女性 冷え性解消


女性にとって憎い天敵は、冷え性!女性のおよそ6割が冷え性で悩んでいるといいます。冬は手足の先が冷えていてなかなか寝付けなかったり、夏はオフィスなどで長時間冷房にあたって芯から冷えてしまったり……と、一年じゅう悩まされている方も少なくないのでは?
そもそも、冷えの原因は些細な日常生活に潜んでいます。例えば毎日なんとなく買ってしまう自動販売機のペットボトルのドリンク。キンキンに冷えたドリンクは喉ごしも良くてスッキリするけれど、これも冷えの原因のおおきな要因のひとつ。冷えた飲み物を摂取することで体を冷やし、血流が悪くなってしまいます。
また、毎日湯船に浸からずにシャワーで済ませてしまうことはありませんか?これも冷え性への大きな原因になってしまいます。シャワーで軽く済ましてしまうことで血行が滞り、血液の循環が悪くなってしまうのです。
冷え性はダイエットの天敵とも言われています。では、なぜダイエットに冷え性はよくないのか?また、冷え性を解消するための近道を伝授しましょう!

【新陳代謝が良くなると、痩せ大切になる!】
そもそも冷えの原因となる要因は、基礎代謝にあります。女性は男性よりも筋肉が少ないので基礎代謝が低く、そのために冷え性になりやすいと言われています。
筋肉が少なく代謝が悪く、水分をきちんと排出できない体になってしまうと、余計な水分を体内に蓄えてしまってむくみが起こり、痩せにくい体質になってしまいます。こうなると、せっかく一所懸命ダイエットをしていても良い結果が得られませんよね。

【ダイエット効果を高める食べ物を摂ろう!】
体を温めるのにまず最適なのが、体を温める食べ物を摂取することです。一番わかりやすいのは、その食べ物の産地や旬を思い出してみること。パイナップルやバナナなどは南国が産地ですから、暖かい地方で体を冷やすための食品です。対してニンジンや山芋、カボチャなどの根菜類は体を温める効果が高い食べ物。根菜類は体を温めてくれるのでたくさん摂取しましょう!
根菜類はけんちん汁や豚汁などにするとたっぷり摂取できますし、調味料となる味噌も体を温めてくれる作用があります。さらに冷えが気になる方はショウガをプラスすれば体の芯からポカポカに!忙しい朝にぴったりですね♪

【血流ポンプを活性化して鍛えよう!】
冷え性対策として大切なことのひとつに、筋肉を増やすことがあります。女性は男性と違って筋肉が少なく、そのために冷え性になりやすい体質です。そのために新陳代謝が滞って脂肪が燃えにくくなり、太りやすく痩せにくい体になってしまうのです。
では、冷え性を解消して痩せやすい体にするためには、筋肉を増やすことが一番の近道!日々の筋トレを積み重ねることによって筋肉を増やし、体内の血流が流れるポンプを活性化させることによって、末端まで血流が流れやすくなります。代謝も良くなって脂肪も燃えやすくなりますので一石二鳥ですね。

【湯船に浸かる習慣をつけよう】
先述しましたように、シャワーだけでパパッと済ましてしまうと体の芯は冷えたままで、ベッドに入る頃には指先や足先が冷えてしまいます。こうなると寝つきが悪くなり、睡眠の質も悪くなってしまうことが……。毎日の仕事で疲れた体ではちょっと億劫かもしれませんが、そこをがんばって!湯船に浸かって血行を良くしてみましょう。
40度前後の温めの湯船に浸かること20分。のんびりと読書をしたり、目を閉じてリラックスしたりして、1日の疲れを癒しましょう。血行が良くなることで末端まで血液が循環し、体の芯まで温まりリラックスします。たった20分の入浴で体も心もほぐれ、ダイエットに最適な良質な睡眠を得られますよ。

【自動販売機とはサヨナラ!マイボトル生活を身につけよう】
自動販売機やコンビニで売られている冷たい飲みものは、体を冷やしてしまう天敵!真夏に冷たく冷えた飲み物をゴクゴク飲むのはとても爽快ですが、残念ながらダイエットには向きません。急激に体を冷やすことで負担がかかりますし、体を冷やすことでトレーニングなどでせっかく燃やしている体をクールダウンさせてしまいます。
体を冷ささないためには、常温やホットのノンカフェインの飲みものを常備してみましょう。保温性のあるマイボトルを持ち歩いて、こまめに水分補給をしてもいいですね。また、最近ではコンビニでも常温の飲み物が多く販売されていますので、喉が渇いた時にはそれらを見つけてみるのも良いでしょう。

いかがでしたでしょうか?体温が1度上がると免疫力が高まるといわれているように、体を温めることは万病予防にもなります。もちろんダイエット効果もバツグン!常に温まっている体は新陳代謝が良く、痩せやすい体質となっているのです。
食べ物や飲み物で少しずつ体質改善をし、冷え性とオサラバして痩せやすい体質作りをしてみましょう!

スポンサーリンク