そばダイエットは痩せるのに有効?その効果と食べ方のコツを紹介します!


そばダイエットはどういう観点から痩せることに有効と言われているのでしょうか?食べて痩せるという事ではなく、食べ方の工夫で太らない様にすることが可能なようです。これからの季節、冷たいおそばを食べることが多くなるので、知っておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

そばダイエットは痩せるのに有効?その効果と食べ方のコツを紹介します!

暑い夏にはざるそばで、寒い冬には温かくして、そばっていつ食べても美味しいものですよね。そんなそばを食べることで、ダイエットができるとしたら嬉しいですよね。今回の記事では、そばの持つダイエット効果と、ダイエット中に食べるときのコツを紹介したいと思います。

・食べて痩せるなどということはあり得ない

そばダイエットに限った話ではありませんが、およそ人がなにかを食べて痩せるなどということはあり得ません。大げさな言い方をすると、人間は太るために食べていると言っても過言ではないからです。

私たちが食事をしたときに、ご飯やパン、麺類(そばもそうですよね)といった主食を摂取すると、体内ではインスリンによる糖質(炭水化物)の分泌が起こります。

それによって、糖質がエネルギーに変えられる訳です。炭水化物(糖質)が私たちの身体や脳にとってエネルギー源であるといわれるのはそのためです。

ただ、インスリンの分解が追い付かなかったり、血糖値が急激に上がり過ぎてしまったりすると、分解しきれなかった糖質は予備のエネルギー=脂肪として体内にとどめ置かれることとなります。

単純に言うとこれが太ってしまう原因なのですが、進化の歴史から見ると「勝ち組」の有するメリットでもあるのです。脂肪を蓄えることによって、飢餓から逃れることか可能となった訳ですから。

話を元に戻しますが、私たちが食事をするのは極端に言うと太るためであり、そばに限らず、なにかを食べる「だけ」で痩せるなどということはない、ということを忘れないようにして下さいね。

そばダイエットのメリットとは?

そばを食べるだけで痩せるなどということはないということでしたが、別にガッカリする必要はありません。なぜなら、そばの食べ方によって痩せることは十分に可能だからです。

そばダイエットのやり方について紹介する前に、まずはそばダイエットをするメリットについて紹介していきたいと思います。ダイエットにとってどのような効果のある栄養素を摂取できるのでしょうか。

・ビタミン

そばにはビタミンB1、ビタミンB2が穀物の中でも最強レベルに豊富に含まれています。ビタミンB1やB2には脂肪を燃焼したりコレステロール値を下げたりする効果があるということで、ダイエットにはもってこいの食品という訳なのです。

なぜそばに豊富なビタミンが含まれるかというと、実はそばのあの見た目に関係があるんです。というのは、そばはそばの実を全粒として用いているからなのです。そのため、黒い粒粒のようなものが見える訳ですが、その点がお米やうどんとの決定的な違いなのです。

お米(精米)は玄米を精製してできますし、うどんは小麦を精製したものからできています。言い方は悪いですが、例えばお米は玄米の粕(カス)のようなものなのです。

粕という字を分解すると白米になりますよね。玄米に含まれている豊富な栄養素を取り除いて、美味しいだけの存在となったのが、私たちが普段食べている白米という訳なのです。

白米の栄養価がなぜ玄米に比べて段違いに低いかというと、玄米の胚芽や糠を取り除いてしまうからです。胚芽にはそこから芽が出て実がなってというエネルギーが豊富に含まれています。

