スクワットダイエットの効果は?下半身だけでなくおなか痩せ効果も!

スクワットをしている女性

スクワットはダイエットになぜ効果的なのか?「ダイエットを始めよう」となったときに、「よし、じゃあスクワットをしよう!」となる方って、あまりいないのではないのでしょうか。でも実は、スクワットには驚きのダイエット効果があるんですよ。

スポンサーリンク

スクワットダイエットってなに?

スクワットダイエットはその名の通り、スクワットをおこなうことで体重を減らしたり、ボディラインを整えたりするダイエット法のことを言います。近年、アメリカでスクワットダイエットが大流行し、その驚きの効果が日本でも紹介されたことをご存知の方も多いのではないでしょうか。

スクワットダイエットの効果は?

スクワットダイエットの効果は大きく分けて2つあります。

ひとつは、筋力がアップすることで基礎代謝が向上し、痩せやすい身体を手に入れられることです。下半身には全身の70%の筋肉が集中しているため、スクワットで効果的に刺激してあげることで、ほかの部位よりも速やかに代謝機能を向上させることが可能となっています。

もう一つは、ヒップアップやウエストのくびれなど、ボディラインを整える効果です。

ウエストラインがくびれている女性

スクワットは単に下半身を強化するだけでなく美しいボディラインを手に入れるのにもおすすめなのです。

スクワットダイエットのやり方

それでは早速ですが、スクワットダイエットのやり方について見ていきましょう。

ここでは、アメリカで流行した30日スクワットチャレンジのプログラムを紹介したいと思います。

まず、1日目に50回のスクワットをおこないます。

そして、2日目に55回、3日目に60回と数を増やし、4日目は休みます。このように、徐々に回数を増やしながら3日間スクワットをして、1日休むということを繰り返していきます。

休み明けには20回増やした数からスタートし(5日目は80回、9日目は110回)、21日目以降は10回ずつ増やします。最終日には250回のスクワットをおこなう計算となります。

スポンサーリンク

スクワットダイエットはこんな人にもおすすめ!

スクワットダイエットのやり方をみて、最終日の250回という数に面食らった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

でも大丈夫、つらいのは最初の3日間だけで、あとは何とか続けられますよ。

特に、スクワットダイエットは筋力の弱い女性におすすめのダイエット法です。

なぜなら、腕立て伏せや腹筋が1回もできないという女性でも、スクワットであれば小分けにすれば50回くらいは可能だからです。

極端な例を挙げるなら、逆立ちをしたり逆立ちで歩いたりはできなくても、立ったり歩いたりすることは可能ですよね。下半身はそもそも筋力が強い場所ですから、筋力の弱い女性にこそスクワットダイエットはおすすめといえるのです。

スクワットダイエットをおこなう際の注意点!

スクワットは単純な動作ですが、正しいフォームで行わないと、効率が上がらないだけでなく、怪我のリスクが増してしまいます。

では、どのような点に注意すればよいのでしょうか。

つま先が膝より前に出ないように

スクワットは、足を左右に開いておこなう一般的なやり方もあれば、足を前後に開いておこなうスクワットもあります。

また、足を思い切って左右に開いておこなうスクワットもあります。

それらいずれの場合においても、膝を曲げたときに、膝頭がつま先より前に出ないようにすることが重要です。なぜなら、つま先より前に膝が出てしまうと、膝を怪我するリスクが高くなってしまうからです。

腰を曲げないように

スクワットをおこなう際には、上半身がお辞儀しないようにすることも重要です。

疲れてくると猫背ぎみになることがありますが、そうなると腰を痛めるリスクが上昇してしまいます。

腰痛が怖い人におすすめのスプリットスクワット

スクワットをすると腰痛が出るという方や、慢性的に腰痛持ちの人におすすめのスクワットが、「スプリットスクワット」と呼ばれるタイプのスクワットです。

スプリットスクワットをしている女性

スプリットスクワットの効果とは?ダイエットや姿勢改善効果も!

通常のスクワットが足を左右に開いておこなうのに対し、スプリットスクワットは足を前後に開いておこないます。通常のスクワットよりも腰にかかる負荷が少なく、姿勢改善効果も期待できるすぐれた筋トレ&ダイエット法となっています。

やり方は、足を前後に開いた状態から、上半身をまっすぐ下へと降ろします。

その時に、前の膝が90度、後ろの膝が135度になるようにしましょう。やはり、つま先より前に膝が出ないように気をつけましょう。

慣れてきたら負荷を上げてやるのもよし!

スクワットチャレンジの場合は、日数が経過するにつれてスクワットの回数が増えていくため、それほど負荷を挙げることにこだわる必要はありません。

スプリットスクワットをおこなう際にも回数を増やすか、もしくは、両手に水の入ったペットボトルやダンベルなどを持ってスクワットをするなど工夫をすると、より効果的にダイエットをおこなうことが可能ですよ。

スクワットダイエットの効果は?下半身だけでなくおなか痩せ効果も!のまとめ

ダイエットの最大の敵は「飽きる」ことです。特にスクワットは単調な動作の繰り返しなので、アップテンポの曲をかけながら行うなど、楽しみながら続けるようにしてくださいね。

関連コンテンツ