黒烏龍茶を飲んで痩せられる?「トクホ」のダイエット効果に迫ります! 


黒烏龍茶にダイエット効果が期待できると言われていますが、どのような理由からなのでしょうか?同じ烏龍茶を飲むなら、なんとなく体に良さそうな黒烏龍茶を選ぶ位でしたが、烏龍茶に含まれている成分で、大きな違いをもたらしてくれます。

スポンサーリンク

黒烏龍茶を飲んで痩せられる?「トクホ」のダイエット効果に迫ります!

最近、テレビのコマーシャルでキレイな女優さんが黒烏龍茶を宣伝していたりしますよね。いわく、「ダイエットをするなら黒烏龍茶がおすすめ」だということです。今回の記事では、黒烏龍茶とはどのような飲み物なのか、またどのようなダイエット効果が期待できるのかについて見ていきたいと思います。

黒烏龍茶とはどんなお茶?

最近話題になっている黒烏龍茶とは、どのようなお茶のことを言うのでしょうか。それについてはまず、ウーロン茶がどのようなお茶なのかについて知っておく必要があるでしょう。

・お茶の種類

お茶とひとことで言っても、世界中にはさまざまなお茶があります。また、お茶の葉をどのように栽培するのか、お茶の葉をいつ摘むのか、積んだお茶の葉をどのように加工するのかによっても、できあがるお茶は違ってきます。

お茶を大きく分けると、お茶の葉から作られているお茶と、お茶以外の植物からつくられているお茶の2種類があります。お茶の葉以外から作られているお茶に関しては、お茶ではないお茶などといわれたりします。

・お茶ではないお茶って?

お茶ではないお茶という変な表現が出てきたので、最初にお茶ではないお茶から片付けたいと思います。お茶ではないお茶は、お茶の葉以外の植物からつくられた、お茶のように滲出液を飲むもののことを言います。

代表的なのとしては麦茶がよく知られていると思います。そのほかにも、ゴボウ茶やビワ茶、ルイボスティーやハトムギ茶など、さまざまなお茶ではないお茶があります。

それらもお茶同様に、私たちの身体にさまざまなメリットをもたらしてくれるのですが、今回はお茶ではないお茶に触れるのはこれくらいにしておきます。

・発酵させるかさせないか

お茶の葉から作られるお茶に関しては、茶葉を摘んだ後に発酵させるかさせないかという、異なる工程が待っています。日本で栽培されているお茶のほとんどは、発酵させることなく飲まれています。

・不発酵茶

新茶の葉を摘んで、すぐに蒸してから揉んで飲むお茶としては煎茶といわれるものがあります。コマーシャルやテレビの番組などで茶葉を揉むシーンを見たことがある人もいらっしゃるのではないでしょうか。

煎茶の蒸す時間を長くしたものが深煎り煎茶と呼ばれるものです。煎茶と比べると、お茶の風味が増しているのが特徴です。

また、お茶の新芽を特に手のかかる工程を経て栽培したものから作られるお茶に「玉露」といわれるものがあります。手がかかる分、高級茶として知られています。

その他、日本で飲まれている不発酵茶としては、番茶やてん茶、ほうじ茶などがあります。あと、玄米茶といわれるお茶もあります。

玄米から作っているのなら「お茶ではないお茶」じゃないのかと思われるかもしれませんが、玄米茶は番茶に炒った玄米を混ぜて作られているので、茶葉から作られるお茶に分類されています。

・発酵茶

発酵茶には、酵素による発酵を途中で中止した半発酵茶と、完全に発酵させた発酵茶の2種類があります。烏龍茶は、前者の発行を途中で中止した半発酵茶の代表的なお茶です。

完全に発酵が進んだ茶葉を利用して飲まれているのが紅茶です。このように、同じ茶葉でも発行の程度が異なると、味や風味も違ってくるというのが面白い点ですよね。

スポンサーリンク

黒烏龍茶と烏龍茶との違いは?

