水泳


9 水泳

メリット

関節や骨に掛かる衝撃による負担がゼロ!

呼吸のリズムと習得しやすい(水の中だと酸素を吸い込めない為)

天気に左右されない(室内プールだと)

地上の騒音と無縁/音をシャットアウトできる

 

デメリット

泳げないと水泳は出来ない

水着を着て身体が露出する

 

注意点

水泳を始める前はしっかりとウォーミングアップを済ませましょう。特に身体を温めてから始める事を忘れてはいけません。水の中で行う水泳は地上で行う他の有酸化運動とは少々異なります。水中で呼吸が出来ない為、呼吸が自然と制限されるので、心肺機能を引き上げてから始める事が大切です。

 

浮力と水力でケガ防止

水泳は水の中で行うので水の浮力により身体に掛かる負荷がかなり軽減されます。ケガ明けのアスリートが水中でトレーニングを開始する理由がこれです。地上だと重力によりフルに身体に負荷が掛かりますが、水中だと同じ動作をしても身体に掛かる負荷がかなり軽減されるからです。常に地面から衝撃をうけるジョギングなどに比べ、水中で地面から受ける衝撃はゼロに等しいでしょう。また、膝の曲げ伸ばしなどにより間接に掛かる負荷も、水から受ける圧力の為に軽減されます。水圧により、関節が違った方向に捻じれるといったリスクも微妙ながら軽減されるでしょう。

 

 

泳ぐスピードと距離より時間を重視しよう

有酸素運動で脂肪を燃焼させることが狙いですので、どれだけ速く泳いだか、どれ程の距離を泳いだかは泳いだ時間程重要ではありません。どんな泳ぎ方であれ、(短い休憩をはさんだとしても)20分以上は泳ぎましょう。

 

 

ダイエットには平泳ぎがお薦め

泳ぎ方とダイエットに特別な関係性ありません。しかし、有酸素運動をより効率的に行うと言う視点で考えると平泳ぎが一番適しています。

バタフライとクロールよりも強度が低く、身体を伸ばす動きが特に重要な平泳ぎはダイエットにピッタリです。強度が高くないので無理なく長時間続けることが出来るでしょう。脂肪を燃焼させるための有酸化運動は長時間続けた方が効果的だからです。

 

 

負荷の掛け方にバリエーションを

クロール、平泳ぎ、背泳ぎにバタフライなど、泳ぎ方にも幾つかの方法があります。皆、好き嫌いがあって当然ですが、少しの割合でも良いので、違った泳ぎ方で泳ぐように意識をすると良いでしょう。

違った泳ぎ方は、違った筋肉の使い方をします。脂肪を燃焼させて筋肉の発達を促す際に、違った筋肉や違った動きを取り入れるとバランスよく身体を造り上げる事ができるでしょう。また、違った刺激を身体に与える事は身体に同じ刺激を与え続けるより効果的に体内の科学館脳を促します。

 

 

負荷を上げて脂肪の燃焼率を高めよう

ただ泳ぐだけでも、スピードの調節以外にも負荷を調整する方法があります。それは息継ぎの回数を制限して、呼吸を意識的にコントロールする事です。

基本的には沢山の酸素を吸い込んで、筋肉に提供して脂肪を燃焼させる事が有酸化運動の目的です。しかし、一時的に酸素の量を制限すると、その後の酸素の利用能力が一段と向上します。酸素の利用能力があがると、より多くの酸素を効率良く脂肪と組み合わせる事ができるようになります。ですので、脂肪の燃焼率が劇的に向上するのです。

個人での細かな計算は出来ませんが、3~5分間程、息が苦しいなと思う無酸化運動に近い状態まで負荷を上げて泳ぐ事をお薦めします。例えば息継ぎの回数を半分~3分の1に減らしてみたりすると良いでしょう。また、息を完全に止めるのではなく、吐き出すスピードをコントロールしてゆっくりと息を吐き出しましょう。キツいと感じる状態を3~5分程継続させましょう。

主に上級者向けのお薦め水泳ダイエットのテクニックですが、是非皆さんに試して頂きたいと思います。

 

 

水温によるカロリー消費

水に浸かっていると、水との温度差によって体温が失われます。その為、冷たいプールや海に入っていると寒いと感じます。体温と水温の違いが大きければ大きいほど、水は体温を奪います。すると、人間の身体は体温を上げる為に無意識に筋肉を働かせて熱を生み出そうとします。この自然に起こる身体の構造がダイエットに役立ちます。体温の低下を防ぎ、熱を生み出す為に筋肉がカロリーを消費されるからです。

何もしていなくても、冷たい水の中で動いているだけで、カロリーが消費できるわけです。この視点で考えると、水温が低いプールの方がダイエット効果が高いと言えるでしょう。

 

音をシャットアウト!

水中では地上の音がかき消され、貴方の身体が水を動かす音で満たされます。日常生活で嫌なほど耳にする地上の音から身を遠ざけて水の音に耳を傾けながら泳いでみてはどうでしょう。きっとストレスの緩和に繋がるでしょう。地上の音をシャットアウトする事で、貴方自身と純粋に向き合う事も可能になるはずです。

 

最後に

水泳は他の地上で行う有酸素運動と異なる特徴があります。賢く利用する事で貴方のダイエットライフをより充実させられるのではないでしょうか?水泳は個人競技です。水中で地上の騒音や私生活を一時的に忘れて自分と向き合う良い機会になるかもしれませんよ!

 

 

スポンサーリンク