ビタミンこそが健全な肉体を作る!


サプリメントの代表的な種類はやはりビタミンですよね。 ビタミンはかなり以前からサプリメントとして市販されていましたので、その効能などもよく知られたものですが、最近ではビタミンのサプリメント効果についてあまり語られなくなりました。 今では 筋肉作り、体作りにはアミノ酸のものが推奨されています。もちろんその効果は大きくあるのですが、取りたいサプリメントと同時にそれらの働きを補助するビタミンあるいはミネラルのサプリメントの摂取も必要と言えます。今回はビタミンについての働きについて解説していきます。

スポンサーリンク

ビタミンの働きについて

人間の体は、骨や筋肉あるいは内臓などは一定の期間で細胞が入れ替わっていきます。それらの主成分はタンパク質アミノ酸になります。そしてタンパク質の酵素が必要になります。酵素にはたくさんの種類があるのですが、この場合に使われるコースは細胞の入れ替えの働きを助ける補酵素と呼ぶものです。

この補酵素がビタミンに当てはまります。

ビタミンは水溶性と脂溶性の2つの種類がある。

水溶性ビタミン  ビタミンB、C、
脂溶性ビタミン  ビタミンA、D、E、K

水溶性ビタミンとは文字通り水に溶けやすくなっています。 たくさんの量を摂取したとしても尿として排出されますので摂取しやすいビタミンの一つと言えます。脂溶性ビタミンはすぐに体内で溶けないので体に留まることになります。しかし、ほとんどの脂溶性のビタミンもたくさんの量を摂取した場合、必要以上脂溶性ビタミンはすぐに尿として排出されるようになっています。

ビタミンAからEまでを解説します。

スポンサーリンク

■ビタミンAの主な働き

  • 細胞の成長を助ける
  • 肌の保湿効果を高める
  • 免疫力を上げる
  • 目の細胞の入れ替えに活躍する

■もしビタミンAが不足している場合、どのような症状が出てくるのか

  • 体の成長が遅れる
  • 肌の乾燥が進む
  • 免疫の低下に伴い風邪などをひきやすい
  • ドライアイになりやすい

■ビタミンAはサプリメントの補給がベスト!

日本の男性の一日のビタミンAの摂取量は普通の食事からはとても基準に達していないようです。ビタミンA を多く含む食材は、一般の食事としてスキキライが多いことも特徴的です。豚、鶏のレバー、卵黄にビタミンAが含まれています。このことからサプリメントでの補給を考えたほうが良いでしょう。

■ビタミンBの主な働き

  • B1:糖質をエネルギーに変換
  • B2:脂質をエネルギーに変換
  • B3:アルコール分解作用
  • B5:テストステロンの低下
  • B6:アミノ酸とタッグを組み、体つくり全般に活躍
  • B12:赤血球を生産

■もしビタミンBが不足している場合、どのような症状が出てくるのか

  • B1:膝付近が痛む脚気になりやすい
  • B2:口内炎ができやすい
  • B3:二日酔い
  • B5::ストレスを感じやすい
  • B6:カラダの細胞の代謝能力落ちたり、不眠症になりやすい
  • B12:貧血

■ビタミンBはまとめて摂取しよう!

ビタミンは多くの種類があり、個別での補給は色々な意味で大変です。そこでビタミンがすべて入った マルチコンプレックスビタミン剤のサプリメントおすすめします。 人によっては全てのビタミンが必要でない方もいるでしょうが、必要のない分は水溶性ですので尿から排出されます。 あまりビタミンBのバランスに悩む必要のないことがないことが大きなメリットです。

■ビタミンCの主な働き

  • 免疫力が上がる
  • コレステロールが下げる
  • アレルギーの症状が緩やかになる
  • 肝臓機能の向上
  • コラーゲンの合成
  • 美白効果

■もしビタミンCが不足している場合、どのような症状が出てくるのか

  • 風邪をひきやすくなる
  • 肌が荒れる
  • シミやソバカスが増える
  • 怪我が治りにくい
  • アレルギーが出やすい

■ビタミンCは活躍の守備範囲がとにかく広い!

ビタミンCはビタミンの中でも広く知れ渡っているものです。 その用途は食べたり飲んだりするばかりではなく、直接体につけたりすることにより、効果をはっきりすることもあります。ビタミンCは先ほどを水溶性と紹介しましたがパルミチン酸を混ぜた脂溶性のビタミン C も開発されています。美容液などで使われていることが多いです。サプリメントでも商品化されているものもありますが、水溶性と比べ脂溶性は体に残ってしまいますので、とり過ぎには注意してください。

■ビタミンDの主な働き

  • カルシウムの吸収を促進し骨を強化する
  • 食欲を抑える
丈夫な骨とボロボロの骨のイラスト

■もしビタミンDが不足している場合、どのような症状が出てくるのか

  • 骨が弱くなる
  • 筋力の低下
  • 肥満

■ビタミンDはガンの発生を減少させる

ビタミンDは食品から摂取するばかりではなく、太陽光を浴びて体内で合成することもできます。ちなみに日焼けサロンではビタミンDの増加は期待できません。なぜならば同じUVでもAとBがあり、日焼けサロンはUV のA型が多くなっています。 必要なのはUVのB型のほうですので、覚えておいて下さい。

また国立ガンセンターの研究では、ビタミンDの摂取により直腸がんの発生率が下がることが報告されています。死亡原因のトップクラスにあるガンを予防する意味でも、ビタミンDは十分に補給しておきたいものですね。

■ビタミンEの主な働き

  • 筋肉の強化
  • 血液をサラサラにする
  • 細胞の老化の速度を抑える

■もしビタミンEが不足している場合、どのような症状が出てくるのか

  • 疲れやすくなる
  • 筋肉量の減少
  • 老化現象の進行
更年期のほてりを感じている女性のイラスト

■ビタミンEは医学的研究が進んでいる栄養素!

不妊治療に効果があることが注目され、ビタミン群に選ばれたビタミンEですが、ガンや心臓の血管の疾患にも効果を見せ活躍の場を広げている注目のビタミンです。これも食べ物からの摂取は難しいのでサプリメントを活用したいものです。

ビタミン補給の習慣化が健全な肉体を作ります。いかがだったでしょうか?美容や健康的なひとの筋肉作りが目的の場合から、疾患をお持ちの方まで、幅広く必要な栄養素がビタミンです。年齢が若く健康な時から、ビタミンの補給を習慣化させて、将来に備えておくことが大切でしょう。

ビタミンこそが健全な肉体を作る!のまとめ

ビタミンの効果はたくさんあり、そして、人間の身体には欠かせないものですよね。たくさんのビタミンの中から、今いちばん必要なビタミンを取り入れて健全な筋肉を作りましょう。

関連コンテンツ