健康的ダイエットのススメ!美しく痩せるための方法をご紹介!


「ダイエットに失敗したことがある」という方はたくさんいらっしゃることと思います。なぜダイエットに失敗するかというと、結局のところ2つの理由に帰結すると思います。それは意志が弱いか、誤ったダイエット法を選択しているかです。今回の記事では、健康的ダイエットについて考察してみたいと思います。

スポンサーリンク

ダイエットをするのは何のため?

「ダイエットをするのは痩せるために決まってるでしょ!」というあなた。そんな考え方でいるからダイエットに失敗するんですよ。挑発的な書き方をしてスミマセンが、まずはダイエットとは何のためにおこなうものであるのかを知ってくださいね。

・健康のため

ダイエットの目的は、第一義的には健康のためです。なぜなら、ダイエットという単語を英和辞典で引いて見ると「規定食」と書かれているからです。

規定食とは、簡単に言うと食餌療法(食事療法)をイメージすると分かりやすいのではないでしょうか。糖尿病や肥満など、食習慣が原因の人が、食事の量を減らしたり食事内容を変更したりすることによって、健康を取り戻すための食事法です。

・美容のため

いつまでも美しく、若々しくありたいというのは人類共通の願いなのかもしれません。かの秦の始皇帝も、晩年は不老不死を願い、有害な金属を飲んでかえって寿命を縮めたなどという話もあります。美に関する執着心の強さは、今も昔も変わることがないのですね。そして、ダイエットをおこなう理由としては、美容のためということもあげられます。

目をつぶり頬を触る女性

美容に関してもっとも分かりやすいのはやはり見た目でしょう。太っているとか痩せているとかいったことはもちろん、お肌のシミやシワ、髪の毛の白髪などがそれにあたります。ただ、シミやシワを隠すために厚化粧をしたり、白髪染めをしたりといったことは、対症療法的なもので根本的な解決にならないことはお分かりのことと思います。

本当の美しさは身体の内面から現れるものであり、そのためには食習慣を変えること=ダイエットが必要となる訳です。

・痩せるため?

ダイエットというと「痩せる」という意味で考えている方も多いことと思います。ただ、本来のダイエットの意味は規定食であり、健康や美容のために食習慣を変更することを意味します。ところが、糖尿病や肥満の治療をおこなったり、美を追究したりする過程で「結果として」痩せるという現象が見られることがあります。

もちろん、拒食症でガリガリに痩せてしまっている人がダイエット=食餌療法をすれば、適正体重に近づく=太ることとなります。ただ、一般的にダイエット=食餌療法が必要とされるのは肥満傾向にある人が多いため、ダイエットが痩せるという意味で捉えられるようになってきたのです。

世の中に出回っているダイエット本やダイエットサイトなどは、ほとんどがダイエット=痩せることとして、体重を減らす方法を紹介しているようです。ただし、ダイエットは本来なら健康や美容のためにおこなわれるものです。体重を減らすことによって健康を害したり美が損なわれたりするのであれば、それは正しいダイエットとは言えません。

スポンサーリンク

健康的ダイエットの方法その1・水分を摂る

健康的ダイエットをするためには、まず水分を摂ることが必要です。なぜ、水分を摂ることが健康的ダイエットにつながるのでしょうか。

・現代人は水分不足になりがち

現代人は昔と比べて働く時間が非常に長くなっています。また、デスクワークが主流となったことで、長時間パソコンの前から動くことがないという人も増えています。集中してデスクワークに臨んでいると、ついつい水分補給を怠りがちです。私たちは通常、1日に2リットルから2.5リットルの水分摂取が必要だとされています。

もちろん、食事からも水分は摂取できるため、全てを水分から摂取しなければならない訳ではありません。食事から摂取できる水分は1日におよそ1リットル程度と考えられています。そのため、目安としては1日に1リットルから1.5リットルの水分を摂取する必要があります。

