サバ缶ダイエットってなに!?その意外な調理法についても紹介します!


サバ缶ダイエットとは?テレビ番組や雑誌でダイエット効果があると紹介され、一時期、スーパーなどの店頭から姿を消したサバ缶。今はブームも一段落して、容易に手にすることが可能となっています。そこで今回は、改めてサバ缶のダイエット効果に注目してみたいと思います。何度もダイエットに失敗した人必見の内容でお届けします!

スポンサーリンク

サバ缶ってどんな食べ物?

サバ缶を食べたことがないという方も中にはいらっしゃると思いますので、まずは簡単にサバ缶について説明したいと思います。実は、サバ缶には、サバの水煮缶とサバの味噌煮缶の2種類があります。そして、サバ缶ダイエットに用いるのはサバの水煮缶の方です。

サバの味噌煮缶の方は糖分を多く含んでいるためダイエットには不向きです。そのため、本稿でサバ缶という場合には、サバの水煮缶を指すことをご了承くださいませ。

・サバの水煮の作り方

鯖の水煮はその名の通り、鯖に塩を振って、水と酒で煮た食べ物のことです。一般的に圧力なべなどで作られることが多く、骨まで食べられることから、鯖の栄養素を逃さず摂取することができる優れたメニューとなっています。

缶詰でも販売されています

スーパーなどに行くと、100円から300円程度で「鯖の水煮缶」として売られています。蓋をあけてお皿にあければハイ、鯖の水煮の出来上がり。ということで、とてもお手軽なおかずとして、また、お酒のおつまみとして、はたまたカレーの具材として、いろいろな方面で活躍しています。

サバ缶ダイエットでどんな栄養が得られるの?

簡単に食べられてヘルシーなことで知られているサバ缶ですが、実際にどのような栄養素が含まれているのでしょうか。

・DHA(ドコサヘキサエン酸)

鯖は青魚ですよね。青魚の特徴としてはまず、ドコサヘキサエン酸(DHA)と呼ばれる成分が豊富に含まれているということが挙げられます。健康に関して詳しい方なら「青魚といえばDHA」というのは常識のようなものですよね。

青魚を焼くと黄色っぽい油が出てきますが、ドコサヘキサエン酸はわずかに黄色みがかかっているのが特徴です。そして、青魚が身体にいいといわれる理由の一つが、このドコサヘキサエン酸にあります。

なぜなら、ドコサヘキサエン酸は、不飽和脂肪酸に分類され、オメガ3脂肪酸に分類される「必須脂肪酸」となっており、私たちが健康的に生きていく上で欠かせない物質なのです。私たちの体を構成したり、悪玉コレステロールを減少させたり、血栓を予防したりする働きもあるんですよ。

ドコサヘキサエン酸は残念ながら体内で作り出すことができないため、食品から摂取する必要があります。そして、ドコサヘキサエン酸を摂取するには青魚を食べるのが効率的だということです。

サバ缶はあたり前ですが原材料が鯖なので、ドコサヘキサエン酸を摂取するのに持ってこいというわけです。

・EPA(エイコサペンタ塩酸)

エイコサペンタ塩酸も、青魚に特有の成分で、ドコサヘキサエン酸と同じく、オメガ3脂肪酸に分類されます。エイコサペンタ塩酸にもやはり悪玉コレステロールを下げる効果があるほか、中性脂肪や内臓脂肪を減らす効果もあるということです。

また、ドコサヘキサエン酸とエイコサペンタ塩酸には共通して、身体の免疫機能を向上させ、病気を予防したり、アレルギーの原因となるアレルゲンから身を守ったりする効果もあるということです。

・カルシウム

サバ缶の優れているところは、骨まで軟らかく煮られているため、魚の身だけでなく骨も一緒に食べられるという点です。骨はカルシウムを多く含む場所ですから、サバ缶はカルシウムを摂取するのにも適した食品だということが可能です。

・ビタミンやミネラル

サバ缶には上記のような栄養素のほかにも、ビタミンB2、B6、B12やビタミンD、ビタミンE、ナイアシン(ビタミンB3),といったビタミン群、亜鉛やリン、銅といったミネラルなどを多く含んでいます。また、魚肉ですから当然、タンパク質も多く含まれています。

サバ缶ダイエットの効果とは?

