フルーツダイエットで痩せる方法!果糖と食物繊維で驚きのダイエット効果! 


フルーツダイエットする事は、フルーツの美味しさを味あう事もでき、ダイエットに効果があるとなれば、気になる方もいるのではないでしょうか。フルーツには、ビタミンが含まれており、フルーツを食べる事は、体にも良いですが、果糖も多いので、ダイエットの際は、どのような事に気を付けるといいのでしょうか?

スポンサーリンク

フルーツダイエットで痩せる方法!果糖と食物繊維で驚きのダイエット効果!

世の中にはいろいろなダイエット法がありますが、その中で比較的ヘルシーなダイエット法がフルーツダイエットです。美味しく食べて痩せることが可能なダイエット法ですが、行うにあたってはいくつかの注意点もあります。今回はフルーツダイエットについて、徹底検証してみたいと思います。

フルーツダイエットってどんなダイエット法?

フルーツダイエットは、食事の代わりにフルーツを食べたり、食事の前にフルーツを食べたりすることで、ダイエット効果を得ることを目的としたダイエット法です。

現代人の食事にはビタミンとミネラルが圧倒的に不足していることから、フルーツを積極的に摂るのは単に痩せるためだけでなく、健康にとっても非常に重要です。そういった意味でも、フルーツダイエットはすぐれたダイエット法だということが可能です。

フルーツダイエットで痩せられるって本当?

実は、フルーツダイエットには痩せられるという説と、痩せられないという説の両方があります。では、それぞれどのように主張しているのかを見ていきましょう。

フルーツダイエットでは痩せられないという説

まずは、フルーツダイエットをしても痩せられないと説について見ていきたいと思います。どのような理由で痩せられないと主張しているのでしょうか。

・糖分をとれば太るのはあたり前

フルーツダイエットで痩せられないという説については、フルーツにも糖分が含まれていることから、やはり食べすぎてしまうと太る可能性があるということがいわれています。

国立研究開発法人である栄養研究所によると、果物に含まれている果糖を摂取しすぎると、中性脂肪が増えてしまう可能性があるとする研究があるそうです。

・カロリーを摂りすぎれば太るのはあたり前

また、果物もカロリーが低いとはいえ、食べればカロリー摂取することには変わりないのだから、たくさん食べれば太るという説もあります。

フルーツダイエットで痩せられるという説

一方、フルーツダイエットで痩せられるという説もあります。どちらかというと、こっちの方の説得力が高いようですよ。

・果糖で中性脂肪が増えることはない

フルーツダイエットで痩せられるという説では、果糖を摂取しすぎると中性脂肪が増えてしまうという研究結果に対して真っ向から異論を唱えています。

その論旨としては、果糖を摂取しすぎることによって中性脂肪が増えたという実験は動物を対象としておこなわれていること、そして、総摂取カロリーの5分の1程度を果物によって摂取した場合であることに問題があるとしています。

そもそも果物などの植物を主食としている動物と、炭水化物やタンパク質、脂質などを中心とした食事をしている人間とでは、食べたものが身体に与える影響は異なることでしょう。

また、総摂取カロリーの5分の1を果物から摂るということも、なかなか考えにくい話です。たとえば、私たちに身近な果物であるミカンを例にあげると、総摂取カロリーの5分の1をミカンから摂ろうとすると、およそ50個は食べなければならない計算となります。

仮にミカンを50個食べるとなると、太る太らない以前にお腹を壊してしまうことでしょう。ダイエットの本来の目的である健康と美容にも反しますよね。

・果糖とブドウ糖とは身体への作用が異なる

もうひとつ、フルーツダイエットで痩せられるという説があります。それは、フルーツに含まれているのは果糖であって、炭水化物などに含まれているブドウ糖ではないという事です

「果糖もブドウ糖も砂糖みたいなもんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、実は大違いです。なぜ糖分を摂取すると太ってしまうかというと、それはインスリンとの関係があるからです。