・老廃物を排出する

水分を摂取することは、汗をかいたり排尿したりといったことを促し、老廃物を体外へと排出することにつながります。そして、その水分はなるべく無駄なものが含まれていないものが推奨されています。特に、缶コーヒー(無糖を除く)や清涼飲料水には、驚くほどの糖分が含まれています。糖分は脂肪の蓄積に直結するので、ダイエットをするのであればそういった飲み物は避けた方がよいでしょう。

健康的ダイエットの方法その2・野菜や果物を摂る

野菜や果物が身体に良いということはなんとなくわかると思いますが、では具体的に野菜や果物を摂ることで、どのようなダイエット効果が得られるのでしょうか。

サラダを食べる女性

・ビタミンとミネラルを補給できる

現代人の食生活の問題点は、ビタミンとミネラルの摂取量が絶対的に足りないということです。これは、高度経済成長期以降の、欧米化した食習慣に依拠しているとされます。かつての日本では、玄米や魚、野菜や海藻といったバランスのよい食生活をしていましたが、高度経済成長期以降は肉食やカロリーの高い食事、脂っこい食事が好まれるようになってきました。

その結果として、顕著な野菜摂取不足を招くことになったのです。厚生労働省が1日の野菜摂取慮の目安を350gに設定しているのも、野菜を摂る習慣が減ってきていることに警鐘を鳴らすためです。ビタミンとミネラルは三大栄養素ではありませんが、私たちの体調を整える上で非常に重要な栄養素となっています。

・血糖値の上昇を緩やかにする

食事をするときに野菜を最初に食べると、血糖値の上昇を緩やかにする効果があることが分かってきています。血糖値が上昇するとすい臓からインスリンが分泌され、糖質を分解して活動のエネルギーに変えてくれます。ところが、血糖値の上昇が急激だと、インスリンの分解能力が追い付かなくなってしまいます。

分解しきれなかった糖分は、脂肪へと形を変えて、予備のエネルギーとして体内にとどめ置かれることとなります。これが太ってしまう原因なのです。野菜を食べることによって健康的ダイエットができる理由の一つが、脂肪を溜まりにくくして太りにくくできるということなのです。

・美容効果を得るため

野菜は、そこに含まれている栄養素によってさまざまな美容効果が得られるとされています。ビタミンCに美肌効果があったりビタミンEに抗酸化作用があったりすることなどはよく知られていることと思います。野菜や果物になぜ美容効果があるかというと、野菜や果物が日の光を浴びて育っていることと関係があります。

ミクサーの中にフルーツを入れてスムージーを作っている

日の光は植物を育む上で欠かせないものですが、そこには紫外線という有害なものも含まれています。野菜や果物は、紫外線から身を守るためにポリフェノールを産生します。ポリフェノールというと、赤ワインやチョコレートをイメージされることが多いと思いますが、実はほとんどの野菜にはポリフェノールが含まれており、その種類は5000種にも及ぶということなのです。

ポリフェノールの抗酸化作用は、野菜や果物を摂取した私たちの身体にも恩恵を与えてくれるという訳なのです。

健康的ダイエットの方法その3・適度に運動をする

ダイエットの意味は規定食なので、本来ダイエットと運動は関係ありません。ただ、ダイエット効果を維持するためにも、適度に運動をして血行を良くしておくことが重要です。また、筋力が低下すると基礎代謝も下がってしまうため、太りやすい身体になってしまいます。

筋力アップしないまでも、筋力が低下しないように気をつけましょう。ダイエットを成功させるには考え方を変えることも必要!

健康的ダイエットのススメ!美しく痩せるための方法をご紹介!のまとめ

ダイエットに失敗する人は、ダイエットに失敗する思考法をしています。これはビジネスなどでも同じで、方法が正しくても考え方が間違っていると思ったような結果が出ません。ダイエットがうまくいかないという人は、やり方と考え方を再確認してみてくださいね。

関連コンテンツ