50代ダイエット【女性】


同じ50代なのにどうしてこんなにスタイル抜群なの?と不思議に感じる方はまわりにいらっしゃいませんか?
30代から少しずつ痩せにくくなり、40代になるとどれだけ運動をしても食事をセーブしても、体型はこたえてくれずにラインは崩れていくばかり……50代になると、いよいよ何をしても反応しなくなってしまった!でも周りには「どうして?」と首をかしげてしまうほどの抜群のプロポーションを持つ女性がいたり、巷では「美魔女」なんて言葉が浸透するほど、年齢を感じさせない美しいプロポーションを保っている方が増えてきました。
50代になると女性ホルモンの減少と共に、どうしても痩せにくい体質へと変化していきます。けれど決して諦めることはありません!正しい知識と運動、食事方法を改善していくことで、必ず目標としているスタイルへとボディメイクできますよ。
まずは50代のカラダのメカニズムを知り、日々の食事や運動方法を変化させていきましょう。

【50代のカラダって?】
成長ホルモンや「痩せホルモン」である女性ホルモンの衰え、また筋力が衰えてしまう50代のカラダ。ですから若いころと同じような食生活を続けていると、次第に脂肪を蓄え、体重は徐々に増加してしまいます。
例えば毎日の食事。忙しさからついつい毎日炒め物で済ましていませんか?お子様の食事スタイルを考えて、炭水化物たっぷりの丼物やパスタなどがメインとなり、自然と野菜を摂らなくなってしまったり……そんな日々の積み重ねが栄養過多となり、脂肪を蓄えていきます。
また、筋力の衰えによって、普段あまり筋トレをしていない方の場合は、何もせずにカロリーを消化してくれる基礎代謝が徐々に減っていきます。
こうした些細な要素が重なり、50代の女性のカラダは少しずつ肥満へと進行していくのです。

【今持っている筋肉を維持しよう!】
では、現在持っている基礎代謝を将来的にも維持していくにはどのようにすればいいでしょう?答えはカンタン!現在あなたが持っている筋肉を維持すればいいのです!
将来的にジワジワと減り続ける筋肉を、50代の今からしっかり確保しましょう!そのためには「無酸素運動」と呼ばれるトレーニングが不可欠。腹筋などの無酸素運動を毎日取り入れ、無理のない範囲で筋トレを続けることが一番の近道です。

【バランスの取れた食事スタイルを】
50代のダイエットに不可欠なことは、食事そのものの量を減らすことよりも、その食事の内容を見直してみることが一番。
今流行中の糖質制限ダイエットは、手っ取り早く体重を落とすことができますが、三食全ての炭水化物をカットすることはバランス面であまりオススメできません。血糖値が低くなることで脳の活動が低下し、イライラしたり頭がボンヤリしてしまうこともあります。
ですから、活動時間の短い夜は炭水化物を抜いてみるのはいかがでしょうか?加えて筋肉を作るために必要不可欠なタンパク質はしっかり摂取!肉や魚などの動物性タンパク質は豆腐などの植物性タンパク質よりもより確実に筋肉を作りますので、積極的に摂りましょう。

【食べ順を意識して、血糖値を上げにくくする食事法】
血糖値が急激に上がるとインスリンが大量に分泌されます。インスリンによって分解された糖分はエネルギーに変わらなければ脂肪として蓄積されてしまいます。このメカニズムこそが肥満の元!ですので毎日「食べ順」を意識して、太りにくい食べ方をしていきましょう。
その方法とは、1:野菜やこんにゃく等の繊維質 2:植物性タンパク質 3:動物性タンパク質 4:炭水化物 の順番で食べ進めること。
最初に野菜などの繊維質を摂取することで血糖値が上がりにくくなり、太りにくい食事スタイルになります。

【50代のトレーニングは身体としっかり向き合って!】
先ほども述べたように、50代のダイエットの肝となるのは、今持っている筋肉をしっかりキープすること。無酸素運動が要となりますが、身体に負担がかからない軽めの運動を行うことが大切です。
とはいえジムで重たいウエイトを上げ下げしてのハードなトレーニングや、キツい腹筋や背筋などは、体力が衰え始めてきている50代の身体には負担がかかりますよね。それに、どうしても億劫になってしまいがち……急激にハードなトレーニングをしてしまうと、膝や腰などを痛めてしまう原因にもなりかねません。
そこでオススメなのが、プールで水中ウォーキングから始めてみるのはいかがでしょう?水中では浮力が発生しますので、腰や膝などに負担が軽く、また水中で適度な負荷がかかることで筋力トレーニングにはバッチリ!ウォーキングをすることで有酸素運動の効果も同時に得られます。
加えて、毎日のトレーニングに、自重を使ったスクワットをしてみるのも効果的です。両足を肩より広く開き、椅子に座るイメージでゆっくりとしゃがみ、元に戻ります。なるべく膝が前に出ないように気をつけましょう。これを1セットとし、1日10セット続けてみましょう。
毎日コツコツと続けることで必ず効果が現れますよ!

スポンサーリンク