ストレスで太る理由と対処法について!健康的に痩せるための方法をご紹介!


ストレスで太る理由があり、そのストレスに対処する事は、ダイエットはもちろん自分自身の健康の為に必要な事になるのではないでしょうか?ストレスがたまることにより、食べ過ぎたりする事は多いのではないかと思います。ストレス対処方法も参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

ストレスで太る理由と対処法について!健康的に痩せるための方法をご紹介!

現代はストレス社会などといわれることがありますが、実はストレスがたまりすぎると、人間の身体は太りやすくなってしまうことが分かっています。では、なぜそのようなことが起こるのでしょうか。今回の記事では、ストレスによって太りやすくなる理由と、その対処法について詳しく解説していきたいと思います。

ストレスとは何でしょう?

ストレスという言葉はよく使われていますが、具体的にはどのようなことをいうのでしょう。ストレスは多岐にわたっているので、まずはストレスについて定義しておきたいと思います。

・精神的ストレス

ストレスといった場合に、一般的にイメージされるのは精神的ストレスではないでしょうか。日本でも多くの方が、ストレスによって自律神経失調症やうつ病になったりしています。

・身体的ストレス

ストレスは単に精神的なものだけを指すのではなく、身体的なストレスも含まれています。身体的ストレスがたまってしまう原因も多岐にわたっています。

ストレスがたまってしまう原因は?

ストレスには精神的なストレスと、身体的なストレスの2種類があるということでしたが、それぞれどのような理由でたまってしまうのでしょうか。

精神的なストレスがたまる原因

それではまず、精神的なストレスがたまる原因について見ていきたいと思います。多かれ少なかれ、誰にでも経験があるのではないでしょうか。

・人間関係の悩み

精神的なストレスがたまってしまう理由として有力なのが、人間関係の悩みです。社会人の場合、仕事の悩みといったときにもっとも多くみられるのが、上司や部下、同僚との人間関係です。

上司からのパワハラやセクハラ、部下からの突き上げ、同僚との不和など、仕事とは直接関係ないところで精神的なストレスを抱えることが多々あります。

また、最近では子供にも人間関係の悩みが見られるということです。学校で孤立していたりいじめにあっていたりすると、学校に行くことがストレスになってしまいます。

・家庭内の不和

精神的なストレスがたまってしまう理由としては、家庭内の不和もあげられます。夫婦間での会話がないこともストレスの原因となりますし、セックスレスだったり、逆にセックスを強要されたりすることもストレスの原因となります。

また、子供がいる家庭の場合は、子供の進路で悩んだり、反抗期に悩まされたり、学費の問題で悩んだりといったさまざまなストレスの可能性が考えられます

身体的なストレスがたまる原因

ストレスは単に精神的なストレスのみをいうのではありません。では次に、身体的なストレスがたまる原因について見ていきましょう。太りやすい体質の人は、もしかしたら思い当たる節があるかもしれませんよ。

・疲労

身体的なストレスがたまる原因としては、疲労が第一にあげられます。

仕事が忙しいとか、残業が続いているとか、休みが取れないなどさまざまな要因で疲労がたまり、しかもそれが抜けなくなってしまいます。

日本は戦争のない平和な国だといわれますが、残業によって過労死をしてしまうといった問題が出てきています。たかが疲労だと馬鹿にすることはできません。

・睡眠不足

睡眠不足も、身体的なストレスとしてたまっていきます。睡眠時間が短くなると、身体を十分に回復させる時間がとれないため、疲労が抜けにくくなり、身体的ストレスとしてたまってしまうのです。

・アレルゲン

花粉やハウスダスト、カビや食品アレルギーなど、アレルゲンも身体にとってはストレスになります。実際にはアレルゲンだけでなく、それに過剰に反応してしまう身体の方に問題があるのですが、アレルゲンが身体的ストレスとなることに変わりはありません。

・たばこの煙や排気ガス

身体的なストレスとしては、たばこの煙や排気ガスもあげられます。特に、たばこの場合には自分が吸っていなくても、副流炎によって健康被害をこうむります。他にも、暑さ寒さといったことも身体的ストレスになりますし、気圧の変化なども身体的ストレスとなりえます。

ストレスで太る理由はなんですか?

