チェダーチーズのダイエットレシピ!低糖質で腹持ちが抜群!

アイキャッチ画像

チェダーチーズをダイエットに利用するためのレシピや、その効果をご紹介します。綺麗なオレンジ色で彩りも良く、食卓を華やかにしてくれるチェダーチーズは、サンドイッチやハンバーガーに挟む以外にも様々な料理に利用できる大変食べやすいチーズです。チーズですからカロリーを気にされる方は多いかもしれませんが、実はかなりの低糖質食材だというのをご存知でしょうか。高たんぱくでもありますので、ダイエット中の間食としてもおすすめです。

スポンサーリンク

1.チェダーチーズってどんなチーズ?

チェダーチーズは、牛乳から作られるチーズです。

かつてはイングランドで作られていましたが、今では世界中で生産されるようになりました。

オレンジ色の鮮やかな色味が特徴ですが、実はあの色は色素で着色されているものなのです。

チェダーチーズは酸味が強く、はっきりした味わいが特徴となっているため、その味わいにあった色が付けられることが多くそれがあのオレンジ色なのだそうです。

ちなみに着色されたものをレッドチーズされていないものをホワイトチェダーと呼びます。

チェダーチーズの着色に使用される色素で最も一般的なものは「アナトー色素」というもので、ベニノキの種子から抽出されます。

着色といっても植物性ですから、安心して食べていただけます。

そして、チェダーチーズは1170年の時点で生産されていたことが解っているとても歴史が深いチーズです。

チェダーチーズの生まれ故郷のイギリスでは、チーズ全体の生産量の50%以上をチェダーチーズが締めています。

2.チェダーチーズのカロリーと栄養素

チェダーチーズのカロリーは、スライスチーズ1枚で約85kcalです。

100gで換算すると、約423kcalとなります。

決して低いカロリーではありませんが、牛乳が原料というだけあってとても栄養豊富です。

ビタミンA、ビタミンE、ビタミンK、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、パ鉛、銅、ヨウ素、セレン、モリブデンが含まれています。

牛乳に含まれる詳しい栄養素やダイエット効果については、以下の記事も参考にしてください。

牛乳はダイエット中に飲んでもいいの?牛乳とダイエットのお話!!!

3.チェダーチーズはダイエットに向いていた?

空腹対策にぴったり

チェダーチーズのカロリーが高い理由は、脂質が多いことにあります。

脂質は高カロリーではありますが、その分大変腹持ちが良いとされています。

間食にチェダーチーズを1切れ食べておけば、空腹が抑えられてスイーツなどの誘惑に打ち勝つことができます

ケーキやチョコレートなどのスイーツなどを我慢するための食材としても適しています。

栄養が豊富

牛乳が原料のチェダーチーズは、高カロリーですが栄養素も豊富に含まれています

カロリーだけが高くて栄養素がないジャンクフードとは違って、栄養補給としても食べることができるのです。

豆乳をコップにそそぐ

チェダーチーズには、脂肪の代謝を助けてくれるビタミンB群が豊富に含まれていますし、免疫力などと関わりが深いビタミンAも豊富に含んでいます

カロリーが高いからといってダイエットには適してないかといえば、そうとは言い切れないのです。

食事制限などで栄養バランスが崩れやすいダイエット中だからこそ、チェダーチーズのような栄養豊富な食材を取り入れることも大切です。

低糖質で高たんぱく

近頃ダイエットに大切なのはカロリーではなく糖質だと言われています。

直接の太る原因である糖質を制限すれば、カロリーは気にする必要はないというダイエット法です。

チェダーチーズはまさしくこれにあたり、さらにはたんぱく質も豊富のため「糖質制限ダイエット」にぴったりです。

チェダーチーズの糖質は、100gあたり2g以下です。

チーズは低糖質でダイエット中、どうしても我慢できない場合の間食にぴったりだというのを聞いた事がある方もいるかもしれませんが、チェダーチーズもそういえます。

更には腹持ちも良いので、ぜひ間食に取り入れて頂きたいですね。

塩分に注意

低糖質で栄養豊富なチェダーチーズですが、チーズは製造する過程で塩を使うので、塩分が多いという特徴があります

ですので、食べ過ぎると塩分過多になってしまうかもしれません。

塩分の取りすぎは身体にも良くありませんし、むくみの原因にもなります。

むくみに悩む女性も多いかと思いますので、チェダーチーズをダイエット中に食べるときは一度に多く食べすぎないように注意をしてください

4.チェダーチーズをおいしく食べるレシピ

チェダーチーズをダイエットに取り入れる際、サンドイッチやハンバーガーなどに挟んで食べてもダイエットには効果的ではありませんね。

そのため今回は野菜サラダやサラダチキンなどと相性がぴったりのチェダーチーズのドレッシングをご紹介します

ドレッシングのレパートリーが増えれば、ダイエット中、野菜もたくさん食べられるようになりますよ。

チェダーチーズソース

材料

  • チェダーチーズ 2枚
  • マヨネーズ 大さじ2
  • 白ワイン 大さじ1
  • ケチャップ 小さじ2
  • 塩こしょう 適量

作り方

  1.  鍋にチェダーチーズを千切って入れる
  2.  ワインを加えて弱火にかけて、チーズを完全に溶かす
  3.  チーズが溶けてワインと混ざったら火を止めて、マヨネーズ・ケチャップを入れる
  4.  分離しないように、手早く、よくかき混ぜる
  5.  塩コショウで味を調えれば完成

白ワインでチェダーチーズを溶かしてからマヨネーズとケチャップを加えて作るチェダーチーズのオーロラソースです。

野菜との相性がよく、ブロッコリーやアスパラ、レンコンやカリフラワー、ピーマンなどと合わせて食べていただけます。

また、フランスパンとも相性がよいためディップソースとして食べるのもおすすめです。

温野菜や野菜スティックにつけてお召し上がりくださいね。

タバスコを入れると刺激的なピリ辛味になるので、こちらもぜひ試してみてください

チェダーチーズのダイエットレシピ!低糖質で腹持ちが抜群!のまとめ

チェダーチーズは高カロリーですが、かなりの低糖質、そして高たんぱくの食材です。脂質が含まれていますので腹持ちが良く、ダイエット中どうしても間食を我慢できない場合にもぴったり!糖質制限でのダイエットを行っている方は、ぜひチェダーチーズを取り入れてみてくださいね。白ワインやマヨネーズと合わせて作るソースは、野菜サラダやサラダチキンなどと相性ぴったりなので、こちらもぜひ試してみて下さい。しっかりと味が付いているので少量でも満足感のある食事を摂ることができます。

関連コンテンツ