さまざまな栄養素が含まれているサバ缶ですが、では、サバ缶ダイエットにより、どのような効果が期待できるのでしょうか。

・ダイエット効果

今回のメインテーマでもあるサバ缶ダイエットの効果は、皆さんも気になるところではないでしょうか。鯖などの青魚に含まれる代表的な栄養素がドコサヘキサエン酸やエイコサペンタ塩酸であることは先述したとおりです。

そして、ドコサヘキサエン酸やエイコサペンタ塩酸には、血中のコレステロール値を下げて、いわゆる「血液サラサラ」効果があることが分かっています。また、エイコサペンタ塩酸には中性脂肪や内臓脂肪を燃焼させる効果もあるということです。

さらに、鯖にはビタミンB群が豊富に含まれていますが、ビタミンB群もやはり脂肪燃焼効果があることが分かっています。このように、鯖には脂肪燃焼を助ける効果があることから、ダイエット効果も期待できるというわけなのです。

・頭がよくなる?

一時期「さかなさかなさかな~ さかなを食べると~ あたまあたまあたま~ 頭がよくなる~」という歌がはやりましたが、魚を食べると頭がよくなるという根拠は何なのでしょうか。

年齢を重ねるにつれ、脳細胞は減少していきますよね。ただ、ドコサヘキサエン酸は脳細胞の主要な成分でもあるため、ドコサヘキサエン酸を積極的に摂取することによって、脳の老化を遅らせることができるのです。

また、脳神経と脳神経を結ぶシナプスと呼ばれる部分がありますが、ドコサヘキサエン酸にはシナプスを活性化させる効果もあるということです。「最近もの忘れがひどくて…」という方にも、サバ缶はおすすめですよ。

スポンサーリンク

サバ缶ダイエットのやり方!

それでは、サバ缶ダイエットのやり方について説明していきたいと思います。といっても、それほど難しいことはありませんよ。

・1日に1回サバ缶を食べる

どのような食べ物もそうですが「食べたら痩せる」などという食品は存在しません。サバ缶に関しても同様で、肉食中心の人やジャンクフードを食べる習慣のある人が、それらの代わりにサバ缶を食べることによってダイエット効果を出すわけです。

現代人の食習慣は昔と比べて肉が中心となってきているので、肉の代わりにサバ缶を食べることで、カロリーの摂取量を減らし、脂肪燃焼効率を高めることで、ダイエット効果が期待できるということです。

・料理に利用する

サバ缶をおかずとして食べるのもいいのですが、そればかりだとやはり飽きてしまいますよね。そういう方は、サバ缶を料理の食材として利用するとよいでしょう。

サバ缶ダイエットのレシピ

「サバ缶ダイエットの効果は分かったけど、そればかりじゃ飽きてしまう」という方のために、簡単にできておいしいサバ缶ダイエットのレシピを紹介します。

サバ缶カレー

みんな大好きなメニューであるカレーですが、牛肉や豚肉をサバ缶に変えるだけであら不思議、ダイエットに適したメニューの出来上がりです。サバ缶を使うとより簡単にできますよ。

サバ缶パスタ

サバ缶を使えば、パスタメニューも簡単にできます。サバ缶をほぐしてネギと和え、マヨネーズとしょうゆで味をつけたら、パスタとからめるだけで和風パスタの出来上がり。海苔をふって食べてもおいしいですよ。

サバ缶ダイエットってなに!?その意外な調理法についても紹介します!のまとめ

サバ缶ダイエットをするときには運動も忘れずに!ダイエットに効果的なサバ缶ダイエットですが、運動もあわせて行うことで、より効率よく体重を減らすことが可能ですよ。料理のアレンジにも便利なサバ缶を利用して、ダイエットを成功させてくださいね。

関連コンテンツ