筋トレを習慣化するための2つの方法


筋トレを習慣化するための2つの方法

 

・毎日できるお手頃感がないと筋トレは続かない

 

筋トレというと、ダンベルやバーベルなどの機械を使って、トレーナーがついてキツイトレーニングをするようなものをイメージしますよね?

 

これから暖かい季節になると、心機一転でジムに登録したり、ジョギングをスタートしてみたり、色々と体を鍛えようとする人が増えてくると思います。

 

しかし、そういう方の多くが、おそらく筋トレ挫折を何回も経験しているのではないでしょうか?

 

え?どうしてわかるのかって?

 

何を隠そう、僕もその1人だからです。

僕はこれまで、毎年のように新年を迎える度に目標に掲げていたことがあります。

 

・今年は痩せよう

・今年はトレーニングしよう

・今年は鍛えよう

 

言葉は変われど、毎年同じような目標を掲げていました。

ということはどういうことかというと、つまり毎年目標を達成できていないということですよね(笑)

 

最初はやるんですよ、最初は。

ジャージ着て走ってみたり、ジムに登録してみたり、腕立て・腹筋・背筋をやってみたり・・・。

だけど、どうしても続かないんです。

 

そこで、続かない理由を自分なりに考えてみた結果、一つの答えにたどり着きました。

 

それは・・・

 

 

 

継続できないこと!

 

だったのです。

なに当たり前のこと言ってるの?と思いますよね?

まあ、聞いてください。

 

どういう意味かといいますと、例えばジョギングの場合、毎日何があっても継続できると思いますか?

 

自分で決めたことなら継続するべき!とおっしゃる方もいらっしゃると思います。

しかし、人はそこまで強い生き物ではありません。大多数の人が、やりたくない事をやっているときって、「やらなくて良い理由」を常に探しているのです。

 

ジョギングだったら、「雨が降ったから」という理由で、雨の日は休むことができますよね?

習慣化できるまえに1回でも口実を作って休んでしまうと、もうダメです。

今度は「どこどこが痛いから」とか始まり、最終的には「気分がのらないから」とかでも休み始めます。

そして知らない内にジョギングをするということを、しなくなるのです。

 

これ、全部僕の話です(笑)

 

トレーニングが続かない意味、あなたにも当てはまりませんか?

 

・雨が降っても槍が降っても続けられるものを選ぶ

みんな、最初はやりたいんです。

だけど、1度やってみると、辛かったり面倒だったりで辞めたくなります。

 

学校とか仕事とかも同じ理由で行きたくない時ってあると思いますが、生活がかかっていたり卒業がかかっているから、ほとんどの人は仕方なく学校や会社に向かうのです。

 

トレーニングもこれと一緒で、続けられるようにするには、ある程度のルールが必要になります。

 

例えば1日サボったら罰金10000円とか自分ルールを決めることも方法の一つです。

しかし、一番大切なのは「言い訳ができないくらい毎日続けられる環境にする」ということです

 

ジョギングだったら、ルームランナーを購入してしまう。

そうすることで、「雨が降ったら走れない」という言い訳ができなくなります。

 

基本的に、潰す言い訳は最初の1つだけで十分です。

そこを潰してしまえば、その後の言い訳は繋がらないので。

 

僕の場合、言い訳は「時間がないから」というものでした。

これも、継続できない理由トップ10くらいに入りそうですが、そういう言い訳をできなくするには、徹底的に時間のかからないトレーニングからスタートしましょう。

 

僕の場合、1日3分からできる筋トレを朝起きたらやる事にしました。

3分早く起きるのではなく、起きたらすぐ3分トレーニングをやることで、習慣化するように心がけました。

おそらく、こういう理由で続かない人は多いと思うので、最後に3分トレーニング方法を教えますね。

 

・継続できたら効果が出る。そうすると楽しくなる

習慣化するまでの期間は、人それぞれだと思いますが、筋トレやダイエットなどの身体の慣れが必要な行動は3ヶ月間と言われています。

 

つまり、3ヶ月間、とにかく簡単で時間のかからないトレーニングを続けましょう。

そうすることで習慣化に繋がります。

つまり、「いやいややる」状態から「やらないと気持ち悪い」という状態になるわけですね。

この方法は、毎日同じ時間にやるようにするとより効果的です。

 

そして筋トレの場合、3ヶ月間続けると確実に効果が出てきます。

胸板が厚くなったり、腹筋が割れてきたり。

そうなると、今度は「楽しくなる」という状態になります。

 

ここまでくれば、あとはより負荷の高いトレーニングを導入しても大丈夫です。

ぜひ試してみてください。

 

・タオルを使った3分トレーニング

用意するもの:タオル

 

まずは腕立て伏せを行います。

10回で良いので頑張りましょう。

次は、うつ伏せになり、用意したタオルを両手で持ち、地面に手をつけないように頭の方へ惹きつけます。

これを10回行います。

次はタオルを起き、膝をついての腕立て伏せ。これも10回行います。

最後は、もう一度タオルを使ったトレーニング。10回行って終了です。

 

 

簡単ですよね?僕の場合は、これを朝7時と夜21時に行うようにしました。

3ヶ月でも十分続けられるので、習慣化を目指す人はぜひ試してみてください。

スポンサーリンク