体内に糖分が入ると、膵臓からインスリンが分泌され、糖分を分解して私たちが活動するときにエネルギーに変えてくれます。炭水化物がエネルギー源といわれるのはそのためです。

ところが、糖分の摂取量が多かったり、血糖値が急激に上がったりしてしまうと、インスリンの分解が追い付かなくなってしまいます。

スポンサーリンク

分解しきれなかった糖分は、身体の中に予備のバッテリーとして保管されることとなります。それが脂肪のついてしまうメカニズムという訳です。

そして、インスリンの分泌を促す糖分はブドウ糖であることが分かっているのです。果糖は腸管によって吸収されるのに時間がかかるため、ブドウ糖のように血糖値が急上昇することはありません。

また、果糖に含まれている酵素はブドウ糖よりも代謝が活発に行われるため、脂肪として蓄えられることなく、肝臓で代謝されたり速やかにエネルギーに変わったりするのです。

さらに、果物に含まれている食物繊維にも、血糖値の急上昇を抑制する働きがあることが分かっています。同じ糖分とはいえ、ブドウ糖と果糖では身体に与える影響がこれほどまでに違っているのです。

・カロリーだけを見ていても意味がない

物事にはおよそメリットとデメリットがあり、フルーツダイエットに関してももちろん、メリットがあればデメリットもあります。

フルーツダイエットには痩せられないとする説が主張していることの一つに、果物も意外とカロリーが高いということがあげられます。

確かに、大玉のりんごになると、ご飯1杯分のカロリーと同じくらいになることもあります。ただ、カロリーが同じでも、その栄養素が全く異なりますよね。

特に、精白されたお米(精米)は、玄米に含まれている栄養素を取り除いた、言い方は悪いですが粕(カス)のようなものです。粕という漢字自体が白米を表していますよね。

りんごにはビタミンやミネラル、食物繊維といった栄養素が豊富含まれており、カロリーが同じというだけで太るということにはなりません。

果物でカロリーを摂りすぎてしまうというような心配をするくらいなら、食生活のその他の部分を見直した方がよいでしょう。フルーツダイエットをおこなうデメリットなんてほとんどありません。

フルーツダイエットのやり方

フルーツダイエットのやり方には、大きく分けて2つの方法があります。それは、朝ごはんをフルーツに変える方法と、晩ご飯をフルーツに変える方法です。

・朝ごはんをフルーツに変えるメリット

朝ごはんの代わりとしてフルーツを食べることには、栄養素の補給と便秘の解消という2つのメリットがあります。もちろん、摂取カロリーを減らすことができるということもありますが。

フルーツには豊富な食物繊維が含まれているので、朝起きたときに食べることによって排便を促す効果が期待できます。特に、便秘がちな女性の場合にはおすすめの方法です。

・晩ご飯をフルーツに変えるメリット

晩ご飯をフルーツに変えるメリットとしては、大幅にカロリー摂取量を減らせるということがあげられます。ほとんどの場合、晩ご飯のカロリーが一番高くなる傾向があると思います。

そのため、晩ご飯をフルーツに変えると効果的に痩せられるという訳です。また、晩ご飯をフルーツだけにしなくても、晩ご飯の前にフルーツを食べるという方法もあります。

それによって急激に血糖値が上昇することを避け、脂肪が付きにくくすることが可能です。また、ご飯の前にフルーツを食べることで、満腹中枢が刺激されやすくなり、食事の総量を減らすことも可能です。

フルーツダイエットで健康的に痩せよう!

フルーツダイエットは、他のダイエット法に比べると圧倒的に健康的なダイエット法です。カロリーなど気にせずに、積極的に摂るようにして、身体の中から美しくダイエットしましょう!

フルーツダイエットで痩せる方法!果糖と食物繊維で驚きのダイエット効果!のまとめ

フルーツには、もちろん多くの糖分が含まれているので、今回はフルーツを上手に取り入れたダイエット法と、それに伴って注意点をご紹介!!

関連コンテンツ