プチ断食で週末ダイエット!正しいやり方でデトックス効果も?


プチ断食で週末ダイエット!正しいやり方でデトックス効果も?

 

「ダイエットの方法としてもはやメジャーになった感もあるプチ断食。週末を利用することで、仕事に影響を及ぼさないのも嬉しいポイントです。今回はそんなプチ断食のやり方と、デトックス効果などについて見ていきたいと思います。

 

プチ断食って何?

 

断食といえばご飯を食べないことで、叡山の修行僧が千日回峰行のときにおこなったりしますよね。修行が終わると足が立たなくなるほど過酷な苦行として知られていますが、ではプチ断食とはどのようなものを言うのでしょうか。

 

・3日間でおこなうダイエット法

 

プチ断食のやり方はいろいろありますが、もっともオーソドックスな方法として知られているのは、3日間食べる量や食べるものをコントロールすることでダイエットする方法です。

 

・完全に飲食を絶つわけではない

 

食べなければ痩せるのはあたり前ですが、必要な栄養素まで絶ってしまうと、それは痩せるのではなくやつれつという結果になってしまいます。プチ断食は単に食を断つことではなく、ちょっとした工夫がミソとなっています。

 

プチ断食をすることの効果

 

断食というとお寺に行って座禅を組んでといったイメージをする方もいらっしゃるかも知れませんが、プチ断食はもっと手軽にチャレンジできるダイエット法です。では、プチ断食をおこなうことによって、どのような効果が得られるのでしょうか。

 

・減量効果

 

プチダイエットをおこなう方の目的の大半が、体重を落とすことだと思います。どうしても短期間で痩せなければいけない方など、体調を崩さずに体重を減らす手段として用いられることが多いようです。

 

プチ断食のやり方は後ほど詳しく解説しますが、要点を言うと3日間のうち2日目を断食期間に充てることがカギとなっています。

 

当然ながら、普段よりも食事の量が減るわけで、その分だけ減量効果が期待できるというわけです。ただ、プチ断食のやり方も様々なので、どれくらいの減量が可能かについては、プチ断食の方法次第となります。

 

・デトックス効果

 

プチ断食の効果としてよくあげられているのがデトックス効果です。デトックスとは、身体の中にたまった不要なものを体外に排出することを言います。

 

よくいわれるのは、プチ断食をしたら宿便がどっさり出て、おなかがとてもスッキリしたということです。ただ、これに関しては出たという人もいれば出なかったという人もいます。

 

そもそもが、宿便といわれるものの存在自体が、医学的には疑問視されています。なぜなら、腸壁は常に粘膜で覆われているため、便がこびりつくことは考えにくいからです。

 

ではプチ断食にはデトックス効果がないのかというとそんなことはなくて、食事の量を減らすことによって、胃腸にかかる負担を減少させることができます。それによって内臓の機能が高まり、代謝機能が向上することが期待できるのです。

 

・腸の働きがよくなる

 

私たちの身体にとって、腸の果たしている役割はとても大きいです。腸内には無数の細菌が存在しており、それが腸内フローラと呼ばれる環境を構成しています。

 

腸内に存在している細菌の数やそのバランスは人によって異なっており、それが痩せやすい体質につながったり、逆にやせにくい体質につながったりするといわれています。

 

また、腸は脳の指令とは独立して働いているという説もあり、体内に異物が侵入した際など、脳からの指令を待たず、その排除をおこなってくれているということです。

 

ベストセラーである「病気にならない生き方」の著者であり、医師でもある新谷弘美先生はその著書の中で「腸相」という言葉を用いています。

 

人相や手相と同じように、人間には腸相といわれるものがあり、病気になる人は決まって腸相が悪いということです。そして、悪い腸相は悪い食習慣からもたらされていると説きます。

 

プチ断食をおこなうことは、胃や腸にかかる負担を減らし、普段から疲れている内臓諸器官を休ませることができます。それによって腸の働きが活性化し、腸相がよくなることも期待できるということなのです。

 

プチ断食のやりかた

 

それでは次に、プチ断食のやり方について紹介していきたいと思います。やり方はいろいろあるようですが、ここではもっとももオーソドックスな、週末の3日間を利用してできるプチ断食について解説していきます。

 

・準備段階

 

プチ断食はいきなり食を絶つダイエット法ではありません。初日はまず準備段階として、朝ごはんと昼ご飯の量をいつもの8割程度にとどめておきます。

 

夕食は睡眠の3時間前までに、いつもの量の半分程度で済ませておきます。段階的に食事の量を減らすことによって、脳に飢餓感を与えずにダイエットに臨むことが可能となります。ちなみに、プチ断食期間中のアルコールは控えるようにしてくださいね。

 

・プチ断食開始

 

プチ断食2日目の朝は、生姜入りの紅茶や手搾りのスムージーなどを摂り、その後は水だけで生活します。

 

・回復期

 

プチ断食の3日目は回復期に充てます。いきなり通常の食事を摂ると胃腸がびっくりしてしまうので、3日目の朝はおかゆなど消化によいものから始めましょう。お昼ご飯や晩ご飯も、通常の半分程度の食事量にしましょう。

 

プチ断食の要点!

 

プチ断食のやり方について説明しましたが、どのような感想を持たれたでしょうか。「そんなの、1日水だけで過ごしていたら、痩せるのはあたり前じゃないか」と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

・ダイエット=痩せることではない

 

プチ断食に限ったことではありませんが、そもそもダイエットとは単に体重を減らすことを目的としている訳ではありません。ダイエットの本来の意味は「美容と健康のために食事の量や質をコントロールすること」とされています。

 

つまり、ダイエット=痩せるということではないのです。極端な例ですが、ガリガリに痩せている人がダイエットをすれば、理想体重に近づく=太ることになるわけです。

 

・目的は体質の改善

 

ダイエットの最大の目的は、不健康な食習慣を見直すことによって、体質を改善することにあります。プチダイエットをしていると、普段いかに食べすぎているのかが分かることでしょう。

 

ダイエット期間を終えると、胃腸の働きが改善されているので、以前と同じように食事をしても消化・

吸収効果がアップすることが期待できますが、そのうちに効果は薄れてきます。

 

そのため、プチ断食をきっかけとして食習慣を見直すことが重要となります。それによって、太りやすかった体質を痩せやすい体質に変えることが可能なのです

 

つまり、プチ断食は単に体重を減らすことを目的としているのではなく、普段からの食習慣を見直すことによって、身体の機能を向上させ、痩せやすい体質にすることが目的なのです。

 

プチ断食の注意点!

 

プチ断食は短期間でダイエット効果の得られる優れた方法ですが、急に食事を絶つことによって人によってはフラフラしてしまったり、集中力が低下してしまったりすることもあるでしょう。そのため、プチ断食期間中は運動を控えるようにしましょう、

 

また、プチ断食期間中を通して水分を多く摂るため、トイレが近くなることがよくあります。プチ断食期間中はなるべく外出を控え、いつでもトイレに行けるようにしておきましょう。

 

プチ断食は普段食べすぎている人向けです!

 

ダイエット法にはいろいろありますが、基本的にプチ断食は普段から食べすぎや飲みすぎで胃腸に負担をかけている人向けのダイエット法です。実際にやってみて体調が悪くなるような方は、ほかのダイエット法を検討してみてくださいね。

スポンサーリンク