アルファリポ酸ダイエットの効果と問題点について!


アルファリポ酸ダイエットは2000年代にブームとなったダイエット法ですが、最近になってまた注目を集めているようです。数多くのダイエット法は一定の周期でブームが訪れる傾向があるようです。今回はアルファリポ酸の持つダイエット効果とその問題点について紹介していきます。

スポンサーリンク

アルファリポ酸ダイエットってなに?

アルファリポ酸ダイエットとは、健康や美容、ダイエットに対して効果的とされるアルファリポ酸をサプリメントなどで摂取することによって、痩身効果などを得ることを目的としたダイエット法です。

アルファリポ酸とは?

アルファリポ酸ダイエットの効果などについて解説する前に、まずはアルファリポ酸とはどのようなものなのかについて説明しておきたいと思います。

・チオクト酸

アルファリポ酸は、リポ酸(lipoic acid)やチオクト酸と呼ばれることもある酸素の補助因子となる有機化合物のことです。

・医薬品として用いられている

アルファリポ酸は現在ではサプリメントなどから簡単に摂取することができますが、2004年にサプリメントへの配合が許可されるまでは、原則として医薬品として用いられていました

医薬品としてのアルファリポ酸は、注射用のチオクト酸(15mgから25mg)や経口薬であるチオクト酸アミド(1日あたり1.5mgから15mg)などがあります。

医薬品としてのアルファリポ酸は、亜急性壊死性脳脊髄炎や、ストレプトマイシンやカナマイシンといった抗生物質に対する中毒によって起こる内耳性難聴、もしくは騒音によって起こる内耳性難聴の場合に用いられるそうです。

また、極度の肉体疲労時にチオクト酸を補給するのが有効であると認められた際にも、アルファリポ酸(チオクト酸やチオクト酸アミド)が処方されるということです。

ヨーロッパでは、30年以上も前から糖尿病の合併症に対する治療薬として、アルファリポ酸が用いられているそうです。

スポンサーリンク

アルファリポ酸ダイエットの効果とは?

アメリカで大人気となったことから、日本でもブームになったアルファリポ酸ダイエットですが、アルファリポ酸ダイエットにはどのような効果が期待されているのでしょうか。

・アンチエイジング効果

アルファリポ酸ダイエットの最大の効果は、アルファリポ酸の持つ抗酸化作用によるアンチエイジング効果だといわれています。酸化するというのは、分かりやすく言えば錆びるということです。

鉄が酸化すると錆びるように、私たちの身体も酸化することによって老化が進行します。血管が酸化すれば動脈硬化が進みますし、お肌が酸化すればシミやシワが増えることとなります。

アルファリポ酸ダイエットによって抗酸化作用を得ることができれば、酸化から身を守れる、すなわちアンチエイジングが可能となるということなのです。

また酸化の要因となる活性酸素は、ガンや生活習慣病の要因ともなるので、アルファリポ酸の持つ抗酸化作用によってその予防期待できるという訳なのです。

・デトックス効果

私たちは日常生活の中で、知らないうちに有害物質を摂取してしまっているとされます。例えば水銀や鉛、ヒ素やカドミウムといった有害物質です。食物連鎖の頂きにいる人類は、常にそのような有害物質を摂取する危険にさらされているのです。

アルファリポ酸には、このような有害物質を体外に排出するときに有効な働きをしてくれるということです。

・ダイエット効果

私たちが太ってしまう原因は、長年の研究の結果、糖質を摂りすぎてしまうことだということが分かってきています。糖質を摂取すると、すい臓のランゲルハンス島からインスリンが分泌されます。

インスリンは糖質を分解して、身体や脳が機能するためのエネルギーに変えてくれます。糖質(炭水化物)がエネルギー源だといわれるのはそのためです。

ところが、糖質の摂取量が過剰になると、インスリンによる糖質の分解が追い付かなくなってしまうのです。そうなると、余剰の糖質は予備のエネルギーとして細胞内に蓄えられることとなります。

これが脂肪の正体であり、太ってしまうメカニズムでもあるのです。つまりダイエットを成功させるためには、糖質を燃焼させるか、糖質の摂取量を減らす必要があるということなのです。

そこで注目されているのがアルファリポ酸になります。アルファリポ酸には、糖質を燃焼する際のサポート役になるという働きがあるのです。そのため、糖尿病の合併症の治療などに用いられている訳です。

アルファリポ酸ダイエットの問題その1

医学的根拠に欠ける

アルファリポ酸ダイエットはテレビなどでも紹介されたことから、一時期は空前のブームを迎えました。ところが、その裏で番組に対する多数の問い合わせがあったということです。

その問い合わせとは「アルファリポ酸を飲み続けているけど痩せない」というものです。それのそのはずで、アルファリポ酸を経口投与して体脂肪が減少したという有効なデータはないのです。

つまり、アルファリポ酸ダイエットで痩せられるということに医学的根拠はありません

アルファリポ酸ダイエットに限ったことではありませんが、テレビのダイエット番組のほとんどはただの娯楽であって、あなたのことを本気で考えている訳ではありません。

もっと言うなら、テレビ番組は視聴者のために作られている訳ではなく、スポンサーのために作られているのです。そこに本当の情報だけを求めるのはなかなか難しいでしょう。

民放ならともかく、視聴料をとっているNHKなら大丈夫かというと、必ずしもそうは言えないようです。実際に、NHKの健康番組で「睡眠薬を飲むことで糖尿病が改善できる」などといった誤情報が流布されたことがありました。

翌週には謝罪という運びになったのですが、公共放送であるからと言って盲目的に信用するのは危ないのかもしれません。

アルファリポ酸ダイエットの問題点その2

検証が有効でない

アルファリポ酸ダイエットをとりあげた番組では、複数の被験者にアルファリポ酸を摂取してもらい、その効果を見るということで、アルファリポ酸のダイエット効果が検証されました

そして、実際に複数の被験者にダイエット効果が見られたのです。ここだけを切り取ってみると、アルファリポ酸で痩せたように思えるかもしれません。

ただ、その検証の仕方が、医薬品の効果などを検証する方法に比べて極めて稚拙なのです。また、アルファリポ酸を摂取することだけで痩せたという証拠もありません

アルファリポ酸ダイエットの問題点その3

副作用の危険性

アルファリポ酸は、医薬品として用いる場合、1日の上限をチオクト酸の場合で5mg、チオクト酸アミドの場合で15mgとしています。これくらいの量であれば、継続的に摂取しても安全性を担保できるとされています。

ところが市販のアルファリポ酸を見てみると、1粒にアルファリポ酸を50mg配合、1回に付き2粒飲んでくださいなどと書かれています。

アルファリポ酸には低血糖を招いたり、手が震えたり、動悸やめまい、吐き気などの副作用があることが分かっています

痩せたいからと言って盲目的にダイエット番組を信じ、ダイエットブームに乗せられ、かえって健康状態を害するのはあまり得策とは言えなさそうですね。

アルファリポ酸ダイエットの効果と問題点について!のまとめ

アルファリポ酸ダイエットには現在のところ、痩せるという効果は認められていません。問題は、医師の中にもアルファリポ酸を用いてダイエットができるとする人間がいる点です。私たちの身体は自分で選び、そして摂取したもので出来ています。医師が言っているというと信じたくなる気持ちはあるのですが、ダイエットに関しても自分でしっかりと下調べをする必要がありそうです。

関連コンテンツ