牛乳ダイエットで痩せられるって本当?牛乳の持つダイエット効果とは!


牛乳ダイエットとは、巷でたくさんのダイエット法があふれていますが、その一つです。牛乳を飲むと何となくですが、太ってしまうようなイメージがありませんか?実は、牛乳にはたくさんのダイエット効果が秘められているんです。今回は、牛乳の持つダイエット効果にスポットを当ててみたいと思います。

スポンサーリンク

牛乳ダイエットってなに?

牛乳ダイエットは、牛乳を飲むことによってダイエット効果を得る目的でおこなうダイエット法のことを言います。牛乳ダイエットのやり方は大きく分けると3つの種類があります。

一つは、食事の代わりに牛乳を飲むということ。いわゆる置き換えダイエッといわれるダイエット法です。もう一つは、食事の前に牛乳を飲むやり方。最後は、純粋に牛乳を飲むことで、その栄養を素摂取するという方法です。

牛乳に含まれている栄養素は?

牛乳ダイエットについて知るためにはまず、牛乳にはどのような栄養素が含まれているのかを理解しておく必要があります。栄養の宝庫といわれる牛乳には、どのような栄養素があるのでしょうか。

・カルシウム

牛乳といえば、カルシウムを多く含んでいることが有名ですよね。カルシウムというと小魚も多くカルシウムを含んでいることで有名ですが、同じだけのカロリーをとったん場合、メザシよりも牛乳の方が多くカルシウムを含んでいます。

カルシウムというと、骨を作ってくれるイメージがあると思いますが、それだけでなく免疫機能を維持したり、神経伝達やホルモンの分泌に寄与したりとさまざまな働きがあるということです。

牛乳を300ml飲んだとすると、1日に必要なカルシウムのおよそ2分の1が賄えるということです。また、牛乳からカルシウムをとるメリットとしてはその吸収効率の高さがあげられています。

・タンパク質

牛乳というとカルシウムばかりが取り上げられがちですが、実はタンパク質も多く含んでいるんですよ。私たちの身体はタンパク質でできているといってもよいくらいなので、良質なタンパク源である牛乳は身体の機能を維持するのにももってこいということです。

・脂質

脂質はタンパク質や炭水化物とともに三大栄養素といわれるものです。脂質というと太ってしまうというイメージがあるかもしれませんが、脂肪はエネルギー源でもあり、身体の潤滑油ともなる物質なので、ある程度は摂取する必要があります。

・炭水化物

炭水化物は糖質ともいわれますが、牛乳に含まれている糖質のことを乳糖と言います。乳糖は人によってはお腹がゴロゴロとなってしまう原因となります。

ただ、乳糖には鉄分やカルシウムの吸収を助ける働きがあり、また、腸内で善玉菌の餌となるため、腸内環境の改善にもつながります。乳糖がダメな人向けの牛乳もあるので、おなかがゴロゴロなる人はそちらの牛乳を飲むようにするとよいでしょう。

・ビタミン

牛乳にはビタミンB1やビタミンB2といった、脂肪の分解を助けたり、脂肪が吸着しにくくしたりする成分も含まれています。

牛乳ダイエットのやり方その1・置き換えダイエット

牛乳ダイエットのやり方としてはまず、置き換えダイエットという方法があります。置き換えダイエットとは、ご飯を食べる代わりにダイエット食品に置き換えるダイエット法のことを言います。では、牛乳に置き換えることにどのようなメリットがあるのでしょうか。

・カロリーの摂取量を減らせる

ご飯を牛乳に置き換えると、単純に摂取カロリーを減らすことが可能です。ダイエットの基本は、摂取カロリーを消費カロリーよりも減らすことなので、カロリーの高い食事を、カロリーの低い牛乳に置き換えることで、簡単にダイエットをすることが可能です。

牛乳1杯(およそ200ml)のカロリーは130キロかりリー程度といわれています。朝ごはんであっても、ご飯に納豆、おみそ汁などを食べると簡単に200キロカロリーを超えますから、牛乳に置き換える効果が知れようというものです。

・満腹感が得られる

牛乳に置き換えるダイエットのメリットは、牛乳を飲むことによる満腹感もあげられます。牛乳には糖分が含まれているため、飲んだことによる満足感が得られやすくなっています。

糖質制限ダイエットというダイエット法がありますが、糖質を制限すると脳が食事をしたという満足感が得られないというデメリットがあります。その点で牛乳ダイエットはすぐれているということが可能です。

スポンサーリンク

牛乳ダイエットのやり方その2・食事の前に牛乳を飲む

牛乳ダイエットのやり方としては、食事の前に牛乳を飲むという方法もあります。では、食事の前に牛乳を飲むことによって、どのようなメリットを得られるのでしょうか。

・満腹中枢を刺激する

牛乳には糖質が含まれているため、飲むことによって脳に満足感を与えることができます。牛乳だけが特に効果的に満腹中枢を刺激するわけではありませんが、糖質の含まれていない食品に比べると脳に与える満足感が異なります。

アーモンドを食べる女性

・食事の量を減らすことができる

食事の前に牛乳を飲むタイプの牛乳ダイエットを効果的におこなうには、牛乳を飲んでから20分間は飲食をしないとよいでしょう。それによって満腹中枢が刺激されるので、その後の食事量を減らすことが可能となります。

牛乳ダイエットのやり方その3・日常生活に牛乳を飲む習慣を加える

牛乳ダイエットのやり方としては、日頃の食生活に牛乳を加えるという方法もあります。やはり、食生活に牛乳を加えることのメリットについて見ていきましょう。

・栄養素の摂取

牛乳にはカルシウムやたんぱく質をはじめ、ビタミンやミネラルなどがバランスよく含まれています。そのため、現代人に不足しがちな栄養素を補うことが可能となっています。

そもそもダイエットとは単に痩せることを意味するのではなく、美容と健康のためにカロリーの摂取量を減らしたり、食事の内容を見直したりすることを意味しています。

分かりやすい例が病院食のような食事療法です。特に、生活習慣病には食習慣がかかわっているケースが多いため、食事を規定する=ダイエットがおこなわれるけです。

乱れた食習慣によって生活習慣病になってしまう人の多くに肥満がみられます。そのため、ダイエットをすると体重が減っていくこととなります。

その結果だけを見た場合に、ダイエット=痩せるということになるわけです。ただ、ダイエットとはあくまでも美容と健康のためにおこなうものであり、そういった意味でも栄養豊富な牛乳はダイエットに向いていると言えるのです。

・筋肉を作る

筋トレについて詳しい方ならご存知のことと思いますが、筋トレをおこなったあとにはプロテインを摂取することがよくあります。

プロテインとはタンパク質のことなのですが、粉状になっているプロテインは牛乳に溶かして飲むといったことがよくおこなわれます。

筋肉はタンパク質からできているので、筋力アップにはタンパク質が欠かせないわけですが、牛乳にも良質のタンパク質が含まれているので、筋肉をつけるのに効果的なのです。

筋肉をつけることには、基礎代謝を向上させるというメリットがあります。基礎代謝が向上すれば、消費カロリーが増えるため、痩せやすい体質になるという訳です。

牛乳ダイエットで痩せられるって本当?牛乳の持つダイエット効果とは!のまとめ

体質に合うようなら試してみよう!

牛乳ダイエットはとても簡単にできるダイエット法ですが、人によってはお腹がゴロゴロするなど、体質に合わないということもあります。飲んでみて調子がよさそうであれば、続けてみるといいと思いますよ。

関連コンテンツ