短期集中ダイエットのやり方と注意点!期間別のおすすめダイエット法とは?


短期集中ダイエットのやり方と注意点!期間別のおすすめダイエット法とは?

 

「夏まであと1週間しかないけどもうちょっと痩せたい!」とか「結婚式まであと1ヶ月しかないけどドレスをワンサイズ下げたい!」なんてことありますよね。今回の記事では、そんな時におススメのダイエット法と、その注意点を紹介したいと思います。

 

短期集中ダイエットその1・3日でおこなう場合

 

短期集中ダイエットの中でも、もっとも短期間でおこなうダイエットが3日間でおこなわれるプチ断食です。では、どのようにおこなうとよいのでしょうか。

 

・プチ断食のやり方

 

プチ断食のやり方は、3日間に分けて食事の仕方を変更していきます。1日目はまずは準備段階。実際の断食に備えて、徐々に体を断食モードにしていきます。

 

1日目の朝ごはんは通常通り食べますが、昼ごはんはいつもの8割程度、晩ご飯はいつもの半分程度の量に減らします。また、野菜を中心とした食事にし、炭水化物を減らすのも効果的です。

 

2日目はいよいよ断食の開始です。とは言うものの、1日に最低限必要なエネルギーは確保する必要があるため、朝ごはんの代わりにリンゴなどを食べておくとよいでしょう。断食期間中は基本的に水や無糖のお茶など、水分のみを摂取して過ごすようにします。

 

3日目は回復期に充てます。せっかくプチ断食をしたのに、いきなり元の量の食事をしてしまっては、プチ断食の効果が台無しになってしまいます。

 

というのも、プチ断食をしている間というのは、体内のエネルギーが不足している状態なので、プチ断食の食事から栄養素を吸収しやすくなっているからです。

 

そのため、3日目の朝ごはんはおかゆなど消化によい食べ物を少量だけ摂るようにしましょう。昼ご飯はいつもの半分程度、晩ご飯はいつもの8割程度の量にとどめておくとよいでしょう。

 

回復期の食事も、炭水化物をなるべく減らして野菜を中心とした食事にすると、よりダイエット効果が得られます。

 

・プチ断食のメリット

 

プチ断食のメリットは、3日間という短期間でおこなうので、モチベーションを切らすことなく完遂できるという点です。

 

・プチ断食のデメリット

 

プチ断食のデメリットは、やはり3日という短期間であるため、それほど大幅な体重減は望めないという点です。体重を減らすというよりは、食べ方を見直すダイエットと考えるのもよいかもしれません。

 

短期集中ダイエットその2・1週間でおこなう場合

 

短期集中ダイエットをおこなう場合に、1週間という期間がある場合には、どのようなダイエット法があるでしょうか。

 

・医療機関でのダイエット

 

最近は、医療機関でも断食を食餌療法(食事療法)の一つとして採用しているところがあります。医師や管理栄養士といった専門家によっておこなわれるため、信頼度が高いというメリットがあります。だいたい1週間程度の期間をかけておこなうことが多いようです。

 

・医療機関でおこなわれる断食療法の概要

 

医療機関で断食療法をおこなう場合には、一般的には入院をしておこなわれることとなります。プチ断食の場合と同様、準備期間、実際の断食期間、回復期間といった具合に進行していきます。

 

・メリット

 

医療機関でおこなわれる断食療法のメリットは、なんと言っても医師や管理栄養士といった専門家が見てくれるということでしょう。

 

食事制限によるダイエットはいろいろありますが、素人が自己判断でおこなうと健康を害したり、リバウンドをしてしまったりとリスクが高いものです。

 

その点、医療機関でおこなわれる断食療法の場合は専門家による指導や診察があるので、体調を見極めながらダイエットを安全におこなうことが可能となっています。

 

・デメリット

 

医療機関でおこなわれる断食療法のデメリットは、その期間にあります。仕事をしたり学校に通っていたりする場合、1週間の休みを捻出する必要が出てきます。

 

短期集中ダイエットその3・10日間でおこなう場合

 

短期集中ダイエットに充てる期間が10日間ある場合には、あのビヨンセが9kgも痩せたというレモネードダイエットという方法があります。

 

・レモネードダイエットとは?

