ささみダイエットの効果がスゴイ!アスリート御用達のダイエット法をご紹介!


ささみダイエットの効果がスゴイ!アスリート御用達のダイエット法をご紹介!

 

鶏のささみっておいしいですよね。鶏料理の専門店だと刺身やたたきで食べることもあります。そんな鶏のささみですが、ダイエット食品としても優れていることをご存知ですか?今回の記事では、数多くのアスリートも食事に取り入れているささみダイエットについて紹介したいと思います。

 

ささみダイエットってなに?

 

ささみダイエットには大きく分けて2つの意味があります。ひとつは、ささみを日々の食事に上手に取り入れることで、体重の減少を目指すというものです。いわゆるダイエットですね。

 

もう一つは、身体を絞りつつ筋肉をつけることで、痩せやすく太りにくい体質を目指すというものです。こちらは、ただ体重を落とすにとどまらず、体質転換を目的としています。

 

鶏のささみってどこのこと?

 

鶏のもも肉や胸肉、手羽元といった場所なら分かりやすいのですが、そもそも鶏のささみってどこの部分のことを指すのでしょうか。

 

実は、鶏のささみは、鳥の胸肉の奥の部分にある竜骨と呼ばれる骨に張り付いているお肉のことを言います。なぜささみというかというと、その形が植物の笹の葉に似ているからです。

 

ささみダイエットがおすすめの人

 

ささみダイエットは大きく分けると、単に体重を減らすという目的と、体質転換をするという目的の2つがあります。そのことから、ささみダイエットは以下のような方におすすめです。

 

・お肉が好きな人

 

ダイエットをしたいけど、お肉が食べられないのはつらい、という方にはささみダイエットがおすすめです。ささみは、脂分が少ないことから、豚のロースやバラは言うに及ばず、鶏肉のほかの部位と比べてもとてもカロリーが低いです。

 

比較的カロリーの低い豚や牛のもも肉と比べても、ささみはそのカロリーの低さが際立っています。100g当たりで見てみると、豚のもも肉はおよそ180キロカロリー、牛のもも肉はおよそ250キロカロリーです。

 

それに対して、鶏のささみはおよそ100キロカロリーでしかありません。鶏肉のほかの部位を見ても、手羽元がおよそ210キロカロリー、鳥ももがおよそ200キロカロリー、皮つきの胸肉がおよそ150キロカロリーとなっているので、やはり鶏のささみはカロリーの低さが際立っています。

 

以上のことから分かるように、ダイエット中でもお肉を食べたいという人には、ささみダイエットがおすすめということが可能です。

 

・身体を引き締めたい人

 

ささみダイエットは、多くのアスリートが取り入れていることでも有名な食事法です。ささみに含まれている動物性たんぱくは、アミノ酸がバランスよく含まれているため、アスリートの身体づくりには欠かすことができません。

 

ダイエットに関してもそうで、単に体重を減らすだけでは筋力も低下してしまうため、ダイエット中であってもある程度は身体を動かし、高たんぱくで低カロリーな鶏のささみを摂るとよいという訳です。

 

筋肉をつけると基礎代謝が向上するため、安静にしていてもカロリーの消費量が増えます。つまり、痩せやすい体質に転換することが期待できるという訳です。

 

単に体重を減らすだけだと、メリハリのない貧相なボディになってしまいかねません。出るところは出て、引っこむところは引っこむというメリハリボディを手に入れるためにも、ささみダイエットはおすすめです。

 

ささみダイエットのやり方

 

ささみダイエットのやり方は、日々の食事メニューの中に鳥のささみを上手に取り入るということです。この「上手に」というのがミソなわけですが、ではどのようにおこなうとよいのでしょうか。

 

・3食のうち1食をささみに置き換える

 

ささみダイエットの簡単なやり方は、毎日の食事のうちの1食をささみに置き換えるというものです。とはいっても、ささみしか食べないということではありません。

 

普段食べている豚肉の生姜焼きをささみに置き換えたり、ハンバーグをささみに置き換えたりすることで、食事はしっかりと取りながらも、食事全体のカロリーを減らすことが可能となります。

 

・筋トレをした後に食べる

 

ささみは高たんぱくで低カロリーな食品であるため、筋トレをした後に食べるのが効果的です。筋肉もタンパク質からできていますから、筋トレによって傷んだ筋肉の修復にも鶏のささみはもってこいです。

 

また、傷んだ筋肉の修復は夜寝ている間におこなわれますが、その際、成長ホルモンが重要な働きをします。成長ホルモンは、成長期だけに分泌されるわけではなく、私たちが生きている間、一生分泌され続けます。

 

成長ホルモンにはゴールデンタイムと呼ばれ、分泌が活発になる時間帯があります。それは、夜の10時頃から明けて深夜の2時頃までとされています。

 

そして、成長ホルモンの分泌には必須アミノ酸が欠かせないということです。鶏のささみはアミノ酸をバランスよく含有しているので、成長ホルモンの分泌促進にも有効だということです。

 

ささみダイエットは美容効果も期待できます!

 

ささみは高たんぱくで低カロリーナだけでなく、さまざまな栄養素を含んでいます。なかでも、ビタミンB群には脂肪燃焼効果が、ビタミンEには抗酸化作用があることから、ダイエットやアンチエイジングにも効力を発揮するのです。

 

ささみダイエットをする際の注意点

 

ささみダイエットはとても健康的で、美味しくできるダイエット法ですが、続けるにあたってはいくつかの注意点があります。

 

・栄養バランスに気をつける

 

鶏のささみは高たんぱくで低カロリー、ダイエット向きの食品ですが、それだけしか食べないというダイエットはやめた方がよいでしょう。

 

なにも鶏のささみに限ったことではありませんが、健康的にダイエットをするには、バランスよく栄養素を摂取することが重要です。

 

特に、鶏のささみには炭水化物と脂質がほとんど含まれていません。炭水化物や脂質も私たちの身体のエネルギー源となるものですから、ある程度は摂取する必要があります。

 

・食べすぎない

 

鶏のささみは、ほかのお肉や鶏肉の他部位と比べるとカロリーがとても低いです。とはいうものの、たくさん食べてしまえばそれだけカロリーを摂取することとなります。美味しいからといって食べすぎないように注意しましょう。

 

・たまにはほかのお肉も食べる

 

鶏のささみの特徴は、他のお肉と比べた場合にカロリーが低いことです。ただ、鶏のささみには、豚肉や牛肉の赤身に含まれているカルニチンと呼ばれる成分が含まれていません。

 

カルニチンには脂肪を燃焼する効果があるということなので、時には牛肉や豚肉の赤見を食べるようにするとよいでしょう。ただし、ロースやバラ肉は脂肪分が多いので、ダイエット中は控えた方がよいでしょう。

 

・適度に体を動かそう

 

ささみダイエットに限ったことではありませんが、ダイエットの鉄則は摂取カロリーを減らすことと、消費カロリーを増やすことです。メリハリのある美しいボディラインを手に入れるためにも、適度の身体を動かすようにしましょう。

 

明らかに太っているという人は、まず体脂肪を減らすことを中心としたダイエットをおこないましょう。

体脂肪率が10%台にまで低下してきたら、筋トレで身体を引き締めていくとよいでしょう。

 

ささみ生活はじめてみませんか?

 

ささみダイエットについて見てきましたが、いかがだったでしょうか。美味しくてヘルシーな鶏のささみには、さまざまなダイエット効果が期待できます。ただし、過度な期待は厳禁です。やはり、栄養バランスのとれた食事と運動はダイエットの絶対条件です。その中で、ささみを上手に利用してくださいね。

スポンサーリンク