豆板醤でダイエット!マイルドな辛みが食べやすい万能トマトソースレシピ!

アイキャッチ画像

豆板醤には脂肪燃焼効果のあるカプサイシンが含まれており、ダイエット中の調味料としてぜひ取り入れていきたい一品です。発酵食品であり熟成されたものは辛みが少ないため、辛い物が苦手な方でも食べやすいのが特徴です。中華調味料としてお馴染みですが炒め物に少し加えたり、意外と簡単に食卓に取り入れることができます。今回は豆板醤のダイエット効果、そして便利な調味ソースとしてお使いいただけるトマトソースのレシピもご紹介しますのでぜひご覧ください。

スポンサーリンク

1.豆板醬は発酵食品

豆板醬のベースは、そら豆です。そら豆に大豆や米、ごま油、塩、唐辛子を加えて作られています。

豆板醤の伝統的な製法では、そら豆を加工し、塩を加えてから半年以上熟成させます。そこに香辛料を加えてさらに一ヶ月熟成させる手法がとられるため、大変手間のかかったものなのです。

このような伝統に則った製法は大量生産には向いていないため、現在市販されている豆板醤のほとんどが簡素化された製法で作られています。

また、豆板醤はそら豆に麹を加えて発酵させてあるので、発酵食品でもあります

発酵食品は健康的にも大変期待できるものですから、意欲的に取り入れていきたいですね。

唐辛子が含まれているので辛い調味料ではありますが、熟成が進むごとに味がまろやかになり独特の香りが出てくるのも特徴です。

2.豆板醬のカロリーと栄養素

豆板醤のカロリーは、100gあたり60キロカロリーです。

大さじ1杯あたりで11キロカロリーと、調味料としてはやや高カロリーな印象です。

ですが豆板醬を大量に使用することはまずありませんので、カロリーを気にしなければいけないということはありません。

豆板醬には、ビタミンA、ビタミンE 、ビタミンK、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、ビタミンB6、葉酸、パントテン酸、ビタミンC、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅 、マンガンが含まれています。

製造過程で塩を入れるので、ナトリウムが多めになっています。

原料となっているそら豆は、ビタミンも豊富です。

3.豆板醬がダイエットに向いている理由とは

低糖質

豆板醬の糖質は、100gあたり3.6gです。

大さじ2杯で1.4gですから、糖質量はかなり少なめといえます

糖質制限ダイエットを行っている方は、調味料として積極的に使用しても良い糖質量ですね。

カプサイシン

豆板醬には唐辛子が使用されていますので、辛み成分のカプサイシンが含まれています。

カプサイシンを摂取した後に有酸素運動を行うと、かなりの脂肪燃焼効果が期待できることがわかっています

カプサイシンはダイエットに大変効果的な栄養素なのです。

また豆板醤は熟成されて作られていますので、唐辛子などの辛み成分が苦手という方でもまろやかで食べやすいのが魅力です。

▼カプサイシンの詳しいダイエット効果については以下も参考にしてください。

カプサイシンダイエットは効果があるのか?身体を温めて痩せよう!

注意点も!

脂肪燃焼効果の期待できるカプサイシンですが、辛味と独特の香りが食欲を増進し、食べすぎを引き起こしてしまう可能性もあります

食欲増進効果には注意が必要です。

食べすぎると塩分の過剰摂取になりむくみの原因にもなりますので、どんな食材でも良いからといって食べすぎるのはよくありません

どうやって食べればいいの?

大量に食べるものではありませんし、唐辛子を大量に食べるとお腹を壊してしまう体質の方もいます。

適度に摂取してカプサイシンの効果を得ましょう。

豆板醬を食べるときには、炒め物などに少量加えてみるのがおすすめです。ちょい足し程度でも十分です。

スポンサーリンク

4.豆板醬をつかったレシピ

豆板醬を使用したちょっと変わったレシピをご紹介します。豆板醬は、中華だけではないのです。

豆板醬入りトマトソース

材料

  • トマト缶(カット) 2缶
  • 玉ねぎ 3個
  • セロリ 50g
  • 豆板醬 大さじ3
  • 醤油 大さじ1
  • 蜂蜜 大さじ3
  • 塩 大さじ3
  • 小麦粉 30g
  • オリーブオイル 大さじ3

作り方

  1.  玉ねぎとセロリをみじん切りにする
  2.  深めの鍋にオリーブオイルと刻んだ玉ねぎ、セロリ、小麦粉を加えて弱火で3分炒める
  3.  玉ねぎに火が通ったら、トマト缶と醤油、蜂蜜、塩、を加えて煮込む
  4.  10分程度煮込んでとろみが出てきたら豆板醬を加えて、弱火でさらに加熱していく
  5.  最後に塩コショウで味を整える

豆板醬をアクセントにしたトマトソースです。

バスタはもちろん、ナスやバシルとも相性が良く、他にもサラダディップなど便利な調味ソースとしてお使いいただけます。

また海老チリにも使えるトマトソースなので、低カロリーの海老と合わせて豪華な一品料理になります。

パンとも相性が良いので、朝の忙しい時はパンに塗ってトーストするのもおすすめです。

中華や炒め物に飽きてしまった場合は、食べやすいこのソースをぜひ試してみてください。

冷凍保存も可能なので、たくさん作って保存しておくのも良いですよ。

豆板醤でダイエット!マイルドな辛みが食べやすい万能トマトソースレシピ!のまとめ

豆板醬はそら豆を原料とし、唐辛子などを加えて発酵させた調味料です。カプサイシンが含まれておりビタミンも豊富ですので、ダイエット中に食べたい調味料のひとつといえます。糖質も少ないので、糖質制限ダイエットをしている方にもオススメできます。中華料理のイメージが強い豆板醬ですが、トマトソースにアレンジすることもできますので、試してみてくださいね。豆板醬は辛みがある調味料ですが、発酵が進んだものはマイルドな味わいですので、辛いものがあまり得意ではないという方でもチャレンジしやすいかと思います。

関連コンテンツ