ダイエット中の焼き肉の食べ方!太らないための一工夫を紹介します! 


ダイエット中に焼き肉が食べたくなったら、どのようにしていますか?ダイエット中と思い我慢する方が多いかもしれませんね。でも、あまり我慢しすぎるのも、反動がきそうです。我慢しないで上手に食べる方法を知りたいと思いませんか?

スポンサーリンク

ダイエット中の焼き肉の食べ方!太らないための一工夫を紹介します!

「ダイエット中だけど、無性に焼き肉が食べたい!」…そんな時ありますよね。でも、せっかくダイエットをしているのに、焼き肉を食べてしまうと太っちゃうのではないかと心配な方もいらっしゃることと思います。でも、意外と焼き肉って太らないものなんですよ。今回は、ダイエット中の焼き肉の食べ方について、解説していきたいと思います。

ダイエット中に焼き肉を食べてもいいの?

「せっかくダイエットをしているのに、焼き肉を食べたら太ってしまうのではないか」と心配な方もいらっしゃれば、「ダイエット中だけど焼き肉を食べたい」という方もいらっしゃることと思います。

カロリーが高くて脂肪分の多い焼き肉は、ダイエット中に食べてはいけないのでしょうか。いえいえ、実はそんなことはないんですよ。むしろ、ダイエット中だからこそ食べた方がよいお肉もあるのです。

お肉にはダイエットに有効な成分も含まれています!

ダイエット中であっても焼き肉を食べた方がよい理由としては、焼き肉にこそ豊富に含まれているダイエット成分があるからなのです。では、焼き肉にはどのようなダイエット成分が含まれているのでしょうか。

・アミノ酸

焼き肉には、人間の身体を作るのに欠かせないアミノ酸が含まれています。特に、赤身の牛肉には必須アミノ酸といって、体内では合成することのできないタイプのアミノ酸が含まれています。

人体を構成するアミノ酸は20種類ありますが、そのうちの9つが必須アミノ酸と呼ばれています。そして、牛肉のタンパク質には、9種類のアミノ酸がバランスよく含まれているのです。

必須アミノ酸は、どれか一つだけたくさん摂っても意味がなくて、9種類をバランスよく摂ることによって、体内でうまく働いてくれるのです。そういった意味でも、焼き肉にはダイエット効果があると言えるのです。

・L-カルニチン

赤身の牛肉には、羊や山羊の肉に次いで大量の「L-カルニチン」という成分が含まれています。L-カルニチンには、脂肪の燃焼を促進する効果があることから、ダイエット中には積極的に摂取したい成分となっています。

可能であれば、合成飼料ではなく、牧草を食べて育った牛の赤身肉を食べるようにしましょう。それによって、焼き肉を食べていても太りにくく、ダイエットをすることが可能となります。

ダイエット中の焼き肉の食べ方その1・最初に野菜を食べる

ダイエット中の焼き肉の食べ方としては、いきなりお肉を食べるのではなくて、まずはサラダなど野菜から食べるということがあげられます。

サラダを食べる女性

野菜には一般的に食物繊維が多く含まれています。食物繊維には不溶性の食物繊維と水溶性の食物繊維とがありますが、野菜には不溶性の食物繊維が多く含まれている傾向があります。

不溶性の食物繊維とは、その名の通り水で溶けない性質をもった食物繊維であり、胃の中で水分を吸って膨張するという特徴があります。

そのため、焼き肉を食べる前に野菜を食べると、おなかがいっぱいになりやすくなるので、結果として食事全体の量を減らすことが可能となります。野菜と一緒に水分を摂ると、さらに満腹感を高めることが可能です。

焼き肉を食べる前に野菜を食べることには、もう一つのメリットがあります。それは、食事のはじめに野菜を食べることで、血糖値の上昇を緩やかにすることができるということです。これに関しては、後ほど詳しく説明したいと思います。

スポンサーリンク

ダイエット中の焼き肉の食べ方その2・キムチを食べる

焼き肉といえばキムチが付き物ですが、それにはちゃんと理由があります。キムチも野菜からできているので、サラダを食べるのと同様、血糖値の上昇を緩やかにしてくれるというメリットがあります。

