ダイエットサプリの種類を教えて!どのサプリがどんなダイエット効果があるの?


ダイエットサプリの種類をご紹介します!ダイエットするときにはいろいろな栄養素を摂取することも重要ですが、日々の食事だけでは賄いきれないこともありますよね。そんなときにおすすめなのがサプリメント。では、どのサプリにどのようなダイエット効果があるのでしょうか。ダイエットについての定義とともに紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ダイエットとは?

ダイエットというと、一般的には「痩せるため」に食事制限をしたり、運動をしたりといったことをイメージされるのではないでしょうか。実は、世界保健機関(WHO)によると、ダイエットとは「健康と美容のために食事の内容を変更したり、食事量をコントロールしたりすること」と定義されています。

つまり、運動をしてダイエットというのは理屈からするとおかしいということになります。また、ダイエットには「規定食」という意味はあるものの、痩せるといった文言はどこにも含まれていません。

ダイエットサプリの働きは?

ダイエットとは美容と健康のために、食事の質や量を考えることだということですが、その上でダイエットサプリに求められる役割とは何なのでしょうか。

・痩せ薬ではない

ダイエットサプリというと、飲むだけで痩せるようなイメージがあるかもしれませんが、基本的に何かを飲んだり食べたりするだけで痩せるようなことはありません。逆に、そのような食べ物や飲み物があったら怖いですよね。

・栄養補助食品

ダイエットサプリに限らず、サプリメントとは栄養「補助」食品です。つまり、普段の食事をしっかりと摂った上で、それでも不足する分をサプリメントで「補う」という発想になるわけです。

以前、ある芸能人の方が、1日に29種類以上ものサプリメントを摂っているとテレビでおっしゃっていました。司会者の方が「それで健康になりましたか?」というと「風邪ばかり引いています」と答えられていました。

このように、基本となる食事でしっかり栄養をとれていないと、いくらサプリメントを飲んだところで健康効果(もちろんダイエット効果も)は得られないということなのです。

以上のようなことを踏まえた上で、ダイエットサプリにはどのような種類のものがあるのか、そしてどのようなダイエット効果があるのかについて見ていきましょう。

ダイエットサプリその1・イソフラボン

大豆に含まれている成分であるイソフラボンには、さまざまな健康効果があることが分かっています。そして、大豆イソフラボンには脂肪をためにくくする効果があることが分かっているのです。

・特に女性にはおすすめのサプリです

実は、大豆イソフラボンは特に更年期を迎える女性におすすめのダイエットサプリです。なぜかというと、大豆イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きがあることが分かっているからなのです。

エストロゲンには満腹中枢を刺激する働きと脂肪を燃焼する働きがあるのですが、更年期を迎えるとこのエストロゲンの分泌量が低下することになります。

エストロゲンの分泌が減少すると脂肪をため込みやすい体質となってしまうので、エストロゲンに似た働きをする大豆イソフラボンを摂取すると太りにくいにくくなるというわけなのです。

・女性の薄毛改善にも効果的

また、中年期以降になると女性でも髪の毛のボリュームがなくなったり、地肌が見えやすくなったりする女性男性型脱毛症になることがあります。

これも女性ホルモンの分泌量が低下することと関連しているということなのですが、大豆イソフラボンのサプリメントを摂取することで、女性男性型脱毛症の予防にもなります。実際に、女性用の育毛剤には大豆イソフラボンを含有した商品が多数あります。

ダイエットサプリその2・ビタミンB

ビタミンBはなんとなく身体にいいようなイメージがあると思いますが、実際にどのようなダイエット効果があるのかについて知っている人は少ないのではないでしょうか。ビタミンBにはどのようなダイエット効果が期待できるのでしょう。

・脂肪燃焼効果

ビタミンB群の中でも特に、ビタミンB1は脂肪燃焼効果があることで知られています。私たちの身体にとってエネルギー源は糖質(タンパク質)ですが、ビタミンB1には糖質を分解してエネルギーに変えるのを手伝ってくれる働きがあります。

糖質を分解しきれないと脂肪として体内に蓄えられてしまうため、ビタミンB1を摂取することはダイエットをするのに効果的だということです。食品で言うとビタミンB1はウナギやレバー、大豆などに含まれています。

・代謝機能の向上

ビタミンB群の中で、ビタミンB6にはタンパク質の合成を促したり、脂質の代謝を促したりする効果があることが分かっています。また、肝臓に脂肪がたまるのを抑制してくれる働きもあるそうです。

基礎代謝によって消費されるカロリーの多くを占めるのが肝臓なので、肝臓に脂肪をためないことはダイエットにとっても重要だということが可能です。

また、ビタミンB6を摂取すると月経前の不快な症状を抑えたり、つわりを軽くしたりするといった効果も期待されるそうなので、婦人科系の症状に悩まされている女性にとってもおすすめの栄養素です。食品で言うとカツオやマグロといった魚類、レバーなどに多く含まれています。

・美肌効果

ビタミンB群の中で、ビタミンB2は美容面に効果のある栄養素だとされています。ビタミンB2には美しい髪の毛やハリのある肌を作る働きがあることから、やはり女性にとってはおすすめの栄養素です。また、ビタミンB2には粘膜を保護する効果もあるということなので、アレルギーを持っている人も積極的に摂取するとよいでしょう。

ダイエットサプリその3・イノシトール

イノシトールは、かつてはビタミンBの一種だと考えられていましたが、今では13種類あるビタミンBには属さない「ビタミン様物質」に分類されています。では、イノシトールとはどのような栄養素なのでしょう。

・抗脂肪肝ビタミン

イノシトールは抗脂肪肝ビタミンなどといわれることもあり、その名の通り肝臓に脂肪がたまることを抑制してくれる働きがあることが知られています。

肝臓は沈黙の臓器などともいわれることから、負担がかかっていても症状として現れることがあまりありません。肝脂肪がたまると肝機能障害にもつながりかねませんので、ダイエット目的だけでなくイノシトールを摂取するようにしたいものです。

・神経を正常化

イノシトールは細胞の膜を構成する成分でもあり、中でも神経細胞を構成するのに重要な働きをしていることが分かっています。

そのため、イノシトールを摂取することによって、神経を正常に保つ効果が期待できます。イノシトールを多く含む食品としては、穀類や豆類、ナッツやくだものなどがあげられています。

ダイエットサプリその4・カルニチン

カルニチンもイノシトールと同じく、ビタミン様物質に分類される栄養素で、脂肪を分解してエネルギーに変換する手伝いをすることから、ダイエット界でも注目され始めています。食品で言うと牛肉や豚肉、羊の肉やトマトなどに多く含まれています。

サプリメントは上手に使いましょう!

ダイエットサプリの種類を教えて!どのサプリがどんなダイエット効果があるの?のまとめ

ダイエット効果のあるサプリメントについて見てきましたが、いかがだったでしょうか。サプリメントは飲むだけで痩せるといった効果があるわけではありませんが、他の栄養素を合わさってダイエット効果を高めてくれる働きがあります。基本は普段から栄養バランスのとれた食生活を意識することですが、不足する分はダイエットサプリで補うとよいでしょう。

スポンサーリンク