冷やしご飯ダイエットって知ってますか?その驚きのダイエット効果とは?


冷やしご飯ダイエットって聞いたことがあるでしょうか。温かいご飯と違って、冷やしご飯を食べると太りにくいということなのですが、本当にそんなことがあるのでしょうか。今回の記事では、冷やしご飯の効果について検証してみたいと思います。

スポンサーリンク

冷やしご飯ダイエットってなに?

冷やしご飯ダイエットはその名の通り、温かいご飯を冷やしてから食べることで、太りにくくするというダイエット法となっています。

冷やしご飯には体内で消化されにくいある物質が含まれており、そのため温かいご飯よりも太りにくいとされています。

白米を口に運んでいる女性

冷やしご飯ダイエットはなぜ太りにくいの?

食べれば太るのは当たり前ですが、冷やしご飯は温かいご飯と比べて太りにくいということでした。ではなぜそのようなことが可能なのでしょうか。

ごはんというと太りやすい食べ物の代表のように言われ、ダイエットをする方にとっては天敵のような扱いをされますが、実は、冷やしごはんは、ダイエットに適しているレジスタントスターチを含む食品として知られています。

もともとご飯は、炊く前にはレジスタントスターチを多く含んでいるのですが、水と一緒に炊かれて温かいご飯になる際に、でんぷんが糊化してグリセミック値が高くなってしまうのです。ところが、自然に放置して冷めていく過程で、糊化したでんぷんが再度、結晶化することによってレジスタントスターチを多く含むようになっていくのです。

・レジスタントスターチとは?

コーンスターチという言葉を聞かれたことがあるかもしれません。コーンスターチは、トウモロコシから取れたでんぷんのことを意味しています。

スターチとはでんぷんのことです。レジスタントには「抵抗する」という意味があります。なにに抵抗するのかというと、消化に抵抗するのです。つまり、レジスタントスターチとは、消化されにくいでんぷん質のことを意味しています。消化されにくいから太りにくいという訳なのです。

冷やしご飯ダイエットの効果は?

ダイエットをする際に効果的だといわれる冷やしご飯ダイエット。では、冷やしご飯ダイエットにはどのような特徴があって、ダイエット効果が発揮されるのでしょうか。

・でんぷんなのに食物繊維!?

実は、冷やしご飯の特徴であるレジスタントスターチは、でんぷんなのに食物繊維でもあるという変わった成分です。そのため、便秘の解消にも有効なので、女性にとってはダイエットの強い味方となっています。

また、食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類がありますが、レジスタントスターチは、いずれの食物繊維の働きも有するという特徴があります。

・エネルギーになりにくい

冷やしご飯は難消化性でんぷんであることから、その他のでんぷんを含む食品と比べると、食べてからエネルギーに代わるまでに非常に時間を要することが分かっています。

冷やしご飯ダイエットをするメリットは?

それでは、冷やしご飯ダイエットをすることにはどのようなメリットがあるのでしょうか。その点を理解しておけば、冷やしご飯ダイエットが、いかにダイエットをするにあたって効果的であるのかが分かると思いますよ。

・生活習慣病の予防効果

グリセミック(GI)ダイエットという言葉を聞いたことがある方もいらっしゃると思いますが、体内ですぐにエネルギーに変わる食品は、グリセミック値の高い食品だといわれます。

エネルギーに変わるのはいいことなのですが、グリセミック値が高いと、血液中の血糖値が上昇するのです。そうすると、膵臓からインスリンが分泌されて、脂肪が蓄積されやすく、つまり、太りやすくなってしまうのです。

冷やしご飯ダイエットには、血糖値の上昇を低く抑える作用があるので、食事をしたときに急激に血糖値が上がるのを抑制し、生活習慣病の予防につながるのです。

・ダイエット効果

先ほども述べたように、冷やしご飯のようなレジスタントスターチは、エネルギーになりにくいという特徴があります。つまり、グリセミック値が低いということです。

グリセミック値が低いと、膵臓から多量のインスリンが分布されることがないので、体内に脂肪が蓄えられにくくなります。これが冷やしご飯ダイエットのダイエット効果というわけなのです。

また、レジスタントスターチは難消化性でんぷんといわれることからも分かるように、消化に時間がかかります。消化に時間がかかる=腹もちがよいということです。そのため、少量で満腹感を持続することができ、それもダイエットにつながるということなのです。

レジスタントスターチを用いたダイエットのやり方について!

ここまで読んでいただいた方の中には「冷やしご飯を用いてダイエットをしてみたい!」と思われた方もいらっしゃると思います。では、どのような方法でダイエットをすればよいのでしょうか。また、より効果的にダイエットをするにはどのような工夫をすればよいのでしょうか。

・ご飯を冷やす

冷やしご飯を用いてダイエットをするのに最も手っ取り早い方法は、炊いたご飯を自然に冷やすことです。ただ、冷やごはんをそのまま食べるのも味気ないので、おにぎりにするなどひと手間かけるとよいでしょう。

・野菜と一緒に食べる

冷やしご飯を食べる前に、サラダなど野菜を食べておくとより効果的にダイエットをすることが可能です。冷やしご飯に含まれるレジスタントスターチは、難消化性でんぷんということですが、まったく消化されない訳ではありません。

そのため、あたりまえといえばあたりまえなのですが、冷やしご飯であっても食べ過ぎれば太ることとなってしまいます。

そこで、食事の前にサラダなどの野菜を食べるのです。食事の前に野菜を食べておくと、血糖値の上昇が緩やかになるため、脂肪が付きにくくなるというメリットがあります。

・梅干しと一緒に食べる

梅干しには脂肪を燃焼してくれる効果があるので、おにぎりにするときに梅干しを入れるとよいでしょう。夏場は食あたりの予防にもなりますよ。

冷やしご飯ダイエットをするときの注意点!

冷やしご飯ダイエットは、単に冷めたご飯を食べるだけという、とても簡単な方法です。ただ、おこなうにあたっては、以下のようなことに気をつけるようにしましょう。

・食事を工夫する

冷やしごはんだけ食べ続けるのはつらいですし、食事が楽しくありませんよね。そのため、毎食冷やしごはんにするのではなく、おひるごはんだけおにぎりにして、よく噛んで食べるなど工夫するとよいでしょう。

また、GI(グリセミック)ダイエットなどやベジファーストダイエットなど、ほかのダイエット法とあわせて行えば、より効果が得られると思いますよ。

・適度に身体を動かす

冷やしご飯ダイエットは、太りにくいという特徴がありますが、食事だけでダイエットをすると筋肉量が低下してしまうリスクがあります。筋肉は基礎代謝と密接な関係があるため、筋肉量が低下すると結果として太りやすくなってしまいます。

食事制限によるダイエットをするとリバウンドしやすいのはそれが原因となっているので、冷やしご飯ダイエットをおこなう際にも適度に身体を動かし、筋力アップをしないまでも筋力を維持するように努めましょう。

冷やしご飯ダイエットって知ってますか?その驚きのダイエット効果とは?のまとめ

楽しんで続けることも大事です!

ダイエットに失敗する人の特徴は、ダイエット法を「義務化」してしまうことです。義務にするとつらいですし、失敗したときに自分を責めてしまいます。そうならないように、楽しみながらダイエットを続けるようにしてくださいね。

関連コンテンツ