バランスのよい食事ダイエットで痩せられる?理想の栄養バランスの新常識とは!?


バランスのよい食事をすることは、ダイエットに効果があるようですが、どのように行えばいいのでしょうか?バランスの良い食事と聞くと三大栄養素をまんべんなくと思いがちですが、あまり難しいことは考えずにできるようです。

スポンサーリンク

バランスのよい食事ダイエットで痩せられる?理想の栄養バランスの新常識とは!?

ダイエットをするときには、バランスのよい食事が欠かせませんよね。でも、バランスのよい食事って、いったいどのような食事のことをいうのでしょうか。実は、従来から言われているバランスのよい食事によって、かえって太ってしまっている可能性があるのです!今回の記事では、ダイエットと食事との関係について、もう一度見直してみたいと思います。

バランスのよい食事ダイエットってなに?

バランスのよい食事ダイエットとは、食事の栄養バランスを理想的なものにすることによって、ダイエット本来の目的である「健康と美容」を手に入れるダイエット法のことをいいます。

その他のダイエット法とは異なり、積極的に身体によいとされるものをバランスよく摂取するというのが「バランスのよい食事ダイエット」の特徴です。

そもそも、ダイエットとは健康と美容のために、食事の内容を吟味したり、食事量をコントロールしたりすることを意味するので、そういった点から見ても、バランスのよい食事ダイエットは、優れたダイエット法であるということが可能です。

ただし、そのためには「バランスのよい食事」というものが重要となっていきます。バランスのよい食事とは、いったいどのような食事なのでしょう。

バランスのよい食事ってどんな食事?

バランスのよい食事ダイエットをおこなうためにはまず、バランスのよい食事とはどのような食事なのかについて知っておく必要があります。

・バランスのよい食事とは?

「バランスのよい食事ってどのような食事ですか?」と聞かれたら、あなたならどのように答えるでしょうか。

「野菜や果物をたくさん摂る」とか「脂肪分やタンパク質は控える」「ジャンクフードは食べない」などいろいろな意見があることと思います。

ここでは、バランスのよい食事の定義として、食事に含まれている栄養バランスの割合を考えることとしたいと思います。そして、その栄養素とは炭水化物、脂質、タンパク質の三大栄養素です。

・三大栄養素の割合はどれくらいがいいの?

バランスのよい食事を考える際に、三大栄養素を外すことはできません。なぜなら、私たちが生きていく上で絶対的に必要なものだからです。

ビタミンやミネラルももちろん、私たちが生きていく上で重要なものですが、三大栄養素には含まれていないので、ここではあえて取り上げることをしません。

それでは、三大栄養素はどれくらいの割合で摂取するとよいのでしょうか。アメリカ医学研究所という機関が出した指標によると、炭水化物・脂質・タンパク質をそれぞれ、45%~65%・20%~35%、10%から35%摂るべきだとされています。

アメリカ大好きの日本でもこのバランスが重視されています。栄養素の半分以上を炭水化物からとり、タンパク質は少なめに、さらにいうと野菜をたくさん食べましょうというのが、厚生労働省の推奨するところとなっています。

みなさんが栄養バランスのよい食事といったときにイメージするのも、こういったバランスであることが多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

理想の栄養バランスの新常識

バランスのよい食事ダイエットは、上記のような三大栄養素の割合を順守することで達成が可能…ではないのです。残念ながら、これまでの常識がこれからの非常識となる可能性があるそうなのです。

・アメリカ人には肥満が増え続けている

アメリカ人の肥満率が高いことはよく知られている事実だと思います。実際に、アメリカでもそういった傾向に危惧を抱いたことから、栄養の摂取に関するガイドラインが1977年に策定されました。

それが先述したような三大栄養素の摂り方なのですが、それ以降、アメリカ人に痩せている人が増えたかというとそんなことはなくて、ウェストのサイズは平均してアップし続けているそうです。

もし、先ほどの栄養バランスが理想的なのであれば、今頃アメリカは世界でもっとも健康で痩せた人の多い国になっているはずですよね。

・炭水化物の過剰摂取はやめるべき

最近では、日本の医師の中にも、炭水化物の過剰摂取が健康を損ねると主張される方が増えてきています。糖尿病患者さんの治療として、糖質制限がおこなわれるのもそのためです。

なぜなら、炭水化物は食物繊維と糖質からできており、糖質を過剰に摂取すると、脂肪がつきやすくなることが分かってきているからです。

私たちが糖質を摂取すると、膵臓にあるランゲルハンス島という部分からインスリンが分泌されます。

脇腹の贅肉をつまむ女性

インスリンは糖質を分解して、私たちが活動する際のエネルギーに変えてくれます。ご飯やパンといった主食がエネルギー源だといわれるのはそのためです。

ところが、糖分の摂取量が多くなりすぎてしまうと、インスリンによる糖分の分解が追い付かなくなってしまいます。分解されなかった糖分は、予備のバッテリーとして体内に蓄えられます。もうお分かりのことと思いますが、それが脂肪だということなのです。

健康のためには、むしろ炭水化物の量を減らして、自然の牧草で育った牛や豚、羊の肉や、オーガニックの食品からタンパク質を摂取することの方が重要だと考えられ始めています。

バランスのよい食事ダイエットのやり方

それでは、実際にバランスのよい食事ダイエットをおこなう際には、どのようなことに気をつけるとよいのでしょうか。

・三食必ず摂る必要はない

栄養素に関する新常識と並んでこれまたびっくりなのですが、いい年した大人が毎日必ず三食食べる必要はないという説があります。

最近では医師の中にも1日1食を進める人がいるように、三度三度の食事こそが胃腸に負担をかける要因となり、その結果として健康を損ねたり、太ったりしてしまうのだとされています。

お腹を手で押さえる女性

考え方としては、1日のうちで食事をする時間を8時間に設定します。お昼の12時に最初の食事をしたら、夜の8時以降は何も食べないということです。

1日に3回食事をするときに比べると、1回あたりの食事でたくさん食べられるという満足感がありますし、栄養バランスの計算もしやすいです。

また、胃腸を休める効果もあり、最近に研究によると継続的にカロリー制限をおこなうのと同じ効果もあるということで、メリットがたくさんあります。

・糖質を制限する

先述したように、糖質は太ってしまう原因となるので、1日に摂取する量は70gから130g程度に設定しましょう。ただし、糖質は身体のエネルギー源でもあるので、まったく摂らないというのはNGです。

また、最初からストイックにおこなってしまうと、フラフラしたり頭が働きにくくなったりすることもあるので、徐々に糖質の量を減らしていくようにするとよいでしょう。

・野菜や果物も摂るようにする

今回の記事では三大栄養素に着目して、バランスのよい食事について解説してきましたが、身体の調子を整えてくれるビタミンやミネラルも、フレッシュな果物や野菜から摂るようにしましょう。

ミクサーの中にフルーツを入れてスムージーを作っている

バランスのよい食事ダイエットで痩せられるのか?

 

バランスのよい食事ダイエットで痩せられるのかどうかに答えるとすれば、「必ず痩せることができる」ということが可能です。

私たちは、食べすぎて太っているのではなくて、身体にとって不必要なものを食べているから太っているのです。炭水化物の摂取量を少なくし、良質のタンパク質を摂取するように心がけることで、目に見えて痩せてくると思いますよ。

バランスのよい食事ダイエットで痩せられる?理想の栄養バランスの新常識とは!?のまとめ

一番理想であるバランスよく痩せ方。「健康と美容」を意識しながら効果的にダイエットをする方法についてまとめました。

関連コンテンツ