お腹のストレッチ5選!続ければぽっこりお腹が痩せるかも?


お腹のストレッチはぽっこりお腹の解消にも効果あり!日々トレーニングやジョギングに励んでいる方も多いかと思いますが、さらにストレッチを加えることによってお腹痩せの効果が高まることをご存知ですか?今回は、特に運動時や寝る前に取り組みたい、5つのお腹のストレッチを厳選してご紹介します!

スポンサーリンク

お腹のストレッチ①

うつ伏せからお腹を伸ばす

エジプトのピラミッドを守っているスフィンクス。このストレッチは、あの像のような姿勢をして腹筋の正面を伸ばします。

①床にうつ伏せになり、胸の横に両手をつける。
②両手で床を押すようにして、背中を反らして上半身を伸ばす。
③一旦、この姿勢を30秒ほど維持する。

この動きを2、3セット繰り返しましょう。

ストレッチ中は、腰を浮かせずに骨盤を床につけたまま行います。背中を反らすことでお腹の正面をストレッチすることができるのですが、もしも腰に痛みを覚えるような場合は、手ではなく肘を床につけて行うと良いでしょう。

普段から猫背気味になっている人は、腹筋が収縮した状態が続いています。このストレッチで腹筋を伸ばしてあげることで、緊張している状態をほぐし、血流を改善させることができるのです。

お腹のストレッチ②

脇腹を伸ばす

次のストレッチは、体の中でも筋肉が凝り固まりやすい体側(体の両側面)を伸ばします。

①足を肩幅程度に開く。
②両手を組み、体の真上にまっすぐ伸ばす。
③両腕を高く伸ばしたまま、体を左右に倒していく。
④全体の動作をゆっくり行いながら、左右それぞれに5回ずつ繰り返す。

このストレッチのポイントとなるのは、体側をしっかり伸ばすために体を前へ倒さないという点です。もっと体を倒したいと思い、体をひねって前かがみになってしまう人がいますが、それでは体側へのストレッチ効果が弱くなってしまいます。できる範囲で構わないので、体は真横に倒すのを意識してストレッチをしましょう。

筋肉のコリがほぐれることで、血流が改善されます。そうすると体内に酸素が行き渡りやすくなるだけでなく、老廃物の排出もスムーズに行えるようになることで代謝も改善され、脂肪燃焼につながるのです。

筋肉というのは、ある程度鍛えていれば多少トレーニングを中断しても、体は元の筋力を取り戻しやすい仕組みがあります。しかし、それに対して柔軟性は放っておくとどんどん失われてしまうのです。そのため、定期的にストレッチを行う必要があります。

▼脇腹をダイエットすれば理想的なくびれを作ることも可能です!

脇腹ダイエットの3つの方法とは?筋力アップと食事の見直し!

お腹のストレッチ③

座って行うストレッチ

ちょっとした気分転換も兼ねてストレッチを行いたい場合は、このストレッチがオススメです。

①椅子に座って、両手を体の後ろで組む
②息を吸いながら天井を向くように体をそらす
③両腕を後ろに伸ばしながら、5秒その姿勢を維持する。

この一連の動作を、5回前後繰り返しましょう。

ポイントは、体を反らした時にお腹が伸びているのを意識する点です。もしも背もたれなどがあって腕を伸ばせない場合は、背もたれの付け根部分をつかんで同じように体を伸ばすストレッチを行うと良いでしょう。

スポンサーリンク

お腹のストレッチ④

体を弓のようにしならせるストレッチ

このストレッチは、ある程度体の柔軟性が必要です。ちょっとしたチャレンジとして取り組んでみてください。

①床にうつ伏せの姿勢になる。
②両足のひざを曲げて、足の裏を天井へ向ける。
③両腕を後ろに伸ばし、それぞれの足をつかむ。
④上半身、脚をそらせるように上へ伸ばす。
⑤この姿勢を5秒維持する。

体を反らせる時には、お尻の穴をしめるように力を入れるのがポイントです。海老反りになることで胸、お腹、そして太ももを大きく伸ばすことができます。

また、このストレッチは柔軟性に加えて、体の姿勢を維持するのにある程度のバランス感覚や筋力も必要です。難易度の高いメニューで、無理にこの姿勢を取ろうとすると転倒したり、腰を痛めたりするので注意してください。

お腹のストレッチ⑤

ドローイン

最後に紹介するのはドローインというメニューです。ドローインはいわゆる腹式呼吸を活用したトレーニングでもあるのですが、お腹周りを大きく動かすのでストレッチの一環としても活用できます。

ドローインは次のように行います。

①床に仰向けになって、お腹の上に手を乗せる。
②鼻で息を吸いつつ、大きくお腹を膨らませる。
③ゆっくりと口から息を吐きながら、お腹を大きく凹ませる。
④一連の動作を10回ほど繰り返す。

ドローインのポイントとなるのが、呼吸時のお腹の動きです。息を吸った時は、お腹を自分でできる限界まで膨らませましょう。そして息を吐く時ですが、お腹を床につけるくらいのイメージで、しっかりと凹ませるように意識してください。

ドローインは呼吸筋である横隔膜を大きく動かすことで、インナーマッスルを鍛えることができます。また、深呼吸を行うことで自律神経のバランスを整うことができ、リラックスや集中といった様々なメリットが得られます。

▼お腹のマッサージをしながらダイエットできる「腸もみ」については以下の記事もご覧ください。

腸もみダイエットの効果について!一般の人にもできるやり方をご紹介! 

お腹のストレッチ5選!続ければぽっこりお腹が痩せるかも?のまとめ

お腹のストレッチを5つご紹介しました。筋肉をほぐして血流を良くすることは、脂肪燃焼にも高い効果を発揮します。ダイエットをもっと効率よく進めるために、ぜひ今回紹介したストレッチに取り組んでみてください!

関連コンテンツ