大豆ダイエットで健康的に痩せよう!驚きのダイエットパワーに迫ります!


大豆ダイエットは驚きの効果があります。今回の記事では大豆の持つ驚きのダイエット効果と、大豆ダイエットのやり方について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

大豆ダイエットってなに?

大豆ダイエットとは、大豆を食べることによって健康的に、美しく痩せるダイエット法のことをいいます。ダイエットとはそもそも健康と美容のためにおこなうものなので、そういった意味でも大豆はうってつけの食品だと言えます。

大豆ってどんな食べ物ですか?

大豆を見たことも食べたこともないという方はあまりいらっしゃらないことと思いますが、改めて大豆とはどのような食べ物なのかについて見てみたいと思います。

・マメ科の植物

大豆は豆科に属する一年草です。食べられているのは大豆の種にあたる部分です。その歴史は古く、日本最古の歴史書でもある「古事記」にも大豆についての記載があるそうです。ちなみに、枝豆は大豆の未成熟な種子のことをいいます

・畑の肉

大豆には豊富なたんぱく質が含まれています。多くの植物の中でも、大豆だけが肉類に匹敵するくらいのタンパク質を含有しているため、畑の肉などと呼ばれることもあります。

最近は日本だけでなく海外でも健康ブームが隆盛となっているため、大豆の持つ健康効果が大いに注目されています。国産大豆をもっとも多く生産しているのは北海道です。

・自給率は低い

大豆そのものを食べることもあれば、味噌や醤油といった形で利用されることもある大豆ですが、平成27年の国産大豆の自給率は、たったの7%だということです。

・大豆の用途

大豆はそのまま食べられることもありますが、国産大豆の半分以上は豆腐になるということです。続いて17%が納豆に、9%がお惣菜に、8%が味噌や醤油といった調味料になるそうです。

大豆ダイエットで得られる栄養素は?

大豆は健康にとって有益な多くの栄養素を含んでいます。ここでは大豆の代表的な栄養素について見ていきたいと思います。

・サポニン

大豆にはサポニンといわれる成分が含まれています。大豆の苦み成分でもあるサポニンは、多くの植物の根や茎、葉っぱなどに存在しているということです。

・イソフラボン

大豆にはイソフラボンというおなじみの成分も含まれています。コマーシャルや通販サイトなどでも大豆といえばイソフラボンというほど、よく知られている成分です。

イソフラボンはフラボノイドの一種であり、ポリフェノールの一種であるとされています。マメ科の植物の種子には、ほとんどと言っていいほどイソフラボンが含まれているそうです。

そして、イソフラボンには女性ホルモンであるエストロゲンと似たような働きがあることが知られており、サプリメントや育毛剤などに配合されていることもあります。

・タンパク質

豆腐といえば高たんぱくで低カロリーな食品であることがよく知られていますが、それは大豆に含まれているタンパク質が非常に豊富であることに由来しています。

タンパク質は筋肉を作るもとともなるので、ダイエット中には必ず摂取する必要があります。なぜなら、筋肉が落ちてしまうと基礎代謝量も低下するからです。

・食物繊維

大豆はあたり前ですが、植物の種子であることから、食物繊維も豊富に含まれています。また、オリゴ糖も含まれているので、腸内環境の改善も期待できます

大豆ダイエットの効果とは?

大豆には上記の代表的な栄養素以外にも、健康や美容にとって有益な、さまざまな成分が含まれています。それでは次に、大豆ダイエットにはどのような効果があるのかについて見ていきましょう。

・便秘の解消効果

大豆には食物繊維が多く含まれています。食物繊維といえばまず思い浮かぶのが便秘の解消効果ではないでしょうか。ダイエットをしたい女性の多くに便秘の悩みがあることから、大豆ダイエットはそのような女性におすすめです。

また、大豆にはオリゴ糖も含まれています。オリゴ糖には腸内環境を整える効果があるため、食物繊維とタッグを組んで便通を改善してくれる効果が期待できます。

便秘解消したイラスト

・筋肉をつける効果

大豆には豊富なタンパク質が含まれていることから、運動や筋力トレーニングなどをおこなったあとに大豆ダイエットをすることで、筋力アップや筋肉量を維持する効果が期待できます。

ダイエットというとすぐに食事制限をイメージしてしまいますが、食事制限のみによるダイエットは、常にリバウンドの危険性と隣り合わせであるということを忘れてはなりません

なぜなら、食事制限による減量は、脂肪だけでなく筋肉量も低下させてしまうからです。筋肉量は基礎代謝と深くかかわっていることから、せっかく体重が減少しても、かえって太りやすい体質になってしまう危険性があります。

基礎代謝とは、私たちが何もしていなくても消費されるエネルギーのことをいい、1日に消費される全カロリーのうちのおよそ6割を占めるとされています。そして基礎代謝のうちのおよそ2割を筋肉が占めています。

大豆に含まれているタンパク質は、肉類に匹敵するくらいの量があることから、ダイエット中の筋力トレーニングや、筋肉を維持するためにも重要な栄養素となっています。

・脂肪燃焼効果

大豆に含まれているビタミンB群には、脂肪を燃焼しやすくしたり、タンパク質を合成して筋肉をつけやすくしたり、体内の糖分をエネルギーに転換したりする働きがあることが分かっています。

・美容効果

大豆に含まれているイソフラボンには、女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きがあることが分かってきています。特に、女性は中年期以降にエストロゲンの分泌が減少することにっよって、さまざまなトラブルに見舞われる可能性があります。

美容面でいうと薄毛がその一つです。男性の場合は男性型脱毛症といって、M字ハゲやO字ハゲのように、局所がはげ上がってしまう現象がみられますが、これは男性ホルモンが活発になりすぎることによって起こると考えられています。

女性の場合もエストロゲンが減少すると、女性男性型脱毛症と呼ばれる薄毛が見られることがあります。男性のように局所がはげ上がるようなことはないのですが、髪のボリュームがダウンしたり、頭皮が透けて見えたりするようなことがあります。

そこで、大豆イソフラボンの出番となるわけです。実際に、女性向けの育毛剤にも、大豆イソフラボンを配合した商品が多数あります

大豆の美容効果はそれだけではありません。大豆にはポリフェノールの一種であるサポニンが含まれていますが、ポリフェノールには強い抗酸化作用があることが分かっています。

鉄が酸化すれば錆びるように、私たちの身体も酸化することで老化が起こると考えられています。肌が酸化すればシミやソバカスになりますし、内臓が酸化すれば病気になるリスクが高まります

大豆に含まれているサポニンの抗酸化作用によって、そういった老化にまつわる現象を遅らせることが期待できるという訳なのです。そのことから、大豆ダイエットはアンチエイジングの分野でも注目を集めています。

大豆ダイエットで健康的に痩せよう!驚きのダイエットパワーに迫ります!のまとめ

大豆ダイエットは、大豆を食べれば食べるほど痩せるというダイエット法ではありません(そんな食べ物はありません)。ただ、ジャンクフードやコンビニ弁当をやめて、大豆や大豆製品を食べることで、体重を減らしたり健康を得たりすることは十分に可能です。今日からでも大豆ダイエットを始めてみませんか?

関連コンテンツ