味噌汁ダイエットの秘めた効果とは?日本を代表する発酵食品のパワーに再注目!


日本人の主食であるご飯と長らく連れ添ってきた味噌汁。二日酔いの朝に飲む味噌汁はかくべつなものですが、そんな味噌汁にダイエット効果があるってご存知でしたか?今回の記事では、味噌汁に秘められたダイエット効果や、おすすめの具材などに関して紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

味噌汁ダイエットってなに?

味噌汁ダイエットは、日々の食生活に味噌汁を上手に取り入れることによって、ダイエット効果を得ようとするものです。かつてはあたり前のように飲まれていた味噌汁ですが、食の欧米化にともなって食卓に上る回数が減っているようです。

実際、1週間にどれくらいみそ汁を飲みますかというアンケートを見てみると、60代の場合はほぼ毎日という人がおよそ半数なのに対して、20代になると20%に減少するといった具合に、徐々に味噌汁が食卓から遠のいている現状があるようです。

そんな味噌汁の持つパワーに着目し、新たにダイエットフードとして最近話題になっているのが味噌汁ダイエットだという訳なのです。

味噌汁ダイエットの効果とは?

日本人にとってなじみの深いみそ汁ですが、それだけに味噌汁の健康に与える効果についてはかえって知らないのではないでしょうか。まずは味噌汁ダイエットの効果について見ていきたいと思います。

・代謝をアップする効果

一時期、白湯ダイエットというダイエット法がはやったことがあるのをご存知の方もいらっしゃるかもしれません。女優の深田恭子さんが大幅な減量に成功したことで注目を集めましたよね。

白湯ダイエットはいったん沸騰させたお湯を飲むことによって、内臓温度を高めることで、代謝効果をアップさせるダイエット法だということでした。

内臓の温度が1度上がると、代謝効率が10%上がるということから、簡単にできるダイエット法として人気になりました。唯一の欠点は、お湯をいちいち沸かすのが面倒くさいという点でした。

味噌汁ダイエットには、考えてみると白湯ダイエットと同じ効果があることが分かります。沸騰させたお湯でだしをとり、好みの具を入れて味噌を溶き、温かいものを飲むということですから。

白湯ダイエットと同じ効果があり、しかも白湯ダイエットのデメリットをなくした味噌汁ダイエットは、まだにダイエットをしたい人にとって楽チンな方法だと言えるのです。

味噌汁の代謝アップの効果はこれだけにとどまりません。大豆に含まれている成分として、「大豆ペプチド」といわれるものがあります。

ペプチドには脂肪の吸収を緩やかにする効果があることと、腸内の環境を整備してくれる効果があることが分かっています。それによって、さらに代謝効率を高まることが可能となっているのです。

・便秘の解消効果

味噌汁にはあたり前といえばあたり前ですが、水分が多く含まれています。おつゆというくらいですからね。現代人は1日に摂取する水分量が少ない傾向があるということです。

もちろん、それだけが便秘の原因という訳ではありませんが、水分量が不足すれば便がかたくなってしまうので、排出しにくくなることは間違いありません。

また、味噌はそれ自体に食物繊維を含んでいることもありますが、具材となるワカメや玉ねぎなどの野菜にも食物繊維が豊富に含まれています。そのことも、便秘の解消に一役買ってくれるという訳なのです。

便秘がスッキリした女性のイラスト

・脂肪燃焼効果

味噌汁を作る時に用いられる味噌は大豆からできていますよね。大豆もダイエットをするときにもってこいの食材であることはよく知られています。

大豆は畑の牛肉といわれるくらい良質なタンパク質を含んでいますが、中でも注目されているのがBCAA(分岐鎖アミノ酸)の一種であるロイシンとイソロイシンという必須アミノ酸です。

ロイシンやイソロイシンに、はタンパク質の分解や生成を調節する働きがあり、タンパク質の合成を促進したり筋肉を維持したりする効果があるとされています。

筋肉量は基礎代謝とも密接にかかわっているため、これらの必須アミノ酸を摂取することは、ダイエット中も非常に重要となります。

さらに、味噌にはビタミンBも含まれています。味噌には脂肪を燃焼しやすくする効果があるとされているため、温かい味噌汁にすることでさらに代謝効率をアップさせることが可能です。

