加圧トレーニングのダイエット効果がスゴイ!そのメリットとデメリットとは?


加圧トレーニングってご存知でしょうか。圧力鍋で加圧すると料理が短時間でできますが、加圧トレーニングをすると短期間で筋肉がつくそうです(もちろんメカニズムは違いますが)。今回の記事では加圧トレーニングに注目して、そのダイエット効果や、メリットとデメリットを考察したいと思います。

スポンサーリンク

加圧トレーニングってなに?

加圧トレーニングのオフィシャルサイト(そんなのがあるんです)によると、加圧トレーニングとは血液の流れを適切に制限した上で行うトレーニング法とされています。

血液の流れを制限するときには、専用の加圧器具が用いられます。腕の付け根や脚の付け根といった部分に適切な圧をかけることによって、血流を制限することが可能となります。

加圧トレーニングの効果とは?

血液の流れを適切に制限することによって、効率よく筋肉をつけるのが加圧トレーニングの目的となっていますが、なぜ血液の流れを制限することによって効果的に筋力アップをすることが可能となるのでしょうか。

・筋肉の血液量がアップする

加圧トレーニングを行う時には、腕の付け根や足の付け根に専用の器具を巻いて、血液の流れを制限します。そうする事によって、腕や脚の血液が心臓に送り戻されにくくなります。

血液は全身に酸素と栄養を運んでいますが、腕や足に流れ込んだ血液が心臓の戻りにくい状態を作ることによって、普段は血行の悪い毛細血管にまで血液が行き届きやすくなります。

全身の血液循環のイラスト

また、加圧をした状態で筋トレなどを行うと、筋肉の動員効率がよくなる事と、血中の酸素が不足する事によって乳酸などの疲労物質がたまりやすくなります。すごく簡単に説明するなら、すみやかに筋肉痛が起こる状態をつくるということです。

筋肉痛とは、筋線維に断裂が起こっている状態のことを言います。そして、筋線維の断裂が治ることを筋トレの世界では「超回復」と呼んでいます。

「超回復」した筋肉は、以前と同程度の負荷では切れにくくなるというものです。これが筋力アップであり、筋トレの効果だという訳です。

・成長ホルモンの分泌を促す

さらに、筋トレをしているときには成長ホルモンが分泌されますが、加圧をすることによって、高負荷の筋トレをしたときのように、大量に成長ホルモンが分泌されるということです。そして、加圧を解くことによってその効果が全身に及びやすくなるということです。

成長ホルモンには骨や筋肉を成長させたり、脂肪を遊離脂肪酸に分解して血液に流したりといった働きがあるので、まさにダイエットにはもってこいという訳なのです。

スポンサーリンク

加圧トレーニングのメリットとは?

加圧トレーニングは血液の流れを制限しながら筋力トレーニングをおこなうという、今までにはなかったトレーニング法となっています。では、加圧トレーニングを行うメリットとしては、どのような事があげられているのでしょうか。

・筋トレに要する時間を短縮できる

加圧トレーニングの効果は、短い時間で、しかも軽い負荷で、重たい負荷で長時間筋力トレーニングをしたのと同じ効果が出せるということです。

現代人は忙しいですから、ジムに通って長時間のトレーニングを行うのはなかなか難しいですよね。加圧トレーニングは短時間で効果が期待できるため、時間がなくて忙しい人にもおすすめのトレーニング法となっています。

・血行改善効果がある

加圧トレーニングを行う際には、適切に血液の流れを制限することが行われます。ただし、血液の流れを制限するのは加圧トレーニングをおこなっている間だけです。

トレーニングが終われば、加圧器具が外されることとなりますが、その時に制限されていた血液の流れが一気に解放され、全身の隅々にまで血液が流れる事となります。

血液は全身に酸素と栄養を運んでいるため、血液の流れがよくなった場所には栄養状態の改善が見られることとなります。

栄養状態の改善が消化器系に見られれば胃腸の調子がよくなるでしょうし、首や肩に栄養状態の改善が見られれば、首こりや肩こりの解消につながるでしょう。

また、末端部の栄養状態が改善すれば、冷え症の予防にもつながることでしょう。加圧トレーニングにはトレーニング中以外のこのうような効果も期待できるのです。

・低負荷でトレーニングが可能

加圧トレーニングの最大のウリは、低負荷でおこなうトレーニングなのに、高負荷でトレーニングをおこなった場合と同等の効果が得られるという点でしょう。

そのため、男性と比べると筋力の弱い女性でも、効果的に筋力トレーニングをおこなうことが可能です。女優の深田恭子さんも加圧トレーニングでダイエットに成功したということですよ。

短時間で、しかも楽に筋力アップができることから、運動経験のない女性にも(もちろん男性にも)、運動が苦手という方にも、加圧トレーニングは人気のトレーニング法となっています。

・基礎代謝が上昇する

加圧トレーニングによってダイエット効果が得られる理由が、筋肉量が増えることによって基礎代謝量がアップするということです。

基礎代謝とは、私たちが何もしていなくても1日の間に消費するエネルギー(カロリー)のことで、1日に消費するカロリー全体のおよそ6割も占めているということです。

そのため、筋力アップによって基礎代謝量が向上すると、痩せやすい体質に変わることが期待できるということなのです。ちなみに、筋肉の基礎代謝に占める割合はおよそ2割だということです。

加圧トレーニングのデメリットとは?

加圧トレーニングには上記のようなさまざまな効果がありますが、おこなうにあたってはデメリットとい言うより注意点がいくつかあります。

・素人判断は危険

加圧トレーニングを行う際には、血液の流れを制限することが必要となりますが、どれくらいの制限をかけたらいいのか素人には判断がつきません。

加圧トレーニングを行う際に使われる加圧器具は、実は通販などでも購入することが可能です。ただ、どれくらい締めたらいいのかが分からないため、下手をすると貧血を起こしかねません。そのため、自宅では気軽におこなうことができないというデメリットがあります。

・負荷の掛け方が難しい

家で自己判断で行う場合ではなくても、加圧の下限というのは難しいものだそうです。短期間で筋力アップをするのはいいのですが、反対にムキムキになってしまう可能性もなくはありません。

女性の場合は身体の仕組み上、よほどハードに追い込まない限り筋肥大が起こってムキムキになるようなことはありません。

ところが、加圧トレーニングは低めの負荷でも、ハードに追い込んだのと同じような効果が得られます。これが加圧トレーニングが諸刃の剣といわれる所以です。ダイエットをするつもりが二の腕がムキムキになってしまった、なんて笑えませんよね。

・トレーナーの力量にばらつきがある

加圧トレーニングはまだまだ新しいトレーニング法ですし、従来の運動生理学とも異なっている点が多いため、トレーナーの力量や経験によって効果がまちまちであるというデメリットもあります。

口コミなどで評判のよいスポーツジムを選んだり、実際に加圧トレーニングをおこなっているという人に、おすすめのトレーナーを紹介してもらうとよいでしょう。

加圧トレーニングをおこなう際にはまず相談を!

加圧トレーニングのダイエット効果がスゴイ!そのメリットとデメリットとは?のまとめ

今回の記事を読んで、加圧トレーニングをやってみたいなと思った方は、加圧トレーニングをおこなっているスポーツジムなどでます相談してみるとよいでしょう。信頼できるトレーナーが見つかって、ダイエットが成功するといいですね。

関連コンテンツ