グルタミンは筋肉の合成にも活躍!その効果を解説!


グルタミンとはどんなサプリかご存知ですか?筋トレでは効率的に栄養補給ができるよう、食事以外に様々なサプリメントを摂る人が多くいます。そんな数あるサプリメントの中でも候補の1つに上がりやすいのが「グルタミン」です。グルタミンとはどんなサプリで、どんな効果があるのかをまとめました!

スポンサーリンク

グルタミンとはどんなサプリなの?

グルタミンはアミノ酸の1つです。アミノ酸というのは私たちの生活を支える様々な働きを持っています

自然界には非常にたくさんのアミノ酸が存在していますが、そのうちグルタミンを含む20種類のアミノ酸は、筋肉などを作るのに欠かせないタンパク質を作ってくれています。

ちなみに、20種類のアミノ酸以外に体の中にあるアミノ酸を「遊離アミノ酸」と呼びます。

この20種類のアミノ酸は、体内で作ることができる「非必須アミノ酸」と、体内では作れず食事で補う必要がある「必須アミノ酸」の2つに分けられます。グルタミンは基本的に体内で作ることのできる非必須アミノ酸です。

しかし、このグルタミンは比較的体内で不足しやすいという特徴があるため、食事でも補う必要があるとされています

このグルタミンを多く含む食材には、小麦粉やかつお節、大豆、アーモンド、そしてプロセスチーズなどが挙げられます。

▼グルタミンサプリメントについては以下の記事も参考にしてください。

グルタミンサプリメントの驚きのパフォーマンス

グルタミンの効果①

タンパク質の合成を助ける

ハードなトレーニングを行うと、筋肉や臓器には大きな負担がかかります。そして、そんな臓器や筋肉が必要とするのがグルタミンなのです。しかし、体内で作られるグルタミンではその量が不足しがちです。

グルタミンが減ると体内では、不足したグルタミンを補うために筋肉を分解し始めてしまいます。それを防ぐために、グルタミンを飲むというわけです。

また、グルタミンは筋肉のエネルギーになる「グリコーゲン」の合成も助けてくれます。これにより、筋肉の分解を防ぎつつその成長を助けてくれるのです。

グルタミンの効果②

成長ホルモンの分泌を促進する

トレーニング後に分泌される成長ホルモンは、筋肉を育てるのには欠かせない要素の1つです。そして、グルタミンを飲むことで、この成長ホルモンの分泌量が増えるとされています。

成長ホルモンの分泌量が増えることで、筋肉の合成が促進されるという嬉しい効果を得られます。また、成長ホルモンは筋肉の合成だけでなく、代謝のコントロールという役目も持っています。代謝が上がれば当然体のエネルギー消費量が増えるので、結果として体脂肪の燃焼にも大きな役目を果たしてくれるのです。

スポンサーリンク

グルタミンの効果③

健康維持

筋トレは筋繊維を傷つけて、そこから回復・成長をすることで鍛えるのが大きな目的です。しかし、筋トレで傷つくのは筋肉だけではありません。体にかなりのストレスがかかるトレーニングは、内臓など各器官にも大きな負担となります。

よく、筋トレ後は体調を崩しやすいという人がいます。それは、体にある免疫細胞の活動が鈍くなってしまうことが原因の1つでもあるのです。そして、グルタミンは、そんな免疫細胞のエネルギーとしても働きます

グルタミンと取ることで、そうした疲労による体調不良を防ぐという健康効果もあります

グルタミンの飲むタイミング

グルタミンの働きは、体の成長促進や健康効果の増進といったものです。

そのため、グルタミンを飲むのはトレーニング直後や寝る前というのがぴったりと言えます。この2つのタイミングは成長ホルモンが分泌されやすい一方で、エネルギー不足による筋肉の分解が起こりやすいという状態のため、積極的にグルタミンを飲んだ方がいいでしょう。

また、筋肉の分解というのはトレーニング中でも起こります。そのため、トレーニングの直前にグルタミンを飲むのもタイミングとしてはオススメと言えるでしょう。

また、グルタミンを飲む時は水に混ぜるのではなく、直接粉末を口に入れて、その上で水を飲むという方法をとる人がいます。水に長時間混ぜたままにしておくと、グルタミンはグルタミン酸に変化します。

2つは非常によく似ているのですが、役割が違うアミノ酸です。グルタミン自体は別に変な味がするわけではないので、飲み方の1つとして参考にしていただければと思います。

グルタミンは筋肉の合成にも活躍!その効果を解説!のまとめ

グルタミンとはどんなサプリでどんな効果があるのか。そしてグルタミンの効果を最大限生かすための飲むタイミングなどについて解説しました。グルタミンは体づくりには欠かせない役割が数多くあります。トレーニング後の筋肉の成長速度をもっとアップさせたいという方は、グルタミンをぜひ試してみてください!食材から取り入れる場合には、小麦粉や鰹節、大豆、アーモンド、プロセスチーズなどがおすすめです。朝食や夕食に取り入れて、ぜひトレーニングに発揮してください。

関連コンテンツ