発芽玄米が身体によいのもそのためですし、最近スーパーなどでも人気のスプラウト(新芽)もそうです。これから伸びるものにはエネルギーがたくさん含まれているのです。

また、糠という感じに注目してみてください。分解してみると(健)康なお米となりますよね。糠や胚芽を取り除いてしまうと栄養価が一気に下がるのです。

その点、そばは生成されていないため、胚芽に含まれている栄養素までたっぷりと摂取することが可能となる訳です。

スポンサーリンク

・ルチン

そばの注目される栄養素としてはルチンという物質があげられます。ルチンはポリフェノールの一種であり、強い抗酸化作用があるとされています。

植物は日の光を浴びて成長しますが、同時に紫外線を浴びるという弊害にもさらされます。そのため、紫外線からその身を守るためにポリフェノールを産生するのです。

ポリフェノールを含有する食品を摂取した私たちにも、紫外線から見を守るという恩恵が与えられることとなります。そのため、そばダイエットにはアンチエイジング効果もあるという訳なのです。

・カルニチン

カルニチンというと、脂肪を燃焼する効果があるとされている物質で、羊の肉や牛にウなどに多く含まれているとされています。そのため、ダイエットのためにもある程度は赤身のお肉を食べた方がよいとされています。

ただ、カルニチンについては諸説あり、体内で合成されるアミノ酸の一種であることから、普通の食生活をしていれば特に気にすることはないという見解もあります。

カルニチンが体内で生成されるには必須アミノ酸であるリジンとメチオニンが必要となります。そばにはリジンが含まれていますし、つなぎとして用いられる小麦粉にはメチオニンが含まれています。そういった意味でも、そばはダイエットにおススメの食品と言えるのです。

・食物繊維

そばは全粒から作られることもあり、食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維といえば便秘の解消にとって欠かすことのできないものですよね。便秘解消したイラスト

そばを習慣的に食べることで腸内環境が改善されることも期待されており、データによると大腸がんになるリスクが低下するという研究結果もあるそうですよ。

そばダイエットのやり方

そばダイエットのやり方は簡単で、栄養の宝庫であるそばを日々の食事に取り入れるだけです。特に、栄養価の低い白米の変わりに食べるなどするとよいでしょう。

また、そばはご飯やパンと比べるとグリセミック値(GI)が低く、体内で脂肪に変わりにくいといった特性もあります。

そばはカロリーが高いからダイエットに不向きだという説もありますが、カロリーの計算法自体が100年以上前の計算式をいまだに用いており、その有効性に疑問を呈する声も多数あります。カロリーよりは栄養素に注目した方がよいでしょう。

・食べて痩せるなどということはあり得ない

そばダイエットに限った話ではありませんが、およそ人がなにかを食べて痩せるなどということはあり得ません。大げさな言い方をすると、人間は太るために食べていると言っても過言ではないからです。

私たちが食事をしたときに、ご飯やパン、麺類(そばもそうですよね)といった主食を摂取すると、体内ではインスリンによる糖質(炭水化物)の分泌が起こります。

それによって、糖質がエネルギーに変えられる訳です。炭水化物(糖質)が私たちの身体や脳にとってエネルギー源であるといわれるのはそのためです。

ただ、インスリンの分解が追い付かなかったり、血糖値が急激に上がり過ぎてしまったりすると、分解しきれなかった糖質は予備のエネルギー=脂肪として体内にとどめ置かれることとなります。

単純に言うとこれが太ってしまう原因なのですが、進化の歴史から見ると「勝ち組」の有するメリットでもあるのです。脂肪を蓄えることによって、飢餓から逃れることか可能となった訳ですから。

話を元に戻しますが、私たちが食事をするのは極端に言うと太るためであり、そばに限らず、なにかを食べる「だけ」で痩せるなどということはない、ということを忘れないようにして下さいね。

そばダイエットで美しく健康的に!

そばダイエットをおこなうことには、美容や健康に対するさまざまなメリットがあります。ハッキリ言ってカロリーなど気にすることはありません。食べ過ぎにだけ注意して、美しく健康的なダイエットをしましょう!

 

そばダイエットは痩せるのに有効?その効果と食べ方のコツを紹介します!のまとめ

今回は、実際に「そばダイエット」で痩せるとこが出来るのかをまとめてみました。それによってどのような効果があるのか見てみましょう。

関連コンテンツ