糖質ゼロのシソの実!塩漬けや酢漬けの簡単レシピでダイエット

アイキャッチ画像

シソの実をダイエットに利用するおすすめの方法をご紹介します。あまり食べ慣れていない方は「実?」と思われるかもしれませんが、塩漬けや酢漬けにすることで様々な料理に利用できる調味料のようになり、毎日の食卓に取り入れやすい食材となりますよ。独特の爽やかな香りも楽しめるシソの実に一体どのようなダイエット効果があるのか、詳しくご紹介していきます。ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

1.シソの実とは

穂が稲のような形をしているシソの実は、9月を過ぎたころに実をつけ始めます。

そして花が咲き始めてから約一週間ほどで収穫ができるようになるのです。

地域によって多少の差はありますが、主に9月下旬が収穫の時期となり、旬は秋となります。

シソ科シソ属の植物であるシソは独特な香りがある、一年生の草本(植物)です。

葉は薬味の大葉として食べられることが多く、特徴的な香りと味がお好きな方も多いかもしれませんね。花は刺身などに添えられますし、もちろん今回ご紹介する実も食べる事ができます。

シソの実は花が咲いた「花シソ」が成長したもので、プチプチとしており様々な料理にも使用されます

2.シソの実のカロリーと栄養素

シソの実は、1本あたり約1kcalです。

100gで換算すると、約41kcalとなりますので、かなりの低カロリー食材といえます。

シソの実には、ビタミンA、ビタミンE、ビタミンK、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、ビタミンB6、葉酸、パントテン酸、ビタミンC、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、マンガンが含まれています。

食物繊維も含まれており、とても栄養価が高いのです。

ダイエット中に乱れがちな栄養バランスを整えてくれる効果も期待できますので、美容・健康ともに嬉しい食材です。

また、シソの実には、ルテオリンやαリノレン酸などが含まれており、アレルギーを抑制する効果も期待できます

3.シソの実のダイエット効果とは

シソの実は糖質ゼロ

私たちの身体に脂肪を蓄える原因とされているのが、糖質ですよね。

シソの実には、実は糖質が含まれていません

炭水化物は含まれていますが、すべてが食物繊維だとされています。そのため糖質がゼロなのです。

先述した通りカロリーもとても低いですので、ダイエット中でも安心して食卓に加える事ができます。

シソの実だけで一食となるわけではありませんが、ダイエット中に口にするものは少しでも糖質・カロリーが低いものが嬉しいですね。

βカロチンが豊富

シソの実には、βカロチンがたっぷり含まれています

βカロチンは身体の中でビタミンAに変わるのですが、免疫力をアップさせたり、肌の代謝を促進させる働きがあるのです。

食事制限などで栄養バランスの崩れやすいダイエット中、積極的に摂っていただきたい栄養素となります。

健康的に、美肌や美髪も目指しながらダイエットを行う方にぴったりです。

食物繊維が豊富

シソの実には、食物繊維がたっぷり含まれています

シソに含まれている炭水化物のすべてが食物繊維とされるほど豊富で、食物繊維はダイエットに役立ってくれる栄養素です。

ダイエットに食事・運動はもちろん大切ですが、何より体の中で気を付けなければならないのが「腸活」です。

太りやすくお腹の肉をつまんでいる女性

便秘解消に効果があり、ぽっこりお腹の解消にも一役買ってくれます。

また、食事後の血糖値の急激な上昇を抑えてくれる効果もありますので、食物繊維はダイエットの強い味方といえるのです。

アルファリノレン酸の効果

シソに含まれているアルファリノレン酸という成分には、血液中の中性脂肪を下げ、血液をサラサラにする働きがあります。

血液がサラサラになることで血流が改善し、身体が温まります。そしてそれが冷え性の改善にも繋がるのです。

また、心筋梗塞や脳梗塞を予防する効果も期待されています

ダイエットだけではなく、健康の維持としても注目の成分がアルファリノレン酸なのです。

このアルファリノレン酸は、私たちの体内でつくることができません。食べて補わなければならないこの栄養素をしっかり摂取するためにも、シソの実はぴったりの食材と言えます。

4.シソの実をおいしく食べるレシピ

シソの実は9月下旬頃に収穫されるため、新鮮な状態のものを通年手に入れるのは難しいです。

ですので今回は、そのシソの実を長期保存するおすすめの方法として「シソの実の塩漬け」をご紹介します。

しっかりと管理すれば長期にわたって保管することも可能です。

そのままご飯に乗せたり、野菜と混ぜたり、ちょっとした調味料のように気軽に使用できますので、ぜひ毎日の食卓に少しずつ取り入れてみてくださいね。

作り方ももちろん簡単です。ぜひ試してみて下さい。

シソの実の塩漬け

材料

  • シソの実 400g
  • 塩(天然塩) 50g

作り方

  1.  シソの実を良く洗って、乾燥させる
  2.  塩を全体にまぶす
  3.  清潔な容器に入れて保管する

シソの実をよく洗って、しっかりと水気を切っておくのがポイントです。

水分が多くなると傷みやすくなりますので、出来る限り乾かしましょう

清潔な容器は瓶やタッパー、フードパックなど空気の触れづらい様々なものが利用できますが、シソの実を入れる前にあらかじめ熱湯消毒しておくのがおすすめですよ。

冷蔵庫で保管すると、一ヶ月程度で塩味がかなりマイルドになってきます。

そのままご飯にのせてたべたり、かき揚げの具材にしたり、チャーハンに混ぜたりと様々な利用方法がありますのでぜひ試してみて下さい。

お酢で簡単!シソの実の酢漬け

今回は長期保管を目的として、水気を切って塩をまぶした塩漬けをご紹介しましたが、塩をお酢に変えることで簡単に酢漬けを作ることも可能です。

塩漬けと比べると長期保管には向きませんが、様々なダイエット効果の期待できる「酢」と合わせてみるのもおすすめです。

糖質ゼロのシソの実!塩漬けや酢漬けの簡単レシピでダイエットのまとめ

シソの種子にあたる「シソの実」は、糖質がなく、食物繊維やアルファリノレン酸などダイエットや健康に嬉しい成分がたくさん含まれている食材です。通年手に入れることは難しいですが、旬である秋に購入しておいてぜひ塩漬けにしてみてください。しっかりと水気を切っておけば長期にわたって保管が可能です。また、シソの実は栄養価が高いこともおすすめポイントとなっています。ぜひダイエットに取り入れてみてください。

関連コンテンツ