炭水化物と仲良く付き合うダイエットとは?【食べ順に意識を!】

糖質カットの文字

炭水化物は糖質だからダイエットの敵といった糖質制限ダイエットが一大ブームとなってから、炭水化物はダイエットの敵となりつつあります。有名パーソナルトレーニングスタジオの食事メソッドでは、基本的に炭水化物は100%カットで、糖質を一切カットすることによって短期間で大幅な減量が期待できるという仕組みになっています。

スポンサーリンク

炭水化物が少なすぎて・・・

ですが、短期間とはいえ、炭水化物を一切カットしてしまうと体調面でもさまざまな不調をきたします。

例えば、

  • 「頭がぼんやりする」
  • 「疲れやすくなった」
  • 「集中力がなくなってしまった」

などの話が多く聞かれます。

これは、脳を働かせるブドウ糖を一切カットしてしまうために頭の働きが鈍くなるというわけです。

そして何より、パーソナルトレーニング期間中はトレーナーの監視があるから期間炭水化物を抜くことができたとしても、期間後はどうでしょうか?

炭水化物を一切取らない生活を自制するのは、けっこう勇気が要りませんか?

そして気が付いたらいつも通りにパンやご飯、ラーメンを三食パクパク……あっという間にリバウンドしてしまうことは明らかですよね。

山盛りの白米

0か100か、ではなくて、30か50、上手に炭水化物とお付き合いしましょう。

普段の生活にも取り入れやすく、また健康的で長区続けられる炭水化物の摂取の仕方をご紹介いたします。

食べ順を意識する

まず意識することは「最初から炭水化物を食べない」こと。

まずは、野菜やこんにゃく、キノコ類などの繊維質を摂取して、胃の中に網を張ります。その後、たんぱく質、最後に炭水化物という順番で摂取することによって、血糖値の上昇を穏やかにし、太りにくい食べ方になります。

炭水化物は腹八分目に

おなか一杯炭水化物を採ってしまっては、もちろん太ってしまいます。

炭水化物を腹八分目に留めることも大切なポイントです。食べ順を意識して最初に野菜などの繊維質をたっぷり摂ると、最後の炭水化物は自然と少ない量で満足できるようになります。

サラダを食べる女性

パスタを頼む時にはサイドメニューのサラダを一緒に注文してみたり、丼ものなどのたくさんご飯が盛られている食事はなるべく避けるなど、外食時でもちょっとした工夫で炭水化物を上手に摂取できますよ。

黒い炭水化物を採ろう!

真っ白ツヤツヤの白米やフワフワの食パンやバターたっぷりのクロワッサン、おいしいですよね!

でもダイエットを意識している時にはちょっと我慢しましょう。

炭水化物が欲しい時、意識的に採っていただきたいのは「黒い炭水化物」です。

白米よりも玄米、クロワッサンよりも全粒粉100%のパンなど、GI値がなるべく低いものがオススメです。

茶碗に入った玄米

最近では低糖質のブランパンもコンビニで手軽に購入できるようになりました。

思い切って夜は炭水化物とサヨナラしてみる!

もしももっと頑張りたい方は、夕食だけは炭水化物を抜いてみるのは非常にオススメです。

そもそも夜は運動量が減り、摂取した食物が蓄積されやすいので、炭水化物を抜くことによって蓄積されるカロリーがぐんと減り、よりはっきり数値に現れるはずです。朝にはお腹がカラッポに空いているので、朝ごはんも美味しく食べられて健康的に1日がスタートできます。

朝食を食べる女性

翌朝、体重計に乗るのも少しだけ楽しみになると思いますよ。

お酒好きな人は迷わずハイボール!

お酒を飲むのが大好きな人は、飲み会の席で「とりあえずビール!」なんてことはありませんか?でもちょっと待って。

ビールは糖質がたっぷりで血糖値が上がりやすく、のどごしもいいのでフライドポテトやポテトサラダなどのイモ系おつまみとも相性ぴったり。

居酒屋でマストなイモ類は炭水化物に分類されるので、できれば避けたいものですよね。でも大勢の飲み会の席ではどうしても……という方は、せめて低糖質のお酒を選びましょう。日本酒やワインなどの醸造酒を選ぶより、焼酎やウイスキーなどの蒸留酒をチョイス。

乾杯のときには爽やかでのどごしの良いハイボールはオススメのお酒です。

ハイボール

ダイエット中もお酒と上手に付き合って、ストレスフリーなダイエットライフを過ごしたいですね。

ごほうびルールを設けてみる!

あれもダメ、これもダメ、我慢我慢……だと、ずっと長くは続きませんよね。

全粒粉を使ったヘルシーなパンも美味しいけれど、

  • やっぱりバターたっぷりフワフワのデニッシュが好き!
  • 玄米よりも甘いたっぷりな真っ白ゴハンのおむすびが食べたい!
  • そろそろパスタが食べたくて限界

ストレスがたまってドカ食いをしてしまうよりは、ちょこちょことストレス解消をした方がもっと効率的です。

そのために「ごほうびルール」を設けてみてはいかがでしょう?

例えば「今週は筋トレを頑張ったから、朝食はデニッシュを食べてOK!」とか「10kmラン走れたら卵かけご飯食べちゃおう!」など、普段めいっぱい頑張ったごほうびの炭水化物は、また一段と美味しくいただけると思いますよ。

炭水化物と仲良く付き合うダイエットとは?【食べ順に意識を!】のまとめ

どんな時にも無理は禁物!上手に炭水化物と付き合って、楽しいダイエット、そしてボディメイクライフを過ごしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク