お腹の贅肉を落とす方法って?タイプ別のダイエット法を紹介します!


お腹の贅肉を落とす方法が知りたくなる今日この頃ですが、若いころは何を食べても太らなかったのに、20代も後半になってくると、だんだんと脂肪がつきやすく、そして落ちにくくなってきます。そこで、お腹の贅肉を落とす方法について、ダイエットのタイプ別に紹介したいと思います。

スポンサーリンク

お腹に贅肉が付くのはなぜ?

そもそも、お腹に贅肉がついてしまうのには、どのような理由があるのでしょう?

「そんなの食べ過ぎでしょ」と言うなかれ。その他にもいろんな理由があるんですよ。

姿勢が悪い

デスクワークなど、長時間同じ姿勢をしていると、だんだんと猫背ぎみになってきます。猫背ぎみになると骨盤が後ろに傾いてきますよね。この姿勢が、おなかがぽっこりと見えてしまう原因の一つとなっています。

特に若くて筋力の弱い女性に多いのですが、全体的にみるとやせているのに、おなかとお尻だけぽっこりと出ているようなタイプの方は、姿勢が悪いことが原因として考えられます。

糖質の摂りすぎ

糖質(炭水化物)は、脂質・タンパク質と並んで三大栄養素の一つですが、糖質を摂りすぎることが、身体に脂肪を蓄えてしまう原因であることが分かってきています。

最近話題のダイエット法に「ロカボダイエット」と呼ばれているものがありますが、ロカボダイエットでは、1日に摂取する糖質を130g以下(通常の人が1日に摂取する糖質はおよそ300g)にするということが行われます。

なぜなら、糖質を摂りすぎると膵臓から分泌されるインスリンによる糖質の燃焼が追い付かず、結果として身体に脂肪を蓄えることとなってしまうからです。

ロカボダイエットに関しては、北里大学の山田悟糖尿病センター長が提唱した革命的な食事法でもあることから、医学的な根拠に裏付けされているということが可能です。

筋力の低下

人間の代謝機能は、25歳をピークに減少に転ずるとされていますが、その要因の一つが筋力の低下です。筋肉は基礎代謝の一部をつかさどっているので、筋力が低下する=太りやすくなってしまうのです。

ダイエットの原則は「消費カロリー>摂取カロリー」の状態にすることですが、消費カロリーを増大させるには運動だけでなく、筋力アップが欠かせません。

お腹の贅肉を落とす方法・運動編

お腹の贅肉を落としたいというときに、積極的に運動をして落とすためには、どのような運動が効果的なのでしょうか。

踏み台昇降

お腹の贅肉を落とすというと、すぐに腹筋運動をイメージされることと思います。

確かに腹筋運動もお腹の贅肉を落とす効果はあるのですが、いささか効率が悪いといわざるを得ません。

どうせやるなら、踏み台昇降がおすすめです。

踏み台は全身の70%の筋肉が集まっている下半身の筋肉を効率よく刺激するほか、おなか側のインナーマッスルである大腰筋を刺激することも可能です。

また、デスクワークなどで姿勢が悪くなっている人は、大腰筋が緊張して血行が悪くなっているケースが多くみられます。踏み台昇降には大腰筋を緩める効果もあるので、おすすめのダイエット法であるだけでなく、姿勢の改善にも有効だといえます。

スクワット

何年か前にアメリカで「スクワットチャレンジ」と呼ばれる運動がブームになりました。日本にも上陸したのでご存知の方も多いかも知れません。

簡単に言うと30日間、ときに休みを入れながら徐々に回数を増やしてスクワットをおこなうだけです。スクワットというと下半身を鍛えるイメージがあると思いますが、股関節につながっているお腹の筋肉(大腰筋)の筋トレにもなるので、お腹の贅肉を落とすにも効果的な運動となっています。

お腹の贅肉を落とす方法・食事編

「お腹の贅肉を落としたいけども、運動は苦手!」という方は、毎日の食事を工夫してみましょう。ちょっとした工夫でお腹の贅肉はわりと簡単に落ちますよ。

糖質を制限する

糖質制限というと炭水化物抜きダイエットをイメージされるかもしれませんが、炭水化物も3大栄養素で身体に必要なものであってみれば、完全に抜いてしまうのは感心できません。

それよりも、1日の上限を130gと設定して、毎食の糖質摂取を40g程度に抑えるようにするとよいでしょう。お米よりも玄米、うどんよりそばにするなどといった工夫をしましょう。

食事の最初に野菜を!

ロカボダイエットのところでもお話ししましたが、贅肉(脂肪)がついてしまうのは、要は膵臓から分泌されるインスリンの糖質分解能力が追い付かないことがその要因となっています。

つまり、贅肉をつきにくくするためには、食事による急激な血糖値の上昇を避ければいいわけです。その方法の一つがロカボダイエットですが、その他にもベジファーストダイエットという方法があります。

ベジファーストダイエットは、その名の通り、ベジ(タブル=野菜)を食事の始めに食べることです。その後、タンパク質、炭水化物の順番で食べることにより、急激な血糖値の上昇を抑えられることが分かってきています。

歩くのも効果的ですよ!

やっぱり脂肪を燃焼させるためには、有酸素運動も欠かせません。

お腹の贅肉を落とす方法って?タイプ別のダイエット法を紹介します!のまとめ

運動が苦手な方でも、ちょっと食事を工夫するだけで、お腹痩せが可能なことが分かって頂けたと思います。

また、日頃から歩く習慣がない人は、一駅分歩くなどするとより効率よくお腹痩せができますよ。歩くときには全身の80%の筋肉を使うともいわれており、理想的な全身運動になっています。あなたに合ったお腹の贅肉を落とす方法をチョイスしてくださいね。

スポンサーリンク