内臓温めダイエットの効果がスゴイ!深キョンも痩せたダイエット法を紹介します! 


内臓を温める事は、様々な良い効果をもたらし、結果としてダイエットにつながるようです。しかしながら自分の生活を見直してみると、体を冷やすことが多いことに気づきます。内臓を温めることで驚ろく程の効果をもたらしてくれます。

スポンサーリンク

内臓温めダイエットの効果がスゴイ!深キョンも痩せたダイエット法を紹介します!

世の中にはたくさんのダイエット法がありますが、最近注目されているのが「内臓温めダイエット」といわれるダイエット法です。といっても、内臓を温める方法はいろいろなので、さまざまな内臓温めダイエットがあります。

今回の記事では、内臓温めダイエットについて、やり方や効果を検証してみたいと思います。

内臓温めダイエットなに?

内臓温めダイエットは、その名の通り内臓を温めることによって、さまざまなダイエット効果を得ることを目的としたダイエット法のことをいいます。

ダイエットはもともと健康と美容のためにおこなうものですが、最近では痩せるという意味で用いられることも多いため、本稿でも内臓温めダイエットについて、健康、美容、痩身という3つの観点から解説していきたいと思います。

内臓温めダイエットが効果的な理由

内臓温めダイエットが最近注目されているのは、その健康や美容、痩身効果が高いことによります。では、なぜ内臓温めダイエットが効果的と言えるのでしょうか。

・基礎代謝が向上する

内臓温度は、体表から測った体温よりおよそ1度高いとされています。体温が36.5度の人の内臓温度は、37.5度という訳です。そして、理想の内臓温度は37.2度から38.0度ということです。

つまり、体表の温度が36.2度から37.0度の人が、理想の内臓温度をしているということなのです。内臓温度が低い人は、隠れ冷え症などと呼ばれることもあります。

内臓温めダイエットが効果的な理由としては、内臓温度が1度上がることによって、基礎代謝が10%から12%ほど上昇することが分かっているからです。

私たちが1日の間に消費するカロリーのおよそ6割を基礎代謝が占めていることから、基礎代謝が低下すれば太りやすくなり、基礎代謝が上昇すれば、痩せやすくなるということが可能です。

たとえば、1日に消費カロリー(基礎代謝)が1500キロカロリーだった場合、内臓温度が1度上がるだけで、基礎代謝が150キロカロリーから180キロカロリーも上昇することとなります。

そのため、内臓温めダイエットは効果的に痩せることの可能なダイエット法として、最近になって注目を集めているのです。

・血液の循環がよくなる

内臓温めダイエットが効果的なのは、内臓温めダイエットをおこなうことによって、血液の循環がよくなるということもあげられます。

血液は全身に酸素と栄養を運んでいるので、血液の循環が悪くなったところは、栄養状態が低下することとなります。

栄養状態の低下が脳に見られれば、集中力が低下したり、思考能力が減退したりするでしょう。末端の栄養状態が低下すれば、手足の先が冷えるなどといった現象も起こることとなります。

内臓の温度が低下すれば、基礎代謝量が低下して太りやすい体質になってしまう可能性が上がりますし、消化器系に影響が出れば便秘や下痢といった排便障害がおこることもあります。

便秘に悩む女性のイラスト

およそ、私たちの身体に現れる不調を見てみると、血行が悪くなっているケースがほとんどです。東洋医学において、「お血(おけつ)は万病のもと」とか「冷えは万病のもと」などといわれるのはそのためです。

内臓温めダイエットをおこなうと、血液の循環がよくなるので、全身の栄養状態が改善することも期待できるということなのです。

内臓温めダイエットの効果

それでは、内臓温めダイエットをおこなうことで、どのような効果が期待できるのかについて、見ていきたいと思います。

・減量効果

内臓温めダイエットをおこなう際に、もっとも気になるのが体重を減らすことができるのかどうかについてだと思います。内臓温めダイエットには基礎代謝量をアップさせる効果があるので、物理的にやせる効果が期待できるといえます。

