くびれを作る6つの方法!自分に合った方法でダイエットしよう!


くびれを作る6つの方法をご紹介!キュッとくびれたウェストは女性の憧れですよね。ただ、脂肪がつきやすいのもウェスト部分であることは事実です。そこで今回は、ウエストのお肉に悩まされている方にとって役立つ、6つのくびれを作る方法を紹介します!

スポンサーリンク

くびれがなくなる原因って?

くびれを作る方法を紹介する前に、まずはなぜウエストのくびれがなくなってしまうのかについて紹介しておきたいと思います。

・太っている

ウエストのくびれがなくなってしまう一番分かりやすい理由はこれですね。極端な例で言うと、お相撲さんにはウエストのくびれがありませんよね。

特に、お腹周りは脂肪をため込みやすい場所の一つであるため、体脂肪率が上がってくると、まずお腹に脂肪がついてくびれがなくなってしまう結果となります。

・筋力の低下

ウエストのくびれには、腹直筋・腹斜筋・腹横筋といった筋肉が関連しています。それらの筋力が低下することによってウエストのくびれがなくなってしまいます。

また、お腹には大腰筋と言って、腰の骨と股関節をお腹側で結んでいる筋肉がありますが、そこが衰えることによってもくびれがなくなってしまう原因となります。

・姿勢が悪い

長時間パソコンに向き合うデスクワークなどの仕事をしていると、骨盤が後ろに傾いた猫背の姿勢がクセになってしまうことがあります。

骨盤が後ろに傾くと、お腹がたるんだ状態になってしまいます。それによって、くびれがなくなってしまうという訳なのです。太っている訳でもないのにくびれがないような場合、姿勢が悪いことが考えられます。

くびれを作る方法その1・食習慣の改善

食べ過ぎによって太っているような人の場合、食習慣を改善することでくびれを作ることができる可能性が高いです。

特に、ケーキやお菓子などの甘いものが大好きな方、ご飯やパンといった主食を好んで食べるような方は、それらを制限するだけで明らかなダイエット効果が得られますよ。

無理な食事制限は必要ないので、普段摂取している糖質の量を半分に減らすように意識してみましょう。ご飯はお茶碗の半分量にしたり、玄米や雑穀米に変えたりするとよいでしょう。

また、間食を毎日しているというような方は、1日おきにしたり、口寂しくなったらノンシュガーのガムを噛んだりするとよいでしょう。

おすすめなのが、カカオの含有量が多いチョコレートです。カカオ86%とか95%になるとちょっと苦すぎるので、70%程度のものを選ぶとよいでしょう。

甘いものを食べているという満足感が得られる割には、糖質の摂取量を少なく抑えることが可能ですよ。

くびれを作る方法その2・むくみの改善

太っていることに悩んでいる女性の多くに、むくみが見られます。実際、エステなどを受けてサイズダウンするような場合、そのほとんどがむくみ解消によるものです。

エステの施術で脂肪が燃焼したからなどと説明されることがありますが、マッサージやエステマシーンで脂肪が燃焼することはありません。血行がよくなることでむくみが取れるだけです。

ただ、むくみがとれることによって、ウエスト周りのサイズが落ちることは事実なので、普段から身体を冷やさないようにして、身体がむくまないように気をつけましょう。

くびれを作る方法その3・有酸素運動をする

くびれがなくなる原因の一つが、お腹周りに脂肪がついてしまうことです。これを積極的に解消するためには、ジョギングやウォーキングなど有酸素運動をおこなうようにするとよいでしょう。

有酸素運動を開始してから20分ほどすると、脂肪の燃焼が始まると言われています。そのため、ジョギングやウォーキングはなるべく30分以上おこなうようにすると効果的ですよ。

また、特にウエストのくびれを出したい場合にはフラフープもおすすめです。とはいっても、子供がやるようなプラスチックのフラフープではありません。

スポーツ用品店やホームセンターで売っているような、エクササイズ用のフラフープを選択するようにして下さい。やってみると分かりますが、結構な運動になりますよ。

くびれを作る方法その4・筋トレをする

ウエストのくびれを作る際に効果的なもう一つの方法が、筋トレをすることです。特に、腹直筋や腹斜筋、腹横筋といった腹筋群を鍛えると効果的にくびれを作ることが可能です。

とは言うものの、腹筋運動を続けるのはなかなかしんどいという人もいると思います。そんな方にはスプリットスクワットがおススメですよ。

スプリットスクワットとは、足を横に開いておこなう通常のスクワットと異なり、足を前後に開いておこなうタイプのスクワットのことを言います。

やり方はとても簡単で、足を前後に開いたら、前になった方の膝が90度、後ろになった方の膝が135度になるようにして、上体をまっすぐおろしていくだけです。

その際に、前の膝がつま先より前方に出ないように気をつけてくださいね。つま先より前に膝が出てしまうと、膝を痛めてしまう可能性があります。

スプリットスクワットには3つのメリットがあります。一つ目は当然のことですが筋力アップにつながるということです。

2つ目は、股関節の柔軟性がアップするということです。なぜなら、スプリットスクワットをおこなうと、腰の骨と股関節をお腹側で結んでいる大腰筋のストレッチ効果も得られるからです。

3つ目は、スプリットスクワットには姿勢改善効果があることです。実際にやってみると分かると思うのですが、通常のスクワットとは異なり、スプリットスクワットをおこなうと、慣れないうちはフラフラすることがあると思います。

それは、普段の姿勢が悪いことで、重心バランスも悪くなっているからです。スプリットスクワットを継続することによって重心バランスが安定し、姿勢改善につながるという訳です。

くびれを作る方法その5・整体を受ける

くびれがなくなってしまう原因としては、不良姿勢を継続することもあげられます。そのような場合は、整体を受けることで骨盤の後傾を改善してもらうのも一つの手です。

ただ、整体は国家資格ではありませんので、どこで整体の施術を受けるかは慎重に決める必要があります。

チェーンでおこなっている格安の整体などの場合、ろくに研修も受けていない医学的な知識のない施術者や、安い報酬で雇われている外国人が施術をおこなっていることがあります。

値段が安いだけで決めてしまうと、効果がないだけでなく、かえって調子が悪くなるようなこともあるので気をつけましょう。

まずはホームページを見て、どのような人がやっているのは、どんな考え方をもっているのか、何年くらいやっているのかを確認しましょう。

その上で、疑問や質問があれば電話やメールで相談するようにするとよいでしょう。ホームページやメールフォームを用意していないような整体院は、よほど口コミで評判がいいような場合を除けば、やめておいた方がよいでしょう。

くびれを作る方法その6・美容整形を受ける

エステを受けることで脂肪燃焼効果が得られることはありませんが、医師がおこなっている美容整形で「脂肪吸引」を受ける場合、くびれを作る効果が得られます。

ただ、ある程度のお金がかかりますし、思ったほどの効果が得られるとは限りません。しっかりと説明を聞いて、納得した上で施術を受けるようにしましょう。

ウエストのくびれは生活習慣の結晶です!

くびれを作る6つの方法!自分に合った方法でダイエットしよう!のまとめ

ウエストのくびれを作る方法を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。結局のところ、ウエストのくびれがなくなってしまうのは、生活習慣に由来しているということが可能です。どのような方法を選択するにしても、生活習慣が重要だということを忘れないようにして下さいね。

スポンサーリンク