ここまで、ストレスの分類と、なぜストレスがたまってしまうのかについて見てきました。では、なぜストレスがたまると太ってしまうのでしょうか。それには以下のような理由があります。

スポンサーリンク

・セロトニンの分泌量が減る

セロトニンは、ノルアドレナリン、ドーパミンと並んで、脳内の三大神経伝達物質といわれています。ノルアドレナリンやドーパミンが神経を興奮させるのに対して、セロトニンは神経を落ちつける働きがあるとされています。

ストレスがたまることによって自律神経失調症やうつ病になってしまうのは、セロトニンの分泌量が減ることで神経を落ち着ける働きが失われるからだと考えられています。

また、セロトニンの分泌量が減少すると、脳の下垂体という場所にある満腹中枢が刺激されにくくなることも分かっています。それによって、ついつい食べすぎてしまうという訳です。

食べ過ぎの女性のイラスト

ストレスがたまると、いわゆる「やけ食い」をするようなケースがみられますが、もしかしたらそれもセロトニンの分泌量が低下していることと関わっているのかもしれません。

・睡眠不足によってお腹が減る

睡眠不足によってストレスがたまると、太ってしまう可能性があります。単純に、睡眠不足によって起きている時間が長いと、お腹が減る可能性が高くなるので、太りやすくなるというのが一つの理由です。

もう一つの理由は、睡眠不足が続くと、体内時計が狂ってしまうということがあげられます。私たちの体には概日周期(サーカディアンリズム)といわれるものがあり、消化や吸収に適した時間と、そうでない時間とがあります。

睡眠不足によって概日周期が乱れてしまうと、同じ量だけ食べていても消化や吸収がうまくいかずに、太りやすくなってしまうということが起こるのです。

お腹の贅肉をつまむ女性

ストレスで太る場合の対処法!

ストレスと太ってしまうこととの間には、意外な関連性があることを理解して頂けたことと思います。では、ストレスで太ってしまうようなときには、どのように対処すればよいのでしょうか。

・ゆっくりと休む

ストレスの最大の原因は、精神的・肉体的な疲労です。それを癒すのに、睡眠に勝る方法はありません。ゆっくりとお風呂に浸かって、質のよい睡眠をとることが、何よりのストレス解消につながります。

・適度に身体を動かす

ストレス状態が続くと、交感神経が優位になって血行が悪くなってしまいます。血液は全身に酸素と栄養を運んでいるので、血行が悪くなった場所にトラブルが起こることとなります。

そういったトラブルを回避するためにも、適度に身体を動かすようにしましょう。仕事とは違った心地よい疲労感によって、睡眠の質が向上することも期待できます。

ジョギングなどの有酸素運動は、脂肪を燃焼してくれる効果もあります。健康的に痩せるためには、有酸素運動を生活の中に取り入れることが重要となります。

ランニングをするミドル女性

・好きなことに没頭する

ストレスから解放される方法としては、自分の好きなことに没頭するという手もあります。カラオケが好きな人であれば、大声を出すこともストレスの解消につながるでしょう。カロリーの消費にもつながるので一石二鳥ですよ。

ストレスは万病のもとです!

ストレスがたまると、単に太りやすくなってしまうにとどまらず、さまざまな病気のもととなってしまいます。「最近太ったな」と思ったら、ストレスがたまっていないか、普段の生活を見直してみましょう!

ストレスで太る理由と対処法について!健康的に痩せるための方法をご紹介!のまとめ

太ると言っても、食べすぎや運動不足など様々ありますが、今回はストレスによっての、太る原因についてまとめました。ストレスを溜めすぎるとこによって太りやすい身体になってしまうということは、なかなか知られていないかと思います。皆さんもストレスの溜めすぎには注意ですよ。

関連コンテンツ