ピーナッツダイエットで美味しく痩せよう!まだカロリーなんて気にしているの? 


ピーナッツダイエットと聞いて、ピーナッツの高いカロリーで本当にダイエットできるのと思う方もいるのではないでしょうか。そんな疑問を解決する為に、ピーナッツの驚くべき効能についてご紹介します。カロリー摂取だけがダイエットの成否を決めるものではないもののようです。

スポンサーリンク

ピーナッツダイエットで美味しく痩せよう!まだカロリーなんて気にしているの?

ピーナッツって、ポリポリとして美味しくて、ついつい手が伸びてしまいますよね。そんなピーナッツを食べることでダイエットができるとしたらビックリですよね。実は、ピーナッツにはダイエットをするときに必要な栄養素がたくさん含まれているのです。今回は、ピーナッツダイエットのやり方や、カロリーに関しての考え方を紹介したいと思います。

ピーナッツダイエットなに?

ピーナッツダイエットは、日常の食生活にピーナッツを上手に取り入れることで、さまざまなダイエット効果を得ることが目的のダイエット法です。

ピーナッツにはさまざまな栄養素が含まれているので、健康的に美しくといったダイエット本来の目的を果たすのにもってこいなのです。ついでに痩せられればいうことありませんよね。

いま「ついでに」と表現したのには理由があって、本来ダイエットには痩せるという意味はないんです。ダイエットとは「規定食」のことで、健康や美容といった目的のために、食事量を制限したり、食事の栄養バランスを考慮したりすることをいいます。

簡単な例を挙げると、食餌療法(食事療法)がダイエットにあたります。食餌療法は、痩せることを目的としているのではなく、病気や生活習慣病の改善や予防を目的としておこなわれているのです。

ただ、食習慣が原因で病気になったり、生活習慣病になったりしているような人には太っている人が多いため、食餌療法をおこなうと自然と痩せていきます。

その結果だけをみると、ダイエット=痩せることと見える訳ですね。まあ、最近ではダイエット=痩せるという意味で用いられることが多いので、そこまで神経質にならなくてもいいのですが。

スポンサーリンク

ピーナッツってどんな食べ物なの?

ピーナッツを見たことも食べたこともないという方はあまりいらっしゃらないと思いますが、ピーナッツダイエットについて解説する前に、まずはピーナッツがどのような食べ物なのかについて見ていきたいと思います。

・落花生のこと

「ピーナッツと落花生ってどう違うの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、落花生の英語がピーナッツということなので、まったく同じものです。落花生はほかにもさまざまな呼び名があり、唐人豆や南京豆、異人豆などと呼ばれることもあります。

・落花生の名前の由来

ピーナッツとは直接関係ないのですが、落花生の名前の由来が面白いので紹介しておきたいと思います。落花生はその名前を見ても分かるように、花が落ちて生じるという特徴があります。

詳しく説明すると、落花生の花が受粉すると、その子房の部分が徐々に頭を下げて、地面の中に潜っていくのです。まるで花が落ちて実がなるように見えることから、落花生の名前が付けられたということです。

・歴史

ピーナッツの歴史は古く、今からなんと4500年も前のペルーの遺跡から、大量の落花生の殻が出土したということから、早い時期から食べられていたのではないかと推測されているそうです。

また、副葬品として落花生が埋葬されていたこともあるようです。ちなみに、ピーナッツの原産地もペルーやメキシコなどの南米であるということです。

日本には18世紀の初頭に東アジアを経由して伝わったということです。そのため、ピーナッツが南京豆と呼ばれることとなったわけです。

ピーナッツに含まれている栄養素は?