ダイエットに効果的ということで最近になって人気の出ている黒烏龍茶ですが、烏龍茶とはどのような違いがあるのでしょうか。

・味が濃い

黒烏龍茶と烏龍茶との違いは飲んでみるとすぐに分かると思います。烏龍茶に比べると、黒烏龍茶は味が濃いということが分かります。色からして普通の烏龍茶より黒っぽい見た目をしていますが、味もその見かけどおりに烏龍茶よりも濃くなっています。

・脂肪の吸収を抑制してくれる効果が高い

もともとウーロン茶に含まれているポリフェノールには、脂肪の吸着を防いでくれる効果があることが知られていました。ウーロン茶をよく飲んでいる中国人のスタイルがいいのは、もしかしたらそれが理由なのかもしれません。

それはともかく黒烏龍茶は、烏龍茶から抽出されたポリフェノールをまとめてその中に詰め込んだ烏龍茶という事です。

「トクホ」である黒烏龍茶のダイエット効果とは

サントリーが販売している黒烏龍茶は、「トクホ」=特定保健用食品として厚生労働省から認可を得ています。そのため、ほかの健康食品とは違い、効果や効能をうたうことが可能なのです。では、黒烏龍茶にはどのようなダイエット効果があるというのでしょうか。

・脂肪の吸着を防いでくれる

サントリーの黒烏龍茶は、たくさんのウーロン茶から抽出した重合ポリフェノールと呼ばれる成分を、1本の黒烏龍茶にたくさん入れたという特徴があります。

このポリフェノールのことを「ウーロン茶重合ポリフェノール(OTPP)」と言いますが、OTPPには身体に脂肪が吸着するのを防いでくれる効果があることが分かってきているそうです。

・中性脂肪を減らしてくれる

トクホである黒烏龍茶には、独自の製法によってOTTPがたくさん含まれています。そして、OTPPには血液中の中性脂肪が上昇することを抑えてくれる効果があることも分かっているそうです。

脂っこい食事をした後に、黒烏龍茶を飲んだ場合と飲まなかった場合とを比較してみると、飲んだ人の血中中性脂肪の上昇率が20%も低下したということです。

・脂肪の排出量が増える

黒烏龍茶を飲んだ人と飲まなかった人とでは、その後の脂肪排出量にも違いが出るそうです。食事中に黒烏龍茶を飲んだ場合、飲まなかったときと比べて2倍の脂肪排出効果があることが分かっているそうです。

黒烏龍茶でダイエットをする方法

黒烏龍茶を飲んでダイエットをする方法としては、食事のときに黒烏龍茶を飲むという方法が最も簡単です。もし、もっと気合いを入れてダイエットをしたいという方には、おすすめの方法もありますよ。

・1日に2回飲む

トクホである黒烏龍茶を作っているメーカーであるサントリーによると、黒烏龍茶は食事の際に350ml飲むとよいとされています。ちょうど、小さいサイズのペットボトル1本分ですね。

さらにダイエット効果を上げるためには、1日に2回飲むとよいとされているので、朝ごはんと晩ご飯のときに350mlの黒烏龍茶を飲むようにするとよいでしょう。

・食事制限が可能な人向けのダイエット法

痩せるためなら少々の食事制限をいとわないという人には、おすすめの方法があります。それは、8時間ダイエットというものです。

8時間ダイエットとは、1日に食事をしていい時間を8時間に限定するというダイエット法です。たとえば、お昼の12時にご飯を食べたら、夜の8時には食べるのをやめるという方法になります。

このダイエット法は、アメリカでも爆発的に人気を博したことから、日本でも実践される方が増えています。そして、その効果は抜群だということです。

ただし、ダイエット効果を維持するためには、適度に身体を動かして筋肉量を落とさないことも重要です。お腹が空いたら烏龍茶を、食事のときには黒烏龍茶を飲むようにすると、さらにダイエット効果がアップしますよ。

美味しく飲んで健康的に痩せよう!

黒烏龍茶に限ったことではありませんが、飲むだけで痩せる魔法のような飲み物は残念ながらありません。黒烏龍茶に関しても、飲むと痩せるのではなく太りにくくなるといった認識でいることが重要です。ただ、黒烏龍茶は美味しいので、飲むだけで太りにくくなるというだけでも試さない手はありませんよね。

黒烏龍茶を飲んで痩せられる?「トクホ」のダイエット効果に迫ります!のまとめ

最近、コマーシャルなどで耳にする「黒烏龍茶」や「トクホ」。聞いたとこはあるは実際の効果はどうなのか。

関連コンテンツ