痩せる食べ方


<痩せる食べ方>

食べ方を工夫するだけで痩せられるなんて、とても簡単に感じられます。
即効性があるわけではありませんが、継続すると必ず効果は出てきます。
今日からでも始められる、効果的なダイエットをご紹介します。

● よく噛んで食べる

誰もがご存知かも知れない、よく噛むという食べ方は、わかっているけれどなかなか実行できない行動です。
やり方としては、食事をする時のその一口を、30回以上噛むようにします。
よく噛むことで、満腹中枢が刺激され、食べる量をいつもよりも減らすことが出来るのです。

なぜ、なかなか実行できないかというと、食べる時の幸せな気持ちが大きく、よく噛むことを忘れてしまうからだと思うのです。
噛むと疲れる、時間が無い、という人もいるでしょう。
しかし、ダイエットを考えた時に、一番実行しやすく、お金もかからない効果的なやり方だと思います。

では、どうしたら行動にうつせるのか?
食べる時間は15~20分と決めたうえで、食事の時間を作ります。
食べたいものは食べられるという、嬉しいダイエット方法です。
実践するときは、時間を無駄にしないように、よく噛むことを忘れないようにします。
どうしても忘れるという時は、食事の席に「よく噛む」というメモを置くようにします。

目の前に時計を置き、「よく噛む」のメモを置き、約20分間よく噛んで食べます。
即効性はないダイエットかもしれませんが、継続できると効果は見えてくるでしょう。

● 時間を決める

一日3食を食べることは、体にとってとても大切です。
だいたい同じ時間に食事をしていると、体は飢えた状態になることもなく、スムーズに消化吸収していきます。
飢えた状態が続いたりすると、逆に体に蓄えようとするので、痩せにくくなると言われています。

また、夜は早めの食事をおすすめします。
胃の中のものが消化されている状態で寝ると、睡眠中に余計に体に蓄えることが無いので太る心配がないのです。
ある程度は時間を決めるようにして、毎日の食事を心がけると、ダイエットにも効果的といえるのです。

● いろいろな食材を食べるようにする

いろいろな食材を食べると、その食材に含まれる様々な栄養分を吸収できます。
体内の様々な臓器が必要とする、たくさんの栄養分が、1日の食事でとれるとすると、体は栄養分が満たされるので体の中から健康的になります。
全ての栄養分を摂るのは難しいかもしれません。
しかし、意識していると、少しずつでも摂る栄養分の種類は増えてくるはずなのです。
内臓が元気になり、基礎代謝も上がりやすくなるので、ダイエットには効果的といえるでしょう。

● 胃の中のものが消化された状態で寝る

時間を決める事でも紹介しましたが、夕食は早めに済ませてしまうのがおすすめです。
出来れば6時くらいでしょうか。
ちょっと早めに感じるかもしれませんが、6時以降何も食べないようにし、10時ころに布団に入ることが出来れば理想的です。
美容的にも、健康的にも効果があるでしょう。
寝る時になってお腹が空いてくることもあるかもしれませんが、寝てしまうと我慢できるものです。
朝も気持ち良く起きられるでしょう。

● まとめ

ダイエットを考えた時、食べたいものをたくさん食べたいのを我慢しなければいけません。
とても辛く過酷な事に感じますが、食べ方を工夫することになれてしまうと、案外簡単に痩せられるかもしれません。
お金もかからず、時間も取られることが無いので実行しやすいと思います。

夜にお食事の約束をしていたり、飲み会などがある時は、考えすぎないで美味しいものを食べましょう。
食事の次の日からは、また気を付ければいいのです。

欲を言うと、痩せる食べ方を実行しながら、少し運動を取り入れると、より効果的かもしれません。
ジムに通ったり、ウォーキングを始めたという人は、このやり方も取り入れてみると、相乗効果でさらに痩せる事でしょう。

スポンサーリンク