10代ダイエット【女性】


今の時代は10代の女の子もダイエットをするのが当たり前の時代になってきました。けれど成長過程にある10代の女性が無理なダイエットをしてしまうのは困りもの。新陳代謝が活発ですので痩せやすい体質であり、努力をすればすぐに結果につながりますが、過剰に頑張りすぎてしまうとすぐに体調を崩してしまい、不健康な痩せ方をしてしまいます。
また、身体に負担がかかりやすいハードなトレーニングや食事療法で短期間で痩せようとするのも健康を害する危険性がありますので、非常に危険です。
その一方、正しいダイエット方法を身に付けて、若いうちから痩せやすい体質づくりをしておけば、将来的にもプロポーションを維持しやすい「痩せ体質」になれるのです!
まずは、10代の女の子がダイエットをするにあたって知っておきたい基礎知識と、そんな10代の女性にとってオススメのダイエット方法をお話しましょう。

【まずは知っておきたい、10代のカラダのこと】
10代の女の子の身体は、まだまだ発展途上の状態。未成年の10代のうちの身体は未完成なままなのです。ですから、この時期に多少ぽっちゃりしていても、あまり気にすることはありません……とは言っても思春期の女性にとって、スタイルは死活問題!せっかくの青春を満喫するためには、少しでもベストなプロポーションになって、思いっきり好きなファッションを楽しみたいですよね。
ですから、今の自分にとって大切なことは何なのかをしっかりと覚えておきましょう。たったひとつのアドバイスは「やりすぎない」ということ。
10代の身体は非常に不安定ですから、あらゆる事柄に対して非常に敏感に反応します。食事制限をすれば1〜2キロでしたらほんの2、3日程度でストンと落とすことができるでしょう。運動をすればその効果もすぐに現れやすいですし、新陳代謝が良いので、少し頑張ればすぐに理想のスタイルを実現できるかもしれません。
でも、だからといって「短時間ですぐに効果を目指す」というのは、10代の身体にとって非常に危険なのです!まだ若いからこそ、多少ハードに頑張ることもできてしまうからこそ、短時間で効果を出そうとは考えずに、半年から1年くらいを目標に、少しずつ理想のプロポーションを目指してみてくださいね。

【「○○だけダイエット」は絶対にNGです!】
こちらも、上でお話ししたことと似てきますが、10代の発展途上の身体を育てるためにはあらゆる食品の力を借りなくてはいけません。
野菜やたんぱく質はもちろん、脳を機能的に働かせるために炭水化物もしっかりととらなければなりません。ダイエットと考えると真っ先に思いつくのは炭水化物を一切カットすることですが、そうすることで、授業中に眠たくなってはいけませんよね。
例えば一時期ブームとなった「りんごダイエット」「キャベツダイエット」などの、限定された一品のみを数日間に渡って食べ続けるダイエットというのは、短時間でそれなりの効果は期待できるかもしれませんが、とても身体によくありません。
しかも、今後の身体づくりにとっても非常に悪影響を及ぼす可能性があります。絶対に避けましょう。

【オススメしたいのは、一生続けられるダイエット】
「夏に友達と海に行くから、水着を着るために5kg痩せたい」と考えたとしましょう。あなたはいったいどんなダイエットを行いますか?例えば先述したように、夏が来るまでの数ヶ月間、一切炭水化物をカットしてみようと考えます。けれど、ちょっと待って!炭水化物を一切カットすればもちろん体重は減ります。けれど、目標体重を達成した後も、ずっと炭水化物を避け続けられるでしょうか?
10代の方にオススメしたいのは「一生続けられる方法でダイエットをする」ということです。偏った食事制限やハードなトレーニングをすることなく、無理のない範囲で食事を見直したり、運動を続けていくことが大切です。
例えば放課後に友達とドーナツショップへ行った時、普段は2個頼んでいるドーナツを1個に減らしてみる。甘いフラペチーノをやめてブラックコーヒーやノンシュガーの紅茶にしてみる。これでしたら、一生続けられますよね。運動も同様に、毎朝30分のジョギングを続けてみたり、毎日が難しかったら日曜日だけしっかり走ってみたり……毎日腹筋を50回行う!というのも良いですね。
10代の身体はちょっとしたことでもコツコツ積み重ねることによってみるみるうちに変化が現れます!ダイエットを「生活改善」と意識を変えて、長く楽しみながらダイエットと向き合ってみてはいかがでしょうか?

【思い切って体育会系の部活に入部してみよう!】
ダイエットは長く続けることが一番大切。でも自発的に運動をするって意外と大変……そこでオススメなのが、運動系の部活に入部してみることです!最初は苦手意識があったとしても、10代のうちに培った身体能力は将来の宝物になりますよ!

いかがでしたか?無理なく楽しめる範囲でダイエットを行うことがポイントです♪

スポンサーリンク