・脂肪の吸収を抑制する効果

味噌の原材料である大豆に含まれている「サポニン」と呼ばれる成分には、脂肪を分解する酵素の働きを妨げる効果があるとされています。それによって、体内に脂肪が蓄えられにくくなるということなのです。

・更年期障害の改善効果

更年期を迎えると、身体の調子にさまざまな変化が出てくることが分かっています。突然全身が熱くなって汗をかくホットフラッシュなどの身体的変化から、訳もなく不安になったり苛立ったりといった精神的な変化までたくさんあります。

特に、更年期障害は女性に顕著にみられますが、これは女性ホルモンの分泌量が低下することと関わっているのではないかと考えられています。

味噌の原材料である大豆には、イソフラボンと呼ばれる成分が含まれています。そして、イソフラボンは女性ホルモンと似た働きがあることが分かっているようです。そのため、更年期を迎えた女性にも味噌汁ダイエットはおすすめということができるのです。

また、女性にも男性同様、年齢とともに薄毛といった現象があらわれてきます。ちょっとややこしい症状名になるのですが、「女性男性型脱毛症」と呼ばれているのがそれにあたります。

男性型脱毛症の場合、局所のハゲ上がり(M字ハゲやO字ハゲ)が見られるのに対して、女性の場合は全体的に髪のボリュームが低下したり、地肌が透けて見えたりといったことが起こります。

やはり女性ホルモンの分泌量低下が原因の一つと考えられており、実際に女性用の育毛剤の成分を見てみると、大豆イソフラボンが含まれていることが多々あります。

味噌汁にも大豆イソフラボンが含まれていることから、毎日の食生活に味噌汁を取り入れることによって、女性男性型脱毛症の改善にも効果が得られるかもしれません。

▼味噌に含まれるダイエットパワー!さらに詳しくは以下をご覧ください。

ダイエットに味噌がオススメ!その理由とは!?

味噌汁ダイエットにおすすめの食材

味噌汁ダイエットには、健康や美容、そしてダイエットに関するさまざまな効果が期待できるということです。次に、味噌汁の具として何を入れるとよりダイエット効果が期待できるのについて見ていきたいと思います。

・豆腐

味噌も豆腐もともに大豆からできています。当然、豆腐にも味噌と同様、大豆の健康パワーがたくさん詰まっている訳です。味噌+豆腐でさらに大豆のダイエット効果が得られるという訳です。

また、豆腐は1丁食べたとしてもせいぜい60キロカロリー程度にしかならず、まさに理想のダイエットフードと言えます。味噌汁の具として積極的に摂りたい食品の一つですね。

・ワカメ

豆腐と並んで、味噌汁の代表的な具であるワカメもおすすめのダイエットフードです。ワカメには豊富な食物繊維が含まれているので、味噌汁と一緒に飲むことで食物繊維が胃の中で膨張し、少量でも満腹感が得られるようになります。

・しじみ

私たちの身体を作るのに重要な成分としては、アミノ酸があげられます。私たちの身体は20種類のアミノ酸からできており、大きく分けると必須アミノ酸と非必須アミノ酸の2つがあります。

そのうちの必須アミノ酸は体内で合成することができないため、食品から摂取する必要があります。食品に含まれるアミノ酸がいかにバランスよく配合されているかを表す指標として「アミノ酸スコア」と呼ばれるものがあります。

アミノ酸がバランスよく配合されているものを100点満点で評価するものですが、しじみは卵と並んでアミノ酸スコアが100なのです。

しじみは二日酔いの改善にも効果的だといわれていますので、お酒を飲む習慣のある人はぜひ、シジミを積極的に摂るようにするとよいでしょう。

味噌汁ダイエットのやり方

味噌汁ダイエットのやり方は、日々の食事に味噌汁を取り入れるやり方と、1食を味噌汁に置き換えるやりかたの2つがあります。自分に合った方を選択するとよいでしょう。

味噌汁ダイエットの秘めた効果とは?日本を代表する発酵食品のパワーに再注目!のまとめ

味噌汁ダイエットで健康的に痩せよう!

味噌汁のダイエット効果について見てきましたが、いかがだったでしょうか。さすがは日本を代表する発酵食品だけあって、素晴らしいパワーを秘めていますね。美味しく飲めて健康的で、さらにダイエットができるのですから、やってみない手はありませんよ!

関連コンテンツ