30代ダイエット【女性】


20代の頃は、ちょっと太ったかな?と思ったら数日間食事の量を加減すればすぐに体重を戻せたのに、30代になってからはそうもいかなくなってきた……なんて感じたことはありませんか?また、20代の頃よりも食べる量は減っているのに、なぜかお腹まわりにお肉がつくようになった気がする……それは気のせいではありません!女性の新陳代謝は30代をピークに下降線をたどり、次第に衰えてゆくのです。
ですから20代の頃と同じように好きなだけ飲み食いをしていては、どんどん脂肪を蓄えてしまい、たるんだ体型へとまっしぐら……まだまだオシャレも楽しみたい年齢ですから、これではいけませんよね。
それでは、30代の女性が気をつけたいダイエット方法と、毎日にちょっと役立つボディメイクのコツをご紹介していきましょう!

【基礎代謝をアップさせるための毎日のお役立ちテクニック】
年齢と共に少しずつ減っていってしまう基礎代謝。これは人間の代謝の7割を占めており、何もしなくても自然と消費されるカロリーのことを指します。30代女性の平均的な基礎代謝量は約1170キロカロリーで、20代の頃と比べると約40キロカロリーほど少ない量です。この量が、年々少しずつ減っていくというわけです。
ではこの基礎代謝量を増やすためには、どのようにすれば良いでしょうか?様々な方法がありますが、一番効果的な方法は、やはり筋肉をつけて基礎代謝量を上げること。それには日々の筋トレがもっとも最短の近道となりますが、毎日仕事をしているOLさんはもちろん、お子様がいらっしゃる主婦の方など、30代の女性はなかなか時間を取ることは難しいですよね。
では、毎日30秒だけぜひ行っていただきたい「プランク」という体幹を鍛えるトレーニングを後消化しましょう。
まず床に寝そべり、両肘をつきます。
次に、腕立て伏せの両肘をついた体制になります。かかとから頭まで一直線になるように意識をし、お尻を上げすぎたり肩に力を入れすぎないように注意しましょう。
この姿勢で30秒キープ。続けられるようでしたら2セット、3セットと繰り返してみましょう。
インナーマッスルを鍛えるこのトレーニングは、たった30秒でみるみるうちに効果が現れる嬉しいトレーニングです。
短い時間で効果が期待できますから、忙しい30代の女性にはぴったりですよね。ぜひ毎日続けてみてください。

【日常の「ちょこっと運動」で運動貯金を貯めよう!】
毎日いろんな用事があってなかなか時間の取れない30代女性ですが、毎日少しずつでも運動量を貯められるように「ちょこっと運動」をするクセをつけていきましょう。
まずは通勤時。早めに起きて1駅ぶん歩いたり、逆に帰宅時は手前の駅で降りて歩く……というのは非常に効果的ですが、朝は1分でも長く寝ていたいし、帰りは一秒でも早く帰って休みたい!というのが心情ですよね。
では、早寝早起きをせずに、普段の日常で運動を取り入れてみてはいかがでしょうか?たとえば出社時は「絶対にエレベーター、エスカレーターを使わない!」というルールを設けてみるのはとても効果バツグン!通勤時の電車の乗り継ぎはもちろん、社内でもエレベーターを使わずに階段を使ってみたり、ランチへ行くときにもエスカレーターは使用禁止……となると、結構な運動量が稼げると思いませんか?
たった2、3分の運動時間かもしれませんが、1日トータルで考えると、とても長い時間が稼げると思います。
少しずつ運動をするクセをつけて、コツコツ運動貯金を貯めてみましょう!

【朝食>昼食>夕食の黄金比で食事スタイルを見直そう】
忙しい30代の女性は少しでも長く寝ていたいし、夜は女子会や会社の付き合いの飲み会もあったり……どうしても食生活が不規則になりがちですよね。
もちろん付き合いも大切!ですからそういった時はとことん楽しんで、何の予定もない日はなるべく以下の黄金比で食事をとることが非常に効果的です。

〈朝食>昼食>夕食〉

朝食はたっぷり。和食スタイルで炭水化物、タンパク質、野菜をしっかりバランス良く摂りましょう。
昼食は少し軽めに。炭水化物は軽めにして、やはりタンパク質と野菜をお忘れなく。
夕食は軽く摂りましょう。そもそも夜は動かないわけですから、メカニズムで考えると食事を摂る必要はないのです。ですからお腹が空いていない方は思い切ってスープのみで軽く済ませるのはとても効果的です。
できれば炭水化物は抜いて、消化の良い卵などのタンパク質と、暖かい野菜たっぷりのスープなどで軽く済ませましょう。
なるべく夜9時までに食事を済ませて、胃の働きを休ませることも大切ですよ。
全ての食事を冷たいものではなく、暖かい食事で摂るということも、代謝を上げる大事な要素のひとつです。
体温を上げることは新陳代謝を活発にさせますから、食事はもちろん、飲み物も冷えたものは控えて、暖かいお茶や常温の水などをたっぷりとるようにしてみてください。

スポンサーリンク