ピーナッツは身体によい食品として知られていますが、その理由はピーナッツに含まれている栄養素にあります。では、ピーナッツにはどのような栄養素が含まれているのでしょうか。

・ビタミンやミネラル

ピーナッツには、ビタミンB群やビタミンE、ナイアシンといったビタミンが豊富に含まれています。また、カリウムやマグネシウム、リンや亜鉛などのミネラルも多く含んでいます。

・脂肪酸

ピーナッツには飽和脂肪酸のほか、不飽和脂肪酸やリノール酸、リノレン酸やオレイン酸といった、健康を維持するのに欠かせない脂肪酸がたくさん含まれています。

・食物繊維

植物には一般的に食物繊維が豊富に含まれているものですが、ピーナッツもその例にもれません。ピーナッツに含まれている食物繊維はほとんどが不溶性の食物繊維で、水溶性の食物繊維はわずかしか含まれていません。

・ポリフェノール

植物の多くにポリフェノールが含まれていますが、ピーナッツにもやはりポリフェノールが多く含まれています。特に、ピーナッツの薄皮にあたる部分にたくさんポリフェノールが存在しているそうです。

ピーナッツダイエットの効果とは?

ピーナッツには健康効果が期待出来るたくさんの栄養素が含まれていますが、では、ピーナッツダイエットをおこなうことによって、どのような効果が期待できるのかについて見ていきましょう。

・減量効果

ピーナッツを食事の20分ほど前に10粒ほど食べ、水分を取ると減量効果が期待できます。なぜなら、ピーナッツには不溶性の食物繊維が多く含まれているからです。

不溶性の食物繊維はその名の通り、水に溶けることがありません。そして、体内の水分を吸収することによって膨張するという特徴があります。

ピーナッツが胃で膨張すれば満腹感を得られるので、食事全体の量を減らすことが可能となります。結果として、体重を減らすことが可能となるという訳です。ちなみに、ピーナッツは無塩のものを選ぶようにしてくださいね。

また、ピーナッツの不溶性食物繊維が腸で膨張すれば、便の嵩がますこととなり、便意をうながして便秘の解消効果も期待できます。ダイエットをしたいという女性の多くが便秘に悩まされているので、そのようなときにもピーナッツダイエットは効果的だということです。

・美容効果

ピーナッツに含まれているビタミンEは、強い抗酸化作用があることで知られています。私たちの身体は酸化することによって老化が進行すると考えられています。

そのため、ピーナッツを食べることによって、その抗酸化作用の恩恵を受け、いつまでも若々しく、美しくいられる効果が期待できるのです。

また、ピーナッツにはポリフェノールも含まれているということでしたが、ポリフェノールは紫外線の害悪から私たちの皮膚を守ってくれます。シミやシワを予防するためにも、ピーナッツダイエットは効果的だということです。

目をつぶり頬を触る女性

・むくみの改善効果

ダイエットをしたいと悩む女性の多くに、身体のむくみがみられます。ピーナッツに含まれているカリウムには、余分な水分を体外に排出するという働きがあります。むくみに悩んでいる人にも、ピーナッツダイエットはおすすめです。

ピーナッツダイエットはカロリーが心配?

ピーナッツがダイエットにおすすめなことは分かりましたが、実は、ピーナッツのカロリーは、結構高いのです。では、ピーナッツはダイエットに向いていないのでしょうか。いえ、そんなことはないんですよ。

・カロリー神話はすでに崩壊している

カロリーについて初めて計算式を考案したのは、ドイツ人の医師であるマックス・ブルナーという人だそうです。それから食品のカロリーが注目されることとなったのですが、現在では太る原因がカロリーにあると考える医師は減ってきています。

・太る原因は糖質

それでは、何が太ってしまう原因になるのかというと、それはズバリ糖質です。日本の医師の中にも、糖質(炭水化物)を必要以上に摂らないようにして、病気の改善などを目的とした食餌療法を考案されている方がいます。

山盛りの白米

ピーナッツダイエットをおこなう際には、カロリーを気にする必要はありません。そんな心配をしている暇があったら、身体を動かしたり食習慣を見直したりした方が有益です。

ピーナッツダイエットで美味しく痩せよう!まだカロリーなんて気にしているの? のまとめ

ピーナッツダイエットで健康的に痩せよう!

ピーナッツダイエットについて紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。ピーナッツはおやつとしてだけではなく、サプリメント的に食べることも可能なんですね。ただ、ピーナッツダイエットをおこなう際には、無塩のピーナッツを選ぶようにしてくださいね!

関連コンテンツ