半日断食ダイエットのやり方とその効果とは?本当に正しい情報をお届けします! 


半日断食ダイエットは、断食を半日するだけ?どういうものなのか気になる方も多いのではないでしょうか?ダイエットを決意しても、ついつい口が寂しくなり、何か口にしている事が多いかと思います。半日断食ダイエットは、食事する時間を徹底することで、頭がすっきりするなどダイエット以外にも効果があるようです。

スポンサーリンク

半日断食ダイエットのやり方とその効果とは?本当に正しい情報をお届けします!

ダイエットにはいろいろな方法があり、しかも同じダイエット法であっても、やり方が異なっているようなこともあります。半日断食ダイエットについてもそうで、正しい情報もあれば誤っている情報もあります。今回の記事では、半日断食のやり方はもちろん、その効果について何が正しくて何が誤っているのかを徹底検証したいと思います

半日断食ダイエットってなに?

半日断食ダイエットは、断食ダイエットやプチ断食ダイエットのように、一定の期間だけ集中して断食をするという方法ではありません。

起きている時間の半分は食物を食べないという食習慣を、長期的に続けるダイエット法となっています。ある意味、食習慣の改善といったダイエット法となっています。

お腹を手で押さえる女性

半日断食ダイエットをやる意味とは?

ダイエット法にはいろいろとありますが、半日断食ダイエットをおこなうことにはどのような意味があるのでしょうか。また、ほかのダイエット法とはどの点が異なっているのでしょう。

・体重を管理する

ダイエットには本来痩せるという意味はなくて、健康や美容のために食事を規定するというのが本来のダイエットの意味です。病気から身を守り、いつまでも美しくあるために食事内容を見直すといったことが、本来ダイエットをする目的となっているのです。

ただ、現代ではダイエット=痩せるという意味で用いられているので、半日断食ダイエットに関しても、体重を減らすという意味があることは否定できません。

半日断食ダイエットをおこなうことによって、食事のカロリー計算が容易になるため、体重をコントロールしやすくなります。結果として、ダイエットに成功しやすくなるわけです。

背中の贅肉をつかむ女性

・体質を改善する

半日断食ダイエットは、断食療法やプチ断食、マスタークレンズダイエットなどの、短期集中型のダイエットとは異なっています。最大の違いは、半日断食ダイエットは長期間にわたって継続するという点です。

プチ断食や断食療法などにももちろん体質改善効果はあるのですが、ダイエット自体が短期間で終わってしまうため、効果の持続期間にも限界があります。

その点、半日断食ダイエットは長期間にわたって食事をコントロールするダイエット法であることから、体質を根本的に改善することが可能となっています。

スポンサーリンク

半日断食ダイエットのやり方

半日断食ダイエットのやり方はとても簡単で、起きている時間の半分は、食事をしないというダイエット法となっています。では、半日断食ダイエットのやり方について紹介していきたいと思います。

・食事をしていいのは8時間(女性は9時間)だけ

半日断食ダイエットのやり方のポイントは、1日の食事を男性の場合は8時間、女性の場合は9時間以内に収めるということです。

もっともポピュラーな方法は、朝ご飯を抜くというやり方です。その日1回目の食事をたとえばお昼の12時に食べたとしたら、夕飯は夜の8時(女性の場合は夜の9時)までに終わらせるようにします。基本的にはこれだけを守っていればOKです。

・健康によい食事を心がける

半日断食ダイエットをおこなう際には、栄養バランスを考えて食事をすることも重要です。なぜなら、ダイエットとは本来、健康と美容のためにおこなうものだからです。

食事を前に笑顔の女性

特に、ジャンクフードやファーストフード、インスタントラーメンや菓子パンなどは絶対に摂らないようにしましょう。どんなダイエット法をしたとしても、そのようなジャンク(ゴミ)を食べていたら、美しくダイエットをすることは不可能です。

最初はポテトチップスが食べたいとか、ハンバーガーが食べたいと思いかもしれません。ただ、3ヶ月が経つ頃には、そういった不要な食物を受け付けない体質に変わっていることと思いますよ。

・ご飯を玄米に変える

半日断食ダイエットの効果を大幅にアップさせるには、日頃食べている白米を玄米に変えるという方法があります。白米は玄米を精製したものであり、言ってみれば玄米の粕(カス)のようなものです。

茶碗に入った玄米

粕という字自体が白米を表していますよね。白米は玄米の胚芽と糠を取り去った残滓のようなものなのです。ご飯の栄養は、取り去られた胚芽と糠の方に含まれているわけですから。

現代人は1日に30日品目を摂取するように推奨されていますが、それは白米という栄養価の低いご飯を食べているからなのです。現実問題、毎日毎日30品目をとれている人がどれくらいいるというのでしょうか。

昔の人が一汁一菜でも元気に活動できていたのは、玄米という栄養価の高い食品を食べていたからなのです。半日断食ダイエットをする際にも、ぜひ玄米を食生活に取り入れるようにしましょう。

半日断食ダイエットの効果についてのウソ!ホント?

それでは次に、半日断食ダイエットの効果について見ていきましょう。半日断食ダイエットをおこなうことにはいろいろな効果があるとされていますが、どの情報が正しいのでしょうか。

・デトックス効果

半日断食ダイエットをおこなうと、胃腸の機能を回復させることが可能となるため、体内にとどまっている宿便を排出し、デトックスをすることができるという説があります。

これに関しては、胃腸の機能を回復させる効果については正解ですが、宿便を出したり、デトックスをしたりといったことに関しては誤りです。

そもそも、宿便とは大腸に張り付いてなかなか出てこない便のことをいうそうですが、医学的に言ってそのような便は存在しないということです。

バツ印を出す女性

また、デトックス効果に関しても意味不明です。たしかに、デトックスという治療が医学上おこなわれることはあります。農薬(重金属)で自殺未遂をした人にして、薬品を用いたデトックスが行われることがあります。

また、薬物中毒やアルコール中毒の人に対してデトックス治療をおこなったりすることはあります。ただ、半日断食ダイエットをしたからと言って、体内の毒物が体外に排出されるようなことは絶対にあり得ません。

世間的にいわれているデトックスの方法(おふろで汗をかいたり、水をたくさん飲んだりといったことです)には、デトックス効果などは一切ないということを覚えておいてくださいね。

・頭がすっきりする

半日断食ダイエットをおこなうと、頭がすっきりして思考がクリアになる効果もあるといわれています。これに関しては、朝ごはんを食べないと頭が働かないのではないかという批判があります。

実際に、小学生を対象にした実験で、朝ごはんを食べないグループの児童は、朝ごはんを食べるグループの児童よりも学力が低いというデータがあるそうです。

ただ、朝ごはんを食べないことが学力の低下につながっているのか、朝ごはんを食べられない、もしくは食べる時間がないような生活習慣が、学力の低下につながっているのかは不明です。

毎日毎日塾に通って夜遅くまで勉強して、結果として朝ごはんを食べる時間のない生徒が、学力的に劣っているとは考えにくいですよね。

お勤めの人であれば、ランチを食べた後に眠くなるといった経験をしたことがあると思います。お腹がすいているときとお腹がいっぱいのときと、いずれにおいて頭が働くかは自明の理ですよね。

半日断食ダイエットのやり方とその効果とは?本当に正しい情報をお届けします!のまとめ

本気でダイエットをしたい人に半日断食ダイエットはおすすめです!

半日断食ダイエットについて紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。ダイエット法にはいろいろとありますが、根本的に痩せ体質をゲットするのであれば、半日断食ダイエットはとてもおすすめのダイエット法です。ものは試しで、一度やってみませんか?

関連コンテンツ