また、キムチは発酵食品であることから、腸内環境を整えてくれる効果があります。食事は極端に言うと、腸内細菌の餌のようなものです。そのため、腸内環境をよくしておくことが消化や吸収にとっても重要だという訳なのです。

また、キムチを作るときに用いられる唐辛子には、カプサイシンといわれる物質が含まれています。カプサイシンには血行を促進したり、発汗を促したりする働きがあり、新陳代謝を活発にして九売れるというメリットもあります。

ダイエット中の焼き肉の食べ方その3・ご飯と一緒に食べない

ダイエット中の焼き肉の食べ方としては、ご飯と一緒に「食べない」ということも重要です。なぜなら、ご飯を食べることこそが、太ってしまう原因となるからです。

ご飯やパン、麺類といった主食である炭水化物は、食物繊維と糖質から成っています。そして、糖質こそが太ってしまう原因だと考えられているのです。

私たちが糖質を摂取すると、体内ではインスリンと呼ばれる物質が分泌されます。インスリンには、糖質を分解して身体のエネルギーへと変えてくれる働きがあります。

そのため、炭水化物(糖質)は身体のエネルギー源といわれる訳なのですが、糖質の摂取量が過剰であったり、血糖値の上がり方が急激であったりすると、インスリンの分解能力が追い付かなくなってしまいます。

そうなった場合、体内の糖質はそのままの形で保存されるのではなく、予備のバッテリー=脂肪として体内に蓄えられることとなるのです。これが太ってしまうメカニズムだという訳なのです。

お腹に贅肉がついている女性

焼き肉を食べるとついつい白米が欲しくなりますが、白米は玄米の搾りカスのようなものです。カスを漢字で書くと「粕」となりますよね。栄養価の低い精米を食べるくらいなら、玄米を食べるようにしましょう。

ダイエット中の焼き肉の食べ方その4・ビールはやめてお茶にする

ビールは大麦から作られていますが、大麦も炭水化物です。そのため、ビールにも糖質が含まれています。ただ、糖質だけでみた場合、ビールの糖質はそれほど大したことがありません。

ごはんをお茶碗に1杯食べると、糖質をおよそ55g摂取することになりますが、ビールを1杯飲んだとしても、糖質の摂取量は11g程度ということです。

それよりも、ビールを飲むことで満腹中枢が麻痺してしまい、ついついたくさん食べすぎてしまうことの方が問題です。できればウーロン茶などを飲みながら焼き肉を食べるようにしましょう。

また、どうしてもアルコールが飲みたいという方や、お酒の強い方は、ビールではなく焼酎などの蒸留酒を飲むようにするとよいでしょう。

ダイエット中の焼き肉の食べ方その5・タレより塩を選ぶ

ダイエット中に焼き肉を食べるときには、なるべくタレではなく塩の焼き肉を選ぶようにするとよいでしょう。なぜなら、焼き肉のタレにはたくさんの糖分が含まれているからです。

先ほども述べたように、糖分こそが脂肪の付く原因となってしまいます。また、タレの焼き肉を食べると白米が欲しくなってしまう可能性が高まるため、ダイエットをする際にはやはり塩にしておいた方がよいでしょう。

ダイエット中の焼き肉の食べ方その6・シメにはクッパかスープを!

焼き肉のシメというと冷麺を食べたりデザートを食べたりしますが、それも太ってしまう元です。なぜなら、麺類や甘いデザートには糖分がたくさん含まれているからです。どうしてもシメが欲しい場合には、クッパやスープを選択するようにしましょう。

たまには焼き肉を食べてストレスを解消しよう!

ダイエット中の焼き肉の食べ方について見てきましたが、いかがだったでしょうか。焼き肉が食べたくなったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。食べることは人生の楽しみでもあるので、ダイエット中でもたまには焼き肉を食べて、ストレスを発散したいものですよね。

ダイエット中の焼き肉の食べ方!太らないための一工夫を紹介します!のまとめ

ダイエット中でも焼き肉は食べたいものですよね。食べ方を工夫するだけで、ダイエット中でも美味しく罪悪感なく焼き肉を楽しむことが出来るので必見です。もちろん食べすぎはNGですけどね!

関連コンテンツ