ネックフレクションで太くたくましい首を作る解説!


ネックフレクションとは、主に首の前方部分を鍛えるトレーニングになります。格闘家やプロレスラーに限らず、たくましい肉体美を誇るハリウッド俳優の中には、非常に首の筋肉が発達している人が多くいますよね。強くセクシーな首元を作るのに最適な首のトレーニングの中から、今回はネックフレクションを解説していきます!

スポンサーリンク

ネックフレクションで鍛えられる筋肉

ネックフレクションでは、首にある以下の筋肉が鍛えられます。

  • 胸鎖乳突筋(後頭部から鎖骨に伸びる筋肉)
  • 板状筋群(主に首の後ろ側に伸びている筋肉群)
  • 斜角筋群(頚椎の途中から肋骨上部に伸びている筋肉群)

頚椎という人体の急所と、頭を支えるという非常に大切な役割を持つ首の筋肉は、衝突の激しいアメフトや柔道、ボクシングなどのスポーツでは欠かせません。

また、これらの筋肉は呼吸にも大きな役割をもつので、日常でも活躍する場面が多くあります。

見た目としては、首の筋肉の1つである胸鎖乳突筋を鍛えると、首回りから鎖骨にかけてラインの出た首元を作ってくれます

首は体の中でも意外と露出していることが多く、人目につきやすい場所です。この筋肉を鍛えることで見た目の印象が大きく変わります。

ネックフレクションのやり方とコツ

ネックフレクションは以下の手順で行います。

①フラットベンチに横になる。この時、首がベンチからはみ出るようにする。
②顔の上にタオルを敷き、その上に重り用のプレートを添える。
③両手をプレートに添えながら、顔をゆっくり下へ下ろす。
④ゆっくりと元のポジションへ戻る。
⑤一連の動作を繰り返す。

ネックフレクションは主に、首の前方部分を鍛えるトレーニングです。プレートを使う他に、トレーニングパートナーと2人1組で行うという方法もあります。

その場合は、パートナーに顔を上から押さえてもらい、その圧力に負けないように首を上下に動かすといったトレーニングをしましょう。

また、首のトレーニングには「ヘッドハーネス」という専用のトレーニンググッズがあります。これはヘッドギアにチェーンがついていて、チェーンにプレートなどの重りを装着してトレーニングをすることができます。

もしも本格的に首をトレーニングしたい場合は、購入を検討してみるといいでしょう。

また、首の後部を鍛えるトレーニングであるネックエクステンションと、1セットにして鍛えるとより良いです。

ネックエクステンションのやり方解説!太くかっこいい首を作る

ネックフレクションの目標回数・セット数

ネックフレクションは10回の3セットを目安に行いましょう。

首のトレーニングは次に紹介するように、常にケガとのリスクを考慮しながら行う必要があります。重量はなるべく軽めなものをチョイスして、ゆっくりとした挙動でフォーム重視のトレーニングを心がけてください

ネックフレクションをする時の注意点

ネックフレクションをする時に何よりも注意したいのが「ケガ」です。これはネックフレクションに限らず、首のトレーニング全てに言えることでしょう。

例えば高重量を意識しすぎてトレーニングをすると、筋肉の疲労が原因で重りに負けてしまい、いきなり首がガクンと後ろに反ってしまったとします。そうすると、むち打ちや頚椎損傷など、非常に重大なケガに繋がりかねません。

そうしたケガを防止するために、次の2点を強く意識してください。

  • プレートなどの重量は軽めのものから始め、無理のない重量設定を行う。
  • プレートを持つ両手で、いつでも重量を首から離すなどの処置ができる体勢を整えておく。

トレーニングパートナーと一緒に練習を行う場合も、同様にケガには十分注意して行いましょう。

ネックフレクションを自宅で行う場合のバリエーション

ネックフレクションは自宅でも比較的簡単に実践できます。

まずベンチの代わりですが、ベッドやソファなど体を預けやすいものを使用するといいでしょう。フラットベンチのように体を伸ばして横になれない場合は、両足を組むなど姿勢を安定させやすい体勢を模索してみてください。

そしてプレートですが、もしも自宅にない場合は本など頭に乗せて安定させやすいものを重りに使うのが最適です特に、英和辞典などそれなりに重量があるものを使うと、それだけで十分な負荷を首にかけることができます。

また、首の前方を鍛えるアイソメトリックトレーニングも紹介しましょう。

これは非常にシンプルで、壁の前に立ち、姿勢をまっすぐにしたまま体を斜めに傾け、額を壁につけます。その姿勢のまま、額だけで体の姿勢を支えるようにしましょう。

このトレーニングを30秒の3セットでチャレンジしてみてください。

額を直接つけると痛いという方は、ハンドタオルなどをクッションとして使ってください。体の傾ける角度によって、負荷の調整が可能です。

ネックフレクションで太くたくましい首を作る解説!のまとめ

ネックフレクションで鍛えられる筋肉やトレーニング方法、鍛える時の注意点などを解説しました。ネックフレクションや他の紹介している首回りのトレーニングメニューをこなすことで、首を太くたくましく成長させることができます。ラインを作り上げることで、セクシーでかっこいい首を作りましょう!

スポンサーリンク