本気で取り組み人のための10分間ワークアウト


10分間で取り組み人のためのワークアウトについて、今回はご紹介していきます!!夏までに痩せたい!と本気で思っていますか?固い決意を持っている人は是非、この記事は読んでみてください。

スポンサーリンク

食事制限の筋トレはやめよう

食事制限のダイエットで1~2kgぐらいで喜んでいるそこのあなた、今回お伝えする内容は、体にガツンと負荷をかけて、短期間でバシっと引き締まった体を作り上げるためのトレーニングをお伝えします。

個人的には、筋トレダイエットより食事制限ダイエットの方が辛いと感じます。

しかし、大多数の方は逆だと思います。筋トレより食事制限の方が楽だと感じるのです。これは錯覚だということを認識してください。なぜかというと、食事というには、1日の中で必ず行うことですよね?

毎日、生まれてからずっと、食べる・飲むという行動は毎日時間が確保されているものなので、それをどう改善するかという行動だと結構簡単に導入できるんですね。

対して、筋トレの場合、これまで1日の行動の中に取り入れられていないものを取り入れないといけないので、最初に導入するときにどうしても二の足を踏んでしまうんですよね。

人って誰でもそうだと思いますが、新しいことに挑戦する時って、どうしても億劫に感じてしまうものです。

しかし、美しいボディラインは、食事制限のダイエットだけでは絶対に作れません。なぜなら、体を美しく見せるには、絶対に筋肉が必要だからです。

しっかりと毎日継続すれば、必ず美しいボディラインに変われるトレーニング方法をお伝えします。

立って行う基礎トレーニング

まずは、体幹を鍛えるトレーニングです。軽い有酸素運動と組み合わせることで、体感を鍛えつつ脂肪を燃焼させる効果があります。

片足アップ

気を付けの状態から、両手をまっすぐ垂直に上にあげます。

その状態から、くの字の状態になるように両手と片足をそれぞれ身体の中央へ曲げていきます。

このとき、上げた方の膝を両手でタッチするようにしましょう。身体の軸がぶれないように注意してください。

体を曲げる時に息を吸って、戻すときに吐くようにしましょう。

左右それぞれ20回ずつ、2セット行いましょう。

メディシングボールアップダウン

メディシングボールがなければ最初は普通のボールでも構いません。

気を付けの状態から、膝を曲げて片足をあげます。

その状態をキープしながら、ボールを両手で持ち、上がっている足の逆サイドの上に構えます。

そのまま、対角線上にボールを行き来させます。

体をまっすぐするように意識してください。

15回、左右2セットずつ行いましょう。

ツイストジャンプ

立った状態で、両手を顎の下におきます。アイーンを両手でやっているイメージです。

その状態で、ジャンプしながら体をひねります。

上半身と下半身が逆を向くようにひねってください。

100回を2セット行います。

高くジャンプすることよりは、できるだけ体をひねるように意識しましょう。

腰半回し

足を肩幅程度に開いて立ちます。

骨盤あたりに手を置き、その状態で上体を倒し腰を回します。

顔は常に前を向きます。

半周したら、体をそらさずに逆回転で腰を回します。

必ず半周で止めてください。

20回ずつ2セット行いましょう。

ニーキック

2のメディシングボールのボール無しみたいな感じです。

2のときは、足を上げたままでしたが、今回は足も上げ下げします。

なるべく早く、高く行うことがポイントです。

足は少し後方に構えて、蹴り上げるような形で行いましょう。

15回、左右2セットずつです。

同手同足アップ

正体した状態から若干半身の状態をとります。

後方に下がった方とは逆の手は腰に置ます。

下げた方の手は「ヨッ」のポーズの様に手を開いて上げます。

その状態から、手は下げて足を上げて、肘と膝をくっつけます。

15回を左右2セットずつ行いましょう。

全部で10分程度のワークアウトです。

このトレーニング、全部行っても10分くらいで終わる内容になっています。あなたの毎日の生活の中で、10分間の時間すら確保できないかどうか、考えてみてください。

朝起きて言えおを出るまでの時間、帰ってきて寝るまでの時間、ケータイをチェックしてダラダラしている時間、テレビを見ながらぼーっとしている時間。

全てが悪いとは言いませんが、その中で10分間だけ、ワークアウトをする時間に当ててみましょう。それすらもできない人は、理想のボディラインを手に入れることは諦めてください。

毎日続けることが大切

1日たった10分のトレーニングでも、毎日しっかりと続ければ必ず結果が出ます。

3ヶ月間、毎日続けられれば、夏には自信を持って水着を着られるように絶対になります。むしろ、脱ぎたくて仕方なくなってしまうかもしれません。

本気で取り組み人のための10分間ワークアウトのまとめ

長期的に見た場合、絶対に食事制限ダイエットより筋トレダイエットの方が実践して得になることが多いです。また、美しいボディラインを手に入れると、その体型をキープしたくなるので、どんどんトレーニングにも身が入ります。あなたも続けられる範囲でスタートしてみましょう。

スポンサーリンク