ポップコーンでダイエット!低カロリーで作り方も簡単♪


ポップコーンは食前や置き換えに食べるだけでダイエット効果の期待できるおすすめの食材です。ダイエット中の間食にも適していて、水分と一緒に食べることで少量でも満足できる豊富な食物繊維も含んでいます。自宅での簡単な作り方などもあわせてご紹介していきますので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

1.ポップコーンはトウモロコシ生まれのお菓子

ポップコーンは小粒で種皮が固い、ポップ種というトウモロコシを乾燥させたものから作られます。

油やバターで炒めて加熱することで、コーンの中に含まれている水分が沸騰し、膨張と破裂が起こるのです。

内部からの膨張による圧力に耐えきれなくなった粒がはじけた時に、ポップコーンとなります。

▼とうもろこしに含まれる栄養素やダイエット効果についてはこちら↓

とうもろこしはダイエットに向いている?とうもろこしでダイエットする方法も!

2.ポップコーンのカロリーや栄養素

ポップコーンのカロリーは100gあたり484kcalです。

市販のスナック菓子のポップコーンは約50g程度ですから、1袋で242kcalになります。

ポテトチップスやチョコレート菓子と比べると低カロリーと言えますよね。

ポップコーンには、ビタミンA、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン 、ビタミンB6、葉酸、パントテン酸、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム 、リン、鉄、亜鉛、銅が含まれています。

ポップコーンは、トウモロコシを皮ごと食べることになるので、栄養を余すことなく取り入れることができるのです。

またポリフェノールが豊富なので、美肌効果や老化防止効果を期待できます

スポンサーリンク

3.ダイエット中にポップコーンを食べるコツ

水分と一緒に取る

ポップコーンには食物繊維が含まれているので、水分を一緒にとると少量でもお腹が膨れやすく、腹持ちが良くなります

ポップコーンにはカロリーがあるので、カロリーのない炭酸水や水、お茶、コーヒーなどがおすすめです。

どうしても甘いものと一緒に取りたいという時は、カロリーゼロのジュースにしましょう。

置き換えにも

ポップコーンを食事と置き換えるダイエット法もあります。

食物繊維が豊富で栄養も含まれているので、一日一食ポップコーンに置き換えると全体のカロリー摂取量を減らすことができます

食前に食べる方法も

カロリーが低く少量でも満腹になりやすいポップコーンを食前に食べると、自然と食事の量を減らすことができます

置き換えがつらいという場合は、食前にポップコーンを食べて食事を減らすという方法もオススメです。

間食にも

いつもチョコレートやキャラメル、ポテトチップスをおやつにしているという場合は、それをポップコーンに変えるだけで摂取カロリーを減らすことができます

ポイントは?

ポップコーンでダイエットする場合は、できるだけ塩分が少ないシンプルなポップコーンを選びましょう

チョコレートやキャラメルがコーティングしてある高カロリーのものは避けて、塩味やバター風味のものを選ぶのがポイントです。

そして、一気にもぐもぐ食べるのではなく少しずつよく噛んで食べるのもポイントです。水分を一緒に取りながら少しずつ食べれば、少量でも意外と満足できますよ。

4.ポップコーンは作れる?

ポップコーンは市販のものありますが、せっかくならダイエットを長続きさせるためにもおいしいポップコーンを食べたいですよね。

出来立てのポップコーンは、香ばしくてとてもおいしいので是非作って見てください。

材料

  • ポップコーン用の豆 100g
  • ココナッツ油 大さじ1
  • 有塩バター 20g
  • 塩 適量

作り方

  1.  フライパンにポップコーン豆と、サラダ油、バターを入れて加熱する(必ず蓋をする)
  2.  中火でフライパンを揺らしながら炒る
  3.  弾ける音が止んだところで火を止めて、塩をかける

ポップコーンの原料はスーパーなどで販売されていますので、簡単に手に入れることができます。

サラダ油でもいいのですが、ダイエットに適したココナッツ油を使うのがオススメです。

▼ココナッツオイルのダイエット効果について詳しくは以下の記事をご覧ください。

ココナッツオイルダイエットの効果がスゴイ!テレビでも話題のダイエット法をご紹介!

塩もできれば天然塩を使用しましょう。

ポップコーンがはじけている間に蓋を取ると熱いポップコーンが飛び出して危険なので、加熱している間は絶対に蓋を取らないようにしてくださいね。

バターの風味と塩味がとてもおいしいポップコーンが完成します。瓶などに入れて保管することもできますので多めに作っておくのもアリです。

ポップコーンでダイエット!低カロリーで作り方も簡単♪のまとめ

ダイエットにオススメのポップコーンには、食物繊維や栄養素がたくさん含まれています。水分を一緒とれば少量でも食べ応えがありますので、間食や置き換え、食前ダイエットにも利用できます。ポップコーンは、市販の原料とフライパンがあれば自作できるのでココナッツ油や亜麻仁油など、ダイエットに適したオイルを使って自作するのもオススメです。ダイエット中に食べるポップコーンは、高カロリーのチョコレートやキャラメルコーティングされたものは避けて、シンプルな塩味にしておきましょう。少しずつゆっくりとよく噛んで食べれば、ダイエット食としてとても優秀ですので、是非、試してみてくださいね。

関連コンテンツ