モッツァレラチーズはアボカドとトマトだけじゃない!豪華な煮込みレシピ♪

アイキャッチ画像

モッツァレラチーズはもちもちの食感と、加熱するととろける舌触りが特徴の食べやすいチーズです。癖が少なく臭みもほとんどないので、チーズが苦手な方にもおすすめできます。スーパーなどで手軽に購入することもできるので、ダイエット中、日々の食卓に取り入れやすい食材と言えます。今回はモッツァレラチーズとダイエットの関係性、定番のトマト&アボカド以外の豪華な鶏肉の煮込みレシピをご紹介します。

スポンサーリンク

1.モッツァレラチーズとは

モッツァレラチーズの原産は、イタリア南西部のカンパニア州です。弾力と癖のなさが特徴で、元々は水牛の乳を使って作られていました。

モッツァレラチーズは、「パスタフィラータ」という製法で作られています。

乳の成分が凝集した状態で湯を注いでよく練り、もちもちになったところで丸い形にして塩水につけ作られています

ひとつあたりの重さがだいたい決まっており、約280グラムとなっています。水牛の乳ではなく、牛乳で作られるものも多くありますが、やはり水牛の乳で作られるものの方が良質と言われています。

2.モッツァレラチーズのカロリーと栄養素

モッツァレラチーズのカロリーは、100gあたり250キロカロリーです。

マスカルポーネやカマンベールチーズより低カロリーで、チーズの中ではヘルシーの方です

モッツァレラチーズには、ビタミンA、ビタミンB1 、ビタミンB2 、ナイアシン、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、パントテン酸、ビタミンC、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、マンガンが含まれています。

牛乳から作られる乳製品ということもあり、大変栄養豊富です。

3.モッツァレラチーズはダイエット向きだった

低カロリー

先述した通り、モッツァレラチーズは、チーズの中では低カロリーです。

同じ100gのカロリーを見た時、カマンベールチーズは310キロカロリープロセスチーズは450キロカロリーですから、モッツァレラチーズと比べると高いことがわかります。

こってりしたイメージが強いチーズですが、モッツァレラチーズはヘルシーに食べられて、ダイエット中、食生活に取り入れたいサラダなどにもぴったりなのです。

低糖質で糖質制限ダイエットにも!

モッツァレラチーズの糖質量は、100gあたり4.2gです。

チーズは高カロリーではあるものの糖質が低いものが多く、糖質制限ダイエットをしている方であれば、気にせずに食べても良い食材です。

スポンサーリンク

バリエーション豊富で飽きにくい

モッツァレラチーズは調理がしやすく、そしてバリエーションも豊富です。

そのままオリーブオイルやトマト、バジルを合わせてカプレーゼにもできますし、ビザやパスタ、トマトソースにも入れることができます。

調理のバリエーションが豊富なので飽きにくく、毎日の食卓にも取り入れやすいのが嬉しいですね。

生のままでもおいしいですが加熱するととろけて舌触りも良くなります。和食とも合わせることができますので、日本人でも食べやすいチーズです。

トマトとアボカドと混ぜるだけでも、彩り豊かでおしゃれなサラダになります。

▼相性の良いアボカドを利用したダイエットの記事も参考にしてみてください。

アボカドは森のバター!そのダイエット効果を解説!

▼トマトのダイエット効果についてさらに詳しくは以下をご覧ください。

トマトダイエットで美肌のまま痩せよう!

カルシウムがたっぷり

モッツァレラチーズは乳製品ですから、カルシウムが豊富です。

カルシウムには脂肪の吸収を抑制する働きと、摂取した脂肪が身体に蓄積されないようにしてくれる働きがあります

脂肪を身体の外に出してくれるという、ダイエットの救世主なのです。

メチオニン

モッツァレラチーズに含まれているメチオニンという成分は、血行を良くする働きがあります

血行がよくなれば、代謝があがり、痩せやすい身体になるのです。

また基礎代謝を上げることはリバウンド防止にも繋がりますので、基礎代謝を上げる努力も一緒にするのがおすすめです。

4.モッツァレラチーズを使った簡単レシピ

モッツァレラチーズを使ったレシピは、カットしたアボカドやトマトと混ぜるだけの簡単サラダなどもありますが、今回は少し手の込んだゴージャスなレシピをご紹介します。

リゾットやカレーライスへのアレンジもできますので、ぜひお試しください。

鶏肉のトマト煮込み

材料

  • 鶏むね肉 300g
  • モッツァレラチーズ 280g
  • じゃがいも 2個
  • 玉ねぎ 2個
  • セロリ 50g
  • モッツァレラチーズ 280g
  • トマト缶(カット) 1缶
  • 水 200cc
  • コンソメ 1個
  • ブーケガルニ 1袋
  • ウスターソース 大さじ1
  • 乾燥バジル 適量
  • 塩コショウ 適量
  • オリーブオイル 大さじ2
  • すりおろしニンニク 小さじ1

作り方

  1.  鶏肉とじゃがいもは一口大にカットし、玉ねぎとセロリはみじん切りにする
  2.  鍋にオリーブオイルとニンニクを加えて加熱し、刻んだ玉ねぎとセロリを炒める
  3.  セロリに火が通ってきたら、鶏肉とじゃがいもを加えて炒めていく
  4.  鶏肉の色が変わったところでトマト缶を鍋に加え、水とコンソメ、ブーケガルニ、ウスターソースを加えて弱火で煮込む
  5.  じゃがいもに火が通ったところで、乾燥バジルと塩コショウを加えて味を調える
  6.  最後に一口大のモッツァレラチーズを加えて30秒加熱して完成

トマトとモッツァレラチーズの相性がよい煮込み料理です。キノコを加えてもおいしくいただけますよ。

この煮込みにご飯を入れればリゾットに、カレールーを入れればカレーに変身します。

モッツァレラチーズはアボカドとトマトだけじゃない!豪華な煮込みレシピ♪のまとめ

モッツァレラチーズは低カロリー低糖質で、カルシウムやメチオニンなどが含まれるダイエットに適したチーズです。癖が少ないのが特徴のため調理のバリエーションも豊富で、ダイエット中の食卓にも積極的に取り入れることができるおすすめ食材です。サラダに加えるだけでなく、今回ご紹介した少し手の込んだレシピにもぜひ挑戦してみてくださいね。

関連コンテンツ