太ももダイエットにおすすめのエクササイズとは?マッサージは効果がある?


太ももダイエットのオススメエクササイズは??暖かくなってくると、足を出したファッションをすることもありますよね。そんなときに気になるのが太もも。引き締まっていてすらっと伸びた足は、男性だけでなく女性から見てもうらやましいものですよね。今回は、そんな美しい太ももを手に入れるためのエクササイズを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ふとももダイエットをするにはどうしたらいい?

ダイエットはそもそも美容と健康のための規定食のことを言います。だから、太ももダイエットって本当はおかしな言葉なのですが、日本ではダイエット=痩せるという意味で用いられることが多いので、この記事でも太ももダイエット=太もも痩せとして解説していきますね。

・太ももの脂肪を落とす

ふとももダイエットの方法の一つ目は、太もも周りの脂肪を落とすということです。太ももが太くなってしまう最大の要因が、単に太ってしまうことです。そのため、太ももダイエットをする際には、脂肪を落とすことが重要となります。

・太ももの筋肉をつける

太ももダイエットの2つ目の方法は、太もも周りの筋肉をつけるということです。脂肪を落とすことばかりに注目して筋力が低下したりすると、代謝機能も衰えることとなり、かえって太りやすくなってしまいます。

ダイエットの基本は「消費カロリー>摂取カロリー」の状態にすることです。消費カロリーをアップさせるには、運動をするだけでなく筋肉をつけていくことも大事なんですよ。

・血行をよくする

足が太いと悩んでいる女性の多くに、足のむくみがみられます。特に、長時間のデスクワークでパソコンの前に座りっぱなしだったり、接客業などで長時間立ちっぱなしだったりする女性にその傾向があります。

長時間同じ姿勢でいると、筋肉が緊張して血管を圧迫し、血行が悪くなってしまいます。血行が悪くなると老廃物の排出が滞ってしまうため、結果として足がむくんで太く見えてしまうのです。

太ももダイエットの方法その1・食事編

太ももダイエットのひとつめの方法は、太もも周りの脂肪を落とすということでした。そのためにはまず、脂肪を蓄えないような食生活に切り替えることが重要です。

結論から言うと、脂肪を付きにくくするためには、糖質の摂取量を制限することが最重要となります。糖質とは、ご飯やパン、麺類などの炭水化物のことを言います。もちろん、ケーキやアイスクリームなどのお菓子も糖質を多く含んでいます。

ダイエットをしているけどなかなか痩せられない、という女性によくありがちなのが、運動もして食事も制限しているけど、甘いものだけはやめられないというパターンです。

好きなものを食べている女性のイラスト

いくら食事を制限しても、甘いおやつなどを食べて入れば、なかなか痩せることはできません。なぜなら、糖質と脂肪とには密接な関係があるからです。

私たちが摂取した糖質は、膵臓から分泌されるインスリンによって分解され、身体のエネルギーへと変換されます。ところが、お菓子などで急激に血糖値が上昇した場合、インスリンの分解が追い付かなくなります。

インスリンが分解しきれなかった糖質は、いったん予備のエネルギーとして体内にとどめ置かれることとなります。もうお分かりだと思いますが、それが脂肪だということです。

ダイエットをするときに食事の量を減らすことはよくあると思いますが、ハッキリいって糖質を減らさなければ何の意味もありません。もちろん、太ももダイエットに関しても同じことです。

太ももダイエットの方法その2・運動編

ダイエットの鉄則は、消費カロリーが摂取カロリーを上回るようにすることです。そのために必要なことは2つあって、1つは有酸素運動で脂肪を燃焼させること、もう一つは筋肉をつけることです。

・有酸素運動の方法

有酸素運動とは、ゼエゼエハアハアいわない程度の運動のことを言います。ジョギングやウォーキング、水泳やなわとび、ボクササイズやエアロビなどが有酸素運動になります。

有酸素運動を開始すると、まず体内にある糖分が運動をする際のエネルギーへと変換されます。体内の糖分を使い果たすと、今度は予備のバッテリーである脂肪が燃焼しはじめ、運動エネルギーとして使われます。

一般的には、有酸素運動を開始してから20分ほどすると、脂肪の燃焼が始まるということです。そのため、有酸素運動は最低でも20分以上おこなうようにするとよいでしょう。

・筋トレの方法

太ももダイエットをする際のおすすめ筋トレは、ずばりスクワットです。スクワットはキング・オブ・エクササイズとも呼ばれるほど、筋トレ界では王道のエクササイズとなっています。

下半身には全身の70%の筋肉が集まっていることから、下半身の筋肉を中心に刺激することが可能なスクワットは、太ももダイエットにもってこいという訳なのです。

ただ、通常の足を横に開いておこなうスクワットは、筋力の弱い女性だと継続が困難だったり、腰や膝を痛めたりするリスクがあります。

そのため、足を前後に開いておこなうスプリットスクワットを選択するとよいでしょう。やり方は、足を前後に開いた状態から、前になった方の膝が90度、後ろになった方の膝が135度になるように、上半身をまっすぐ下に下していきます。

その際に、前になった方の膝がつま先より先に出ないように気をつけましょう。また、胸は反らさなくていいですが、猫背にならないようまっすぐの状態を保つようにしましょう。

スプリットスクワットは、単に下半身の筋力をつけるにとどまらず、ウェストの引き締め効果やヒップアップ効果、姿勢改善効果も期待できるので、ぜひ日々のエクササイズとして取り入れてくださいね。

太ももダイエットの方法その3・マッサージ

太ももをマッサージすることによって、筋肉の緊張をほぐして血行を促進し、むくみを改善することで太ももダイエットを実現することが可能です。

ただ、太ももをマッサージすることは、単にむくみをとるだけの効果しかないということを忘れないようにしてください。

太ももの太さを気にする女性

よく、エステやマッサージなどの宣伝で、マッサージをすることによって代謝が向上し、脂肪燃焼が促進されるなどと謳っていることがありますが、マッサージによって脂肪が燃焼することは「絶対に」ありません。

脂肪を燃焼するためには、ある重さの物を一定の距離運ぶことが必要となります。ジョギングやランニングで脂肪が燃焼するのはそのためです。

エステやマッサージでベッドに横になっているだけで、脂肪が燃焼するようなことはあり得ません。また、皮下脂肪をもんだりひねったりしても燃焼しませんし、リンパや静脈に流れるようなこともありません。

太ももをマッサージすることによるダイエット効果は、むくみが解消できるだけです。もちろん、むくみを解消することが無駄という訳ではありませんよ。ただ、過大な効果を期待しないようにしてくださいね。

太ももがムキムキにならないか心配?

太ももダイエットの代表的な方法を紹介しましたが、よくある相談が「筋トレをするとムキムキになってしまうのでは?」ということです。

これに関しては、まったく心配する必要はないといっていいとおもいます。日本代表のアスリートを目指しでもしない限り、女性の場合は身体の構造上、ムキムキになることはありません。安心してエクササイズに励んでくださいね。

太ももダイエットで美脚を手に入れよう!

太ももダイエットにおすすめのエクササイズとは?マッサージは効果がある?のまとめ

太ももダイエットの方法を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。美脚とは単に足が細いことを言うのではなく、メリハリのある脚のラインのことを言います。エクササイズと食習慣の改善で、美しい脚を手に入れてくださいね。

スポンサーリンク