・冷え症の改善効果

内臓温めダイエットをおこなうと、血液の循環がよくなるので、末端部の冷え症などを改善する効果も期待できます。

風呂上りにふくらはぎをマッサージする女性のイラスト

 

・美肌効果

内臓の温度が下がると、内臓の働きが低下するということです。胃腸の働きが低下すれば、胃がもたれたり、腸内環境が悪化したりすることが考えられます。

腸内環境が悪化したときに特徴的なのが、便秘や下痢といった排便障害がおこるほかに、肌荒れや吹き出物などが出やすくなるということです。内臓温めダイエットによって血行がよくなると、結果として美肌効果も期待できるのです。

両手で顔を抑える笑顔の女性

内臓温度が下がってしまう理由

内臓温めダイエットが、ダイエット法としてとても優れていることは分かりましたが、ではそもそもなぜ内臓温度が下がってしまうのでしょうか。

・食習慣

内臓温度が下がってしまう理由としては、冷たいものを好んで食べたり飲んだりするといったことがあげられます。内臓温度を下げる最大の理由はビールです。

もちろん、ほかの冷たい飲食物も内臓温度を下げる理由となるのですが、ビールほど内臓温度を下げるものはありません。

ビールは4度から5度の温度が一番おいしく飲める温度だということです。しかも、ビール好きの人は、何杯も大量に飲みますよね。ビールほど、冷たいものを大量に飲む飲料はほかにありません。

・エアコン

内臓温度が下がってしまう理由としては、エアコンもあげられます。特に、夏の暑いときにクーラーをガンガンに入れていると、体表から熱が奪われることとなります。それにともなって、内臓温度も下がってしまうという訳です。

冷え性の女性

・運動不足

運動をする習慣がない人や、普段からあまり歩く習慣がないといった人にも、内臓温度が低くなる傾向が見られるようです。なぜなら、身体を動かす量が少ないことによって、血行不良が起こるからです。

内臓温めダイエットのやり方

内臓温めダイエットのやり方は、基本的に内臓の温度を上げてあげるということです。そのための方法をいくつか紹介しておきたいと思います。

・白湯を飲む

白湯を飲むダイエット法は、女優の深田恭子さんが大幅に体重を減らしたときにおこなっていたダイエット法としてよく知られています。

やり方はとても簡単で、いったん沸騰させたお湯を50度にまで冷まして、ゆっくりと時間をかけて飲むだけです。朝一番におこなうと、便秘の解消効果も得られますよ。

白湯

・温かい食べ物を食べる

内臓温度を上げるには、温かい食べ物を食べることが重要です。よく「暑いときに熱いものを食べるから健康によい」といわれますが、それは夏こそ内臓温度が下がりやすいからです。

外気温が高いとついついクーラーを入れて部屋を涼しくしてしまいます。それによって、身体が冷えるとともに、内臓温度も下がってしまうのです。また、熱い夏は冷たい飲み物を飲む機会も増えますよね。

そのため、夏だからこそ温かい食べ物を食べることが重要となるのです。暑いときに熱いものを食べて汗をかけば、すっきりとして夏バテ対策にもなりますよ。

・適度に運動をおこなう

内臓温度を上げるためには、適度に身体を動かすことも重要です。ジョギングなどの有酸素運動で内臓温度を高めれば、有酸素運動の脂肪燃焼効果とも相まって、さらにダイエット効果を上げることが可能です。

ランニングをするミドル女性

内臓温めダイエットの効果がスゴイ!深キョンも痩せたダイエット法を紹介します!のまとめ

内臓温めダイエットの効果がスゴイ!お腹を冷やさないように気をつけよう!

内臓温めダイエットについて紹介しましたが、いかがだったでしょうか。冬場はもちろんですが、意外に夏場もお腹が冷えているものです。夏場にもおなかを冷やさないようにして、ダイエットを成功させてくださいね。

スポンサーリンク