ストレッチダイエットって効果あるの?ダイエットや代謝の意味を知ろう!


ストレッチダイエットって効果あるの?ダイエットや代謝の意味を知ろう!

 

ダイエット法にはいろいろありますが、ストレッチをおこなうことで痩せられるといわれることもあります。はたして、ストレッチにはダイエット効果はあるのでしょうか。また、ダイエットや代謝とはどのようなことを言うのでしょうか。今回はストレッチのダイエット効果や、効率よくダイエットをするための基礎知識もあわせて紹介します。

 

ストレッチダイエットってなに?

 

ストレッチダイエットは、一般的にはストレッチをおこなうことで局所の引き締め効果を引き出したり、体重を減らしたりすることを目的としたダイエット法のことを指す場合が多いようです。

 

ストレッチダイエットで痩せられるという根拠は?

 

ストレッチダイエットをおこなうことで痩せられるという記事を見かけたことがある人も多いことと思います。そして、その場合の根拠となっているのが、ストレッチによって血行がよくなると代謝が上がるので痩せられるというものです。

 

そのように説明されると、代謝についてよく知らない人の場合「なるほど」と思ってしまいがちです。これからダイエットをしようという人や、これまでいろいろなダイエット法を試みたけど失敗したというような人は、まずはダイエットや代謝の意味について知っておくことが重要です。

 

ダイエットの意味ってなんですか?

 

「ダイエットの意味って、痩せることでしょ」…ダイエットに失敗する原因の一つとして、ダイエットの正しい意味を理解していないことがあげられます。ダイエットの意味を知って、正しいダイエット法を選択することが、ダイエット成功への近道ですよ。

 

・規定食

 

ダイエットの意味を英和辞典で引いて見ると、「規定食」という言葉が出てきます。これは、ある目的を達成するために、食事を規定することを意味します。

 

・ダイエットの目的

 

ダイエットは世界保健機関(WHO)の定義によると、「健康や美容といった目的を達成するために、食べ物の量や質を規定すること」とされています。

 

これを見て「あれ?と思われた方もいらっしゃるかもしれません。ひとつには、ダイエットには「痩せる」吐いう文言がどこにも含まれていないことです。

 

もう一つは、ダイエットは食事内容を管理することが目的であり、運動については言及されていないということです。つまり、ジョギングダイエットや筋トレダイエットというのはそもそも意味として成り立たないということになります。

 

ただ、雑誌やインターネットでは「ダイエット=痩せる」という意味で用いられることがほとんどであることから、本稿でもダイエットに関して、美容と健康以外にも痩せるという観点から見ていきたいと思います。

 

代謝ってなんですか?

 

ダイエットに関する記事を見ていると、必ずといっていいほど目にするのが「代謝」という言葉だと思います。これに関する誤解も、ダイエットをややこしくしてしまっているのです。では、代謝とはどのようなことを言うのでしょうか。

 

1.基礎代謝

 

ダイエットの場合によく用いられるのが基礎代謝という言葉です。基礎代謝は私たちが安静にしているときに、内臓機能の働きや体温調節機能などによってエネルギー(カロリー)が消費されることを言います。

 

一般的には20代半ばをピークに基礎代謝量は低下していくとされています。低下を防ぐためには筋トレをして筋力を上げる必要がありますが、筋肉量を増やすのはなかなか大変であることも事実です。

 

2.新陳代謝

 

新陳代謝は、皮膚のターンオーバーや、髪の毛や爪といった組織の生まれ変わりなど、細胞が分裂するときにエネルギーが使われることを言います。

 

3.実質代謝

 

あまり聞きなれない言葉かも知れませんが、実質代謝とは基礎代謝に日々の活動による消費カロリーを加えたもののことを言います。

 

日々の活動による消費カロリーとは、運動やスポーツによる消費カロリーもあれば、布団の上げ下ろしをしたり、掃除機をかけたりといった日常で消費されるカロリーも含まれます。

 

ストレッチダイエットの効果って?

 

ここまで、ダイエットに関する本来の意味と、代謝とは何なのかについて見てきました。それを踏まえた上で、ストレッチダイエットの効果について見ていきたいと思います。

 

・いわゆるダイエット効果はない

 

結論から言うと、ストレッチダイエットにいわゆるダイエット効果、すなわち痩せる効果はありません。ストレッチとは、筋肉を進展させたり収縮させたりすることによって、血行を促進したり、関節の可動域を広げたりすることを目的としています。

 

血行がよくなることで上昇するのは新陳代謝であって、基礎代謝でも実質代謝でもありません。こういうと「ストレッチは運動にならないの?」と思われるかもしれません。

 

実は、カロリー消費とは、ある重量のあるものを、ほかの場所に移動したときに発生するものです。ジョギングやランニングでカロリー消費が起こるのはそのためです。その場でおこなうストレッチをいくらこなしたところで、消費カロリーは微々たるものにしか過ぎません。

 

・美容効果は期待できる

 

ストレッチダイエットには基礎代謝や実質代謝を向上させる効果はほとんど期待できませんが、新陳代謝を促すことは期待できます。なぜなら、ストレッチをおこなうことによって血行がよくなるからです。

 

血液は全身に酸素と栄養を運んでいるので、血液の循環がよくなった場所は栄養状態がよくなります。それが頭皮に見られれば髪の毛のツヤやコシにつながるでしょうし、お肌に見られれば顔色がよくなったりお化粧のノリがよくなったりといったことにもつながるでしょう。

 

・健康効果も期待できる

 

ダイエットはそもそも美容や健康のためにおこなうものですが、そういった意味ではストレッチダイエットにも健康に対する効果が期待できます。

 

やはりそれには血液が関わってきます。血行がよくなれば必然的に血圧が低下し、副交感神経が優位になります。副交感神経が優位になると、睡眠の質が向上し、寝ている間の身体の回復が進むこととなります。

 

効果的なストレッチダイエットのやり方

 

ストレッチダイエットには、残念ながら痩せる効果は期待できないことが分かりました。ただ、だからといってストレッチ自体に意味がないわけではありません。美容や健康にとって役に立つストレッチダイエットのやり方を紹介したいと思います。

 

・お風呂上りにおこなう

 

ストレッチダイエットはお風呂上りにおこなうのが効果的です。お風呂でゆっくり温まると筋肉が柔らかくなっているので、効率よくストレッチをおこなうことが可能です。

 

また、お風呂上りにストレッチをおこなうことで、副交感神経が優位になり、睡眠の質が向上します。それによって、寝ている間の細胞分裂が活発になり、身体の回復が早まることが期待できます。

 

・運動後におこなう

 

昔はストレッチというと運動前におこなうのが普通でしたが、最近の研究結果によると、運動前に従来型のストレッチをおこなうことによって、パフォーマンスが低下したり、やけがのリスクが上がったりする可能性が指摘されています。

 

運動というのは筋肉を収縮させることでパワーを生み出すため、ストレッチで弛緩させてしまうと逆効果になってしまうというわけなのです。

 

ただし、運動後にストレッチをおこなってクールダウンをすることによって、疲労物質を速やかに除去する手伝いとなります。ストレッチは運動後におこなうようにしましょう。

 

ストレッチは目的を理解しておこないましょう!

 

今回はストレッチダイエットについて解説してきました。ストレッチに痩せる効果がないのは意外だったでしょうか。雑誌やインターネットのストレッチやダイエットに関する記事には、根拠不明なものがよく見受けられます。なにが本物の情報なのかを見極め、ダイエットを成功させてくださいね。

スポンサーリンク