 

レモネードダイエットは、マスタークレンズダイエットといわれるものの一種で、短期間で痩せる必要のあるときなどに行われるダイエット法です。

 

あのビヨンセが10日間でなんと9kgも痩せたことから、ハリウッドモデルやセレブなどの間でも人気のダイエット法となっています。

 

・レモネードダイエットの準備

 

レモネードダイエットをおこなう際にも、プチ断食や断食療法と同じく準備期間を設けてから実際のダイエット期間に入り、そして回復期を設けるといった流れになります。

 

レモネードダイエットをおこなう前の準備としては、レモネードダイエットを始める1週間から10日前ころから、魚肉などを控えて野菜や果中心の食生活にしておくといったことがあげられています。

 

また、実際のダイエット期間に入る前に「ソルト・ウォーター・バッシング」といわれる塩水洗浄をおこないます。簡単にいうと、塩の入った水を大量に飲むだけです。

 

ソルト・ウォーター・バッシングとは、1リットルのお水に10gの塩を溶かしたものを20分以内で飲みきることによって、あらかじめ身体のデトックスをおこなうことを言います。

 

・レモネードダイエットのやり方

 

レモネードダイエットのやり方はとても簡単で、ダイエット期間中はミネラルウォーターや蒸留水300mlにつき、レモンの搾り汁とメイプルシロップを大匙2杯ずつ入れたものを飲んで過ごすだけです。

 

メイプルシロップは栄養価が高いので、必要最低限度の栄養を確保することが可能となっているようです。

 

・レモネードダイエットの回復期

 

レモネードダイエットが終わった後は、プチ断食や断食療法の場合と同じく、徐々に食事量を戻していくことが重要となります。

 

レモネードダイエットを終えてから2日ほど、水で薄めたオレンジジュースを朝と昼の2回飲むようにしましょう。おなかが空いたらいくら飲んでも構いません。

 

また、晩ご飯は野菜スープを摂るようにして、炭水化物を摂取しないようにします。レモネードダイエットを終えた後も、体内のエネルギーが不足しているため、炭水化物を摂るとリバウンドの危険性が高まります。

 

・レモネードダイエットのメリット

 

レモネードダイエットのメリットは、ビヨンセの例でもわかるとおり、短期間でかなりのダイエット効果が望めるということです。

 

・レモネードダイエットのデメリット

 

レモネードダイエットのデメリットは、食べるのが大好きな人にとっては辛いという点でしょう。

 

短期集中ダイエットその4・1ヶ月でおこなう場合

 

短期集中ダイエットをおこなう場合で、1ヶ月の期日があるという場合にはスクワットダイエットがおススメです。

 

・スクワットダイエットのやり方

 

初日に50回、2日目に55回、3日目に60回といったふうに5回ずつ増やして1日休む、この4日間をワンセットと捉えます。

 

次の4日間は、前の4日間の初日の回数に20回プラスします。つまり、5日目は70回、6日目は75回、7日目は80回、そして8日目は休みとなります。

 

・スクワットダイエットのメリット

 

スクワットチャレンジはアメリカで爆発的に流行したダイエット法で、ときにヒップアップはウェストの引き締め効果の高さから、若い女性を中心に人気のダイエット法となっています。

 

スクワットダイエットのデメリット

 

スクワットダイエットのデメリットは、短期的には体重がそれほど減らないということです。体重よりも体型を改善すると捉えるとよいでしょう。

 

ただし、スクワットダイエットによって筋力がアップすると、代謝が上昇することによって痩せ体質をえることができます。長い目で見るとおすすめのダイエット法ですよ。

 

短期集中ダイエットは体調のよい時にしよう!

 

短期集中ダイエットについて見てきましたが、いかがだったでしょうか。いずれのダイエット法も効果がありますが、必ず体長のよい時におこなうようにして下さいね。ダイエットで体調を崩していては本末転倒ですから。

スポンサーリンク