ダイエット中は宇治金時かき氷がおすすめ!?ほうじ茶シロップのレシピもご紹介!

アイキャッチ画像

かき氷ダイエット中にも食べられる冷たい夏のスイーツです。シロップをかけた昔ながらのものはもちろん、細かい氷がふわふわとしたくちどけを生み出してくれる専門店なども充実しています。フルーツをそのまま使ったシロップなどもあり、女性にとって嬉しいビタミンやミネラルも一緒に摂取できるのが嬉しいメリットです。今回は、手作りできるほうじ茶シロップなどのレシピもご紹介していきます。

スポンサーリンク

1.かき氷は日本の伝統スイーツ!

かき氷は、氷を細かく砕いたものにシロップやコンデンスミルクをかけた冷たいスイーツです。

氷の種類や質、そしてシロップがとても多様で夏によく食べられています。最近では台湾かき氷なども流行していますし、フルーツをたくさん乗せたものや、アイスクリームが添えられたもの、シロップに本物のフルーツを使ったものなどもあり、バリエーションが大変豊かになっています。

昔ながらのシロップをかけたかき氷だけでなく、昨今ではいろいろなフレーバーやフルーツを一緒に楽しめるのもかき氷の良さですね。

2.かき氷のカロリーは?

かき氷のカロリーはシロップによっても異なりますが、1人分で約250キロカロリー程度です。

ホイップクリームを乗せたものやアイスクリームを乗せたもの、白玉を乗せたものなどはもっと高カロリーです。

かき氷には栄養素はほとんどありませんが、フルーツを乗せたものやフルーツシロップであればビタミンやミネラルを摂取することができます

そして、アイスクリームやホイップクリームを乗せたものにはカルシウムが含まれています。

抹茶を使った宇治金時であれば緑茶に含まれる栄養素をとることができます。

緑茶ダイエットの効果は以下の記事を参考にしてください。

緑茶ダイエットで痩せることはできるの?緑茶のカテキンパワーに刮目せよ!

シロップは大変甘いイメージがあると思いますが、選び方次第でカロリーやダイエットへの影響が変わってきますので、それに注意すればダイエット中でも召し上がっていただくことができます

3.かき氷はダイエット向き?

ダイエット中におやつを食べるなんて…と考える方がほとんどだと思いますが、他の冷たいスイーツと比べるとダイエット向きであるとも言えます。

かき氷を食べると身体が冷えますが、私たちの身体は、冷えた体温をもとに戻そうとする働きがあるのです。

つまり、その冷えた体温をもとに戻そうとエネルギーを消費することになります。

身体を冷やすのはよくないのでは?と思うかもしれませんが、一概にそうとは言い切れないのです。

ダイエットに適したモノを選べる

かき氷には、いろんな味がありますよね。いちごやレモン、宇治金時などの定番品はもちろん、最近ではコーヒーやキャラメルなどもあります。

特に宇治金時などは緑茶に含まれるカテキンなどの力がダイエットに効果的に働きますし、コーヒーに含まれるクロロゲン酸(コーヒーポリフェノール)には代謝を調節してくれる機能もあるのです。

シロップをフルーツに変えることで、フルーツのビタミンやミネラル、ダイエットだけではなく美容効果も享受することができますので、ダイエットに適したものを自分で選ぶことができます。

アイスクリームやソフトクリームよりも低カロリー

冷たいスイーツといえば…かき氷と並んで人気があるのがアイスクリームですよね。

アイスクリームには乳脂肪分が多く含まれており、カロリーはやや高めです。

逆に、脂肪分の摂取が足りなすぎる場合、身体は脂肪をためこもうとしてしまう性質を持っています。そのため適度な脂肪分を摂取することも重要なので、アイスクリームがダイエットに向いていないという訳ではありません

ですがカロリーという数字を気にされる方も多いと思いますので、その場合はかき氷の方がおすすめです。

過度な食事制限などで肌荒れなどが気になる方は、ぜひかき氷と一緒に果物も一緒にたくさん食べてみてくださいね。

スポンサーリンク

おすすめは宇治金時!

先述しましたが、いちばんダイエット中におすすめのなのが「宇治金時」をかけた「かき氷」です。

宇治金時のシロップには抹茶が使われていますが、抹茶にはダイエット効果があるのです。

抹茶には、脂肪燃焼効果や摂取した糖分の吸収を穏やかにする効果があります

また、ビタミンCが豊富で食物繊維も含まれていますので、ダイエットに適しているのです。

ダイエット中にかき氷を食べる場合は、できればアイスがのったタイプのモノは避けて、宇治金時を食べましょう。

宇治金時には少量の小豆が乗っていることがありますが、小豆にもダイエット効果がありますし、大量に乗せられているわけではないのでカロリーなどは気にする必要はないといっていいでしょう。

4.かき氷を手作りしよう!

最近ではかき氷の専門店や有名店なども多く、お店で食べたり、スーパーやコンビニで手軽に購入する方も多いと思いますが、自分でシロップを手作りすることもできます。

自分の好みに少しずつアレンジしていくのもおすすめです。

ほうじ茶シロップかき氷のレシピ

材料

  • 氷(できれば棒状のもの)適量
  • ほうじ茶 小さじ1
  • 甜菜糖 小さじ1
  • お湯 大さじ2
  • コンデンスミルク 適量

作り方

  1.  かき氷を入れる器を冷蔵庫で冷やしておきます。
  2.  ほうじ茶を濃い目にいれて、甜菜糖はお湯で溶いておきます。
  3.  良く研いだ包丁で氷を切っていきます。(専用のかき氷機でももちろんOKです)
  4.  冷やした器に盛って、②のシロップをかけます。
  5.  最後にコンデンスミルクをお好みでかければ完成です。

シンプルなほうじ茶かき氷ですが、濃いめに淹れることでほろ苦く、濃厚な味を楽しむことができます

ほうじ茶の量を調節できるのも嬉しいポイントです。

ダイエット中は宇治金時かき氷がおすすめ!?ほうじ茶シロップのレシピもご紹介!のまとめ

かき氷は、身体を冷やし、元の体温に戻そうとする作用によってエネルギーを消費してくれるスイーツです。ダイエット中におすすめのフレーバーはほうじ茶や宇治金時ですが、美容効果も得たい場合は果物をのせるのがポイントです。ビタミンやミネラルを摂取できるだけでなく、満足感も増します。専用のかき氷機がなくても包丁で氷を削ぎ切りするだけで手作りすることもできます。ほうじ茶シロップのレシピも、ぜひ試してみてくださいね。

関連コンテンツ