二の腕のセルライトを消す方法はある?正しい知識で効果的に痩せよう!


二の腕のセルライトを消す方法をご紹介します!身体には脂肪がつきやすい場所がいくつかありますが、その一つが二の腕ですよね。いったん付いてしまった脂肪ってなかなか落ちにくいものです。中でも、セルライトと呼ばれる脂肪の塊はブヨブヨとしていて、見た目にも美しくありませんよね。そんな二の腕のセルライトを落とすにはどうしたらいいのでしょうか。

スポンサーリンク

セルライトってなに?

二の腕のセルライトを消す方法について紹介する前に、まずはセルライトとは何者なのかを知っておきましょう。セルライトの正体がなんなのかを知っておくことで、効果的にダイエットをおこなうことが可能となります。

また、セルライトの正体を知ってしまうと、場合によっては「今までなんて無駄なことをしてきたのだろう」と後悔をするかもしれません。ただ今後、無駄な時間(とお金)を費やさないためにも、ぜひセルライトの正体を知っておいてくださいね。

・美容業界によって作られた造語

実は、医学的にみるとセルライトなどというものは存在しません。セルライトはヨーロッパの美容業界で生み出された造語で日本でも21世紀に入ってからよく知られるようになったということです。

・脂肪組織が集まったもの

セルライトは医学的にみた場合、ただの脂肪組織の集合体だといわれています。簡単に言うと皮下脂肪という訳です。そして、皮下脂肪には付きにくく落ちにくいという特徴があります。

二の腕のセルライトを消す方法その1・筋力トレーニング

セルライトとは単なる皮下脂肪に過ぎないということを踏まえたうえで、二の腕のセルライトを消す方法についていくつか紹介していきたいと思います。まずは筋力トレーニングから見ていきましょう。

・ダンベルトレーニング

二の腕のセルライトを消す方法としては、ダンベルをもって筋力トレーニングをおこなうという方法があります。筋力が弱い方は、ペットボトルに水を入れたもので代用するとよいでしょう。

まずは右手にダンベルを持ち、ダンベルが肩甲骨の辺りに来るように肘を高くあげます。左手で肘が動かないように固定して、右手で持ったダンベルを、肘を伸ばしながら上にあげましょう。

この筋力トレーニングは上腕三頭筋力こぶの反対側の筋肉)を鍛えるのが目的です。俗に「振りそで」と呼ばれる場所の筋肉を鍛えることによって、二の腕のセルライトの解消を目指します。

スポンサーリンク

また、筋力がアップすることによって基礎代謝が向上するので、徐々に痩せやすい体質になることも期待できます。食事制限のみによるダイエットが失敗しやすいのは、筋肉も一緒に落ちてしまうからです。

ダイエットをおこなう際には、最低でも今ある筋肉を維持するようにしましょう。また、筋力トレーニングをおこなうとムキムキになってしまうのではと心配する方もいますが、そんな心配をする必要はありません。

特に女性の場合には体質的にムキムキになることは難しいです。どちらかというと、ムキムキになりたくてもなれないといった方が近いでしょう。ですから、安心して筋力トレーニングに励んでくださいね。

・懸垂

順手で懸垂をしている男性

二の腕のセルライトを消す方法としては、懸垂運動もあげられます。懸垂なんて小学生や中学生のとき以来やったことがないという方もいらっしゃるのではないかと思われます。

懸垂運動は自重のみによっておこなう運動であるため、ケガをしてしまうようなリスクが少ないです。また、首や肩のコリを解消する効果もあるので、特にデスクワークの方などにオススメのエクササイズです。

とはいうものの、久しぶりに懸垂をしてみると自分の身体の重さに愕然とすることでしょう。ただ、続けていけば必ず回数をこなすことができるようになりますよ。もしあまりにも上がらないという場合には、低い鉄棒で斜め懸垂から始めるとよいでしょう。

斜め懸垂は、地面に足を着いた状態で鉄棒に掴まり、腕立て伏せと反対の状態で肘の曲げ伸ばしをおこなう運動です。

二の腕のセルライトを消す方法その2・有酸素運動

セルライトの正体はただの脂肪なので、脂肪を燃焼させる有酸素運動をおこなうことも効果的です。筋力トレーニングには基礎代謝を向上させる効果が期待できますが、脂肪の燃焼は起こりません。

有酸素運動をおこなうと、最初に血液中の糖質が燃焼されて運動エネルギーへと変わります。血液中の糖質が使い尽くされると、次に脂肪が燃焼され、それが運動エネルギーへと変化します。それによって、ダイエットが可能となるのです。

有酸素運動は筋肉に軽度から中等度の負荷をかけておこなう運動であり、20分以上おこなうことによって脂肪の燃焼が始まるとされています。

ジョギングをしている2人の女性

有酸素運動にはランニングやジョギング、エアロビクスやゼエゼエハアハアしない程度の水泳などたくさんの方法がありますが、ウォーキング程度でも長時間にわたっておこなえば十分な効果が期待できます。

ウォーキングをするときにおすすめなのが、500gから1kg程度のダンベルなど、重りをもってウォーキングをするという方法です。それによって二の腕に負荷をかけて、効果的に痩せることが可能となります。

二の腕のセルライトを消す方法その3・食習慣の見直し

セルライトの正体はただの皮下脂肪なので、まずはこれ以上に皮下脂肪が増えてしまうことを防ぐことが重要です。そのためには、皮下脂肪がついてしまうメカニズムを知っておくことが重要です。

私たちの身体に皮下脂肪がついてしまうことには、近年の研究結果によって糖質が大いに関与していることが分かっています。糖質の摂取量が多かったり、食事の際に血糖値が急上昇したりすることで、脂肪がつきやすくなるということなのです。

糖質が体内に入ると、すい臓からインスリンが分泌されます。インスリンには糖質を分解して脳や身体が活動する際のエネルギーに変えるという働きがあります。

ところが、糖質の摂取量が多すぎたり、血糖値が急激に上昇したりすると、インスリンによる糖質の分解が追い付かなくなってしまいます。

インスリンによって分解しきれなかった糖質は、緊急時の使うための予備のバッテリーとして、細胞内に蓄えられることとなります。これが脂肪の付着するメカニズムという訳なのです。

そのため、皮下脂肪を蓄えないようにするには糖質の摂取量を減らすということが重要になります。現代人は1日あたり300gの糖質を摂取しているとされるので、まずは自分が1日あたりどれくらいの糖質を摂取しているのかを把握しましょう。

300g以上の糖質を摂取している場合には、まず300gを目標にしましょう。300g程度しか摂取していなくても太ってしまう場合には、半分の150gを目指すようにしましょう。

ご飯を半分にするとか、玄米に変えるなどするとよいでしょう。

二の腕のセルライトを消す方法として無駄なこと

二の腕のセルライトを消す方法はある?正しい知識で効果的に痩せよう!のまとめ

最後に、二の腕のセルライトを消す方法として無駄なものを紹介しておきたいと思います。まず、エステサロンの施術は「セルライトを消す方法としては」無駄です。もんだりつねったりすることで皮下脂肪が落ちるようなことはありません。もちろん、エステのリラクゼーション効果までも否定するものではありません、また、ストレッチや岩盤浴などもセルライトを消す方法としては無意味です。血行がよくなるだけで脂肪燃焼がおこることはありません。情報化社会では、どのような情報を選択するのかが重要となります。耳に心地よい情報に惑わされることなく、医学的根拠のともなったダイエット法を選ぶようにしてくださいね。

関連コンテンツ