ヤングコーンのダイエット効果とおすすめレシピをご紹介

アイキャッチ画像

ヤングコーンをダイエットに利用する方法についてご紹介していきます。ヤングコーンはスープカレーや中華料理などにも入っていますが、瓶詰めのものは通年手に入れることができ、さらに簡単レシピで美味しく頂くことが可能です。ヤングコーンの栄養素がどうダイエットに効果的なのか区和紙区解説していきます。

スポンサーリンク

1.ヤングコーンとは

ヤングコーンは、コーンが成長する前に収穫したものです。つまりは若いとうもろこしと言えます。

コーンは1株から2本収穫されることが多いのですが、実際は3本以上の実が付くことがあります。それを大きく育てるために間引きし、この間引きされた若いコーンがヤングコーンです。

瓶詰めされたり、レトルトとなって売られていることが多いヤングコーンは、通年手に入れることができます。

しかし旬は6月で、その際は皮付きのまま販売されていることもあります

中華料理やスープカレーなどの具材としてよく入っており、芯まで柔らかいことからそのまま全て食べられて栄養が摂取できるのが魅力の一つです。

ほのかに甘く、しゃきっとした食感が楽しめます。

2.ヤングコーンのカロリーと栄養素

ヤングコーンのカロリーは、100gあたり29キロカロリーです。

1本は約3キロカロリーになります。

ヤングコーンには、ビタミンA、ビタミンE、ビタミンK、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、ビタミンB6、葉酸、パントテン酸、ビタミンC、カリウム、カルシウム 、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、マンガンが含まれています。

3.ヤングコーンがダイエットに向いている理由

低カロリー

ヤングコーンは、1本あたり3キロカロリーととても低カロリーです。

10本食べてもたったの30キロカロリーですし、甘みがあるので満足感があります。シャキシャキの食感で食べやすいのも魅力です。

低糖質

ヤングコーンは、低カロリーなだけではなく、低糖質です。

100gあたり、3.3g

かなり糖質が少ないので、食べすぎて太ってしまうということはほぼ考えられません。

甘みと食べ応え、そして、糖質とカロリーというダイエットの要素を満たしているのがヤングコーンなのです。

食物繊維

ヤングコーンには、食物繊維が含まれています。

食物繊維は腸内環境を整えるだけでなく、血糖値の急激な上昇を抑える効果などもあります。食前にヤングコーンを食べると血糖値が上がりにくく、太りにくくなるため、食前に食べるのもおすすめです。

スポンサーリンク

カリウム

ヤングコーンには、むくみの予防と改善に効果があるカリウムが含まれています

カリウムは、体内の塩分と水分を調節して余分な水分を外に出す効果があります。身体に水分がため込まれてしまい発生するむくみを撃退するために、カリウムはとても重要なミネラルです。

むくんでしまうと太って見えがちです。ダイエットの敵であるむくみ対策もしっかり行いましょう。

健康効果が高い

ヤングコーンには、動脈硬化などを予防するリノール酸や、貧血や心臓病の予防に効果がある葉酸なども含まれています。

特にリノール酸は血中のコレステロール値を下げる効果も期待されていますので、ダイエットだけでなく、その健康効果を期待しての摂取もおすすめです。

ヤングコーンのダイエット利用法

これまで間食としておやつを食べていた場合は、それをヤングコーンに置き換えてみてください。

ほのかな甘みがありますので、飲み物と一緒に食べることで満足感が得やすくなります

また、食前にヤングコーンを食べると食物繊維の効果で血糖値が上がりにくいことを先述しましたが、さらに主食の量が減りますので、糖質とカロリーを大幅カットすることにも繋がります。

4.ヤングコーンのおすすめレシピ

中華料理などに入っているヤングコーンですが、なかなか家庭で使用する機会は少ないですよね。栄養満点のヤングコーンを簡単に食卓に取り入れられるレシピをご紹介しますので、ぜひお試しください。

ヤングコーンのバター醬油焼き

材料

  • ヤングコーン 10~15本
  • バター10g
  • 醤油 小さじ1
  • 塩コショウ 小さじ1
  • にんにくパウダー 少々

作り方

  1.  フライパンにバターを敷いて、火にかける
  2.  ヤングコーンを並べて、焼き目をつける
  3.  醬油と塩コショウ、にんにくパウダーを絡める

焼いた焦げ目がおいしいヤングコーンのバター醬油焼きです。

常備菜としてもおすすめですし、味もしっかりついているのでお弁当のおかずにも向いています。ネギや青のりをかけてもおいしいですよ。

多めに作ってタッパーに入れ、毎日の食卓に取り入れてみてください。

ヤングコーンのダイエット効果とおすすめレシピをご紹介のまとめ

ヤングコーンは、低カロリー低糖質であり、ダイエットに向いている食材です。ほのかに甘みがあって、食感も食べ応えもあるため、ダイエット中のおやつや食卓にオススメです。スーパーでは瓶詰めのものがよく売られていますが、旬を迎える6月から9月であれば生のヤングコーンも販売されています。ヤングコーンのバター醬油焼きはとってもおいしくて病みつきになる味ですらから是非、作ってみてくださいね。

関連コンテンツ