うどんダイエットは痩せられる?その意外な効果とやり方に注目!


うどんダイエットとは一体??一時期、うどん県と名乗っている香川県には、生活習慣病の人が多いなんて話題がありました。それがうどんのせいにされていましたがとんでもない。実は、うどんはダイエットをする際におススメの食品でもあるのです。そんなうどんダイエットのやり方や、うどんダイエットを効果的におこなう方法について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

うどんダイエットとは?

うどんダイエットはその名の通り、うどんを上手に食べることでダイエット効果を得ることを目的としたダイエット法です。

うどんは炭水化物なので太るようなイメージがあるかもしれませんが、実はそれこそが誤った認識なのです。では、うどんダイエットについて詳しく見ていきましょう。

うどんダイエットをするメリット

うどんダイエットの効果的なやり方などについて解説する前に、まずはうどんダイエットをするメリットとして、どのようなことが上げられるのかについて見ていきたいと思います。

・おいしい

うどんダイエットをするメリットの一つとしては、うどんが美味しいということが上げられると思います。特に、関西以西ではうどん好きという方がたくさんいますよね。

香川県は言うまでもなくうどんの一大消費地ですが、大阪でも京都でもうどんはよく食べられます。また、タレントのタモリさんが福岡のうどんが一番美味しいというように、九州でもうどんはよく食べられています。

それぞれの地域でうどんの固さ(コシ)が違っていたり、だしの取り方が異なっていたりと、さまざまな味覚が楽しめることもうどんダイエットをするメリットと言えます。

・消化に良い

うどんダイエットをするメリットとしては、うどんが消化によいこともあげられます。育児経験のある方ならご存知かと思いますが、離乳食としてもうどんはよく用いられます。

食事中の方はいったんスルーして頂きたいのですが、親としては子供の成長が気がかりなのは当たり前で、オムツに出された排泄物も確認するものです。

排泄物を確認してみると、消化に悪いものはそのまま出てきますが、うどんの姿が見かけられることはほとんどありません。

人間が太ってしまう原因の一つが、消化に悪いものをたべることですから、消化によいうどんがダイエットにおすすめなのも頷けることなのです。

・バリエーション豊か

うどんダイエットをするメリットとしては、うどんの食べ方がバリエーションに富んでいることもあげられます。

ダイエットをする上で一番の敵は何だと思いますか?「意志が弱いこと?」「気合いが足りないこと?」そうではありません。一番の原因は「飽きること」なのです。

例えば、ダイエットをするときにカロリーの低い食品の代表とも言えるこんにゃくや豆腐を用いることがあります。

確かに、カロリーの低いこんにゃくや豆腐を食べていると、カロリーの高い食事をしているときよりも痩せやすくなるのは当然です。

ただ、人間の食事は動物のエサとは異なります。単に飢えを満たすだけでなく、満足感を得たり楽しみを享受したりといった点が、動物のエサと人間の食事との違いです。

そのため、いくらダイエット効果が高いとは言え、こんにゃくや豆腐ばかり食べていると飽きてしまうこととなります。

うどんももちろん、麺だけ食べていれば飽きることは免れませんが、うどんの場合はぶっかけにしたりざるうどんにして食べたり、焼きうどんにしたりトッピングを工夫したりといったさまざまな食べ方が可能です。

そのような工夫をすることで、ダイエットの最大の敵である「飽きる」ということを避けられるという訳です。

スポンサーリンク

・カロリーが低い

うどんダイエットなんて聞くと、「え?うどんってカロリーが高いでしょ」なんて思ってしまうかもしれません。

実は、意外なことにうどんはその他の炭水化物と比べて意外とカロリーが低いんですよ。うどん100gあたりのカロリーはおよそ100キロカロリーとなっています。

同じ量の他の炭水化物を見てみると、白米がおよそ170キロカロリー、食パンがおよそ270キロカロリー、パスタがおよそ150キロカロリー、そばがおよそ130キロカロリーとなっています。

ヘルシーなイメージがあるお蕎麦よりも、意外なことにうどんの方が低カロリーということなんですよね。

また、100gあたりの炭水化物を見てみても、うどんの炭水化物含有量がおよそ20gなのに対して、白米・食パン・パスタ・お蕎麦はそれぞれおよそ37g・47g・28g・26gとなっており、やはりうどんがもっとも少ない数値となっています。

▼パスタをダイエット利用する際には以下の記事を参考にしてください。

パスタダイエットはやり方が重要!痩せるために効果的な食べ方とは?

実は、この炭水化物含有量というのが、ダイエットをする上で非常に重要となります。炭水化物は食物繊維と糖質から成っていますが、糖質が太ってしまうことと密接な関係にあるからです。

私たちが炭水化物(糖質)を摂取すると、すい臓からインスリンという物質が分泌され、私たちが活動する時にエネルギーへと転換してくれます。これが「炭水化物はエネルギー源」といわれる所以です。

ところが、炭水化物(糖質)の摂取量が多かったり、炭水化物ばかり食べて血糖値が急激に上がったりしてしまうと、インスリンの分解能力を超えてしまうこととなります。

その結果、分解しきれなかった糖質は、予備のエネルギーとして体内に温存されることとなります。それが脂肪の正体という訳です。

つまり、ダイエットをするためにもっとも重要なのは、炭水化物の摂取量を減らすということなのです。ただ、炭水化物は主食であることから、ある程度の摂取は必要となります。その点でも、うどんは優れた食品だと言えるのです。

うどんダイエットを効果的におこなう方法

うどんダイエットにはさまざまなメリットがあることが分かって頂けたことと思いますが、次に、うどんダイエットを効果的におこなう方法について紹介したいと思います。

・野菜を先に食べる

サラダを食べる女性

炭水化物(糖質)を摂取すると血糖値が上昇するため、インスリンが分泌されるということでした。それが脂肪のつく要因となるということなので、ダイエットをするときには血糖値の上昇を緩やかにする必要があります。

そのための簡単な方法が、食事をするときにまず野菜を食べておくことです。食物繊維には血糖値の上昇を緩やかにする働きがあります。

そのため、主食である炭水化物を食べる前に野菜を食べておくと、結果として太りにくくなるということなのです。これはなにもうどんに限ったことではないので、ぜひ覚えておいてくださいね。

・ご飯をうどんに置き換える

うどんのカロリーや炭水化物含有量は、その他の炭水化物と比べると低いということなので、例えば同量のご飯を食べるならうどんにした方が太りにくくなります。

そこで、食事の時にご飯をうどんに置き換えてみましょう。特に、讃岐うどんなどはコシが強いため、少しの量でも満足感を得ることが可能ですよ。

うどんダイエットをするときの注意点

うどんダイエットをするときの注意点としては、あたりまえですが食べ過ぎないことがあげられます。他の炭水化物よりカロリーや炭水化物含有量が少ないとはいえ、食べ過ぎてしまえば太るのはあたりまえです。

あと、関西人によく見られるのが炭水化物のダブル食いです。お好み焼きと一緒にご飯を食べるのは有名ですが、うどんと一緒におにぎりなどを食べないように気をつけましょう。

▼うどんの対といえばお蕎麦もおすすめです!ダイエット効果については以下を参考にしてください。

蕎麦ダイエットの栄養素とGI値!さっぱり美味しく!

うどんダイエットは痩せられる?その意外な効果とやり方に注目!のまとめ

うどんダイエットで美味しくダイエットしよう!

うどんダイエットのメリットについて紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。うどんダイエットはバリエーション豊かで、楽しくダイエットをしたい人におススメの方法です。ぜひ、いろいろ工夫してダイエットに臨んでみてくださいね。

関連コンテンツ