。

さて、ダイエットをするときにもっとも重要なことってご存知ですか?

それは「消費カロリー>摂取カロリー」の状態にすることです。消費するカロリー以上に食べれば太ってしまいますし、その反対になれば痩せるという単純な計算式です。

ウォーキングをおこなうとまず始めに体内の糖分が運動エネルギーに代わります。その後、身体に蓄えられた脂肪を燃焼して、エネルギーへと変えます。これが、ウォーキングによるダイエット効果につながるわけです。

血行を促進する

ウォーキングダイエットをおこなうと、全身の血行を促進することが可能です。

「足は第二の心臓」などといわれることがありますが、それは、全身の血行状態に足の筋肉が深くかかわっているからです。

そもそも、心臓には血液を全身に送り出す働きはあっても、全身の血液を心臓に戻す働きはありません。全身の血液を心臓に戻す働きは、身体の各部の筋肉が収縮すること(筋ポンプ)によって行われます。

特に、足は心臓から一番遠く、しかも重力に逆らって血液を送り返さなければなりません。女性に冷え症やむくみが多いのは足の筋力が男性に比べて弱いことも原因となっていますが、ウォーキングによって全身の血行が良くなることで、そういった悩みを解消することも可能となります。

ウォーキングダイエットをするメリット

ダイエットの方法にはいろいろありますが、ウォーキングダイエットを選択することには、どのようなメリットがあるのでしょうか。

怪我のリスクが少ない

ダイエットをするときにジョギングや筋トレなどを選択することもあると思いますが、やり方によっては怪我のリスクが高くなってしまいます。その点、ウォーキングダイエットは基本的に歩くという動作だけなので、ケガをするリスクは低いといえます。

誰でもできる

筋トレやジョギングはスポーツ初心者や未経験者にはハードルが高いですが、ウォーキングダイエットであればだれでもできるというメリットもあります。

お金がかからない

ジムに通うには会費がかかりますし、ジョギングをするにもそれなりの装備が必要になります。その点、ウォーキングダイエットはシューズさえしっかりしていれば、特に初期投資の必要がありません。

どこでもできる

ジムに通っていると、たとえば旅行中や出張のときに運動ができないなんてことも起こりえますが、ウォーキングダイエットは旅先でもどこでもおこなうことが可能です。

ウォーキングダイエットのデメリット

ウォーキングダイエットは誰でもどこでもできて、身体にかかる負担も少ないため怪我のリスクも低いです。ただ、そのように健康的で安全なウォーキングダイエットにもデメリットがいくつかあります。

消費カロリーが少ない

ジョギングやランニングなどの運動に比べると、ウォーキングダイエットは消費するカロリーが少ないです。そのため、ウォーキングだけで痩せようと思うと、結構な時間を歩く必要が出てきます。

体重が50kgの人が1時間のウォーキングダイエットをおこなうと、およそ160キロカロリーを消費するといわれています。これはだいたいおにぎり1個分に相当します。1時間のウォーキングを1ヶ月続けると、減量できる体重はおよそ660gということです。なかなか厳しいですよね。

飽きやすい

ウォーキングダイエットは歩くだけの簡単なダイエット法ですが、毎日同じようなところを歩いていると飽きてしまうというリスクもあります。

ウォーキングダイエットを効果的にする方法!

カロリーの消費量が他の運動と比べると少ないウォーキングですが、もっと効率よくダイエットをしたいという人のために、ウォーキングダイエットをするときのコツを紹介します。

早足で歩く

体重が50kgの人が1時間ウォーキングすると、その消費カロリーはおよそ160キロカロリーということでしたが、早足でウォーキングをすると消費カロリーが260キロカロリーまで上昇します。

このペースで1ヶ月間ウォーキングダイエットをすると、およそ1kgの減量が可能だということです。

ウォーキングの間に筋トレをする

ウォーキングダイエットをすると、最初に糖分が燃焼して、それから初めて体脂肪が燃焼するということですが、体脂肪が燃焼するまでにはおよそ20分程度かかるともいわれています。

そのため、糖分を燃焼する筋トレをウォーキングの前におこなうことで、より効率よくウォーキングダイエットをすることが可能となります。

さらに、筋トレには代謝を挙げる効果があり、その効果は筋トレ後48時間も持続するということです。早く痩せたいならウォーキングの「前に」筋トレをしましょう。

ウォーキングダイエットはどれくらい痩せられる?効率よく痩せるにはどうしたらいい?のまとめ

ウォーキングダイエットについて見てきましたが、いかがだったでしょう。意外と消費カロリーが少ないことに驚かれたかもしれません。ただ、無理なダイエットでリバウンドをするよりは、毎日少しずつ歩くようにして、確実に体重を減らす方が健康的かもしれませんよ。通勤の際に一駅分歩くなど工夫をして、健康的にやせましょう!

スポンサーリンク