痩せる食べ方ダイエットを継続して健康と美容も一緒に手に入れよう!


痩せる食べ方ダイエットというのが存在することをご存知でしょうか。みるみる体重が落ちていくようなダイエット法ではありませんが、意識して継続することでダイエット効果が期待できると言われています。食事は毎日摂るものですから、すぐに取り入れて実践できるのも嬉しいポイントです。一体どんなやり方で、どんな効果があるのかを見ていきましょう。

スポンサーリンク

痩せる食べ方ダイエットその1

「よく噛んで食べる」

痩せる食べ方としてまずおすすめしたいのは、よく噛んで食べるということです。たくさん噛んでから食べるというワードは、幼いころから耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

把握しておきながらも、よく噛むという食べ方はなかなか実行できない行動なのです。意識して咀嚼することをしないと、気づいた時にはもう飲み込んでいた!という事もあるかと思います。

また顎が弱っているため、長時間噛むと疲れてしまうというパターンもあるのではないでしょうか。ですがよく噛むことで満腹中枢が刺激され、食べる量をいつもより減らすことも可能となります。

噛む回数の目安は?

噛む回数の目安は、およそ30回以上が良いと言われています。一口食べることに30回もぐもぐと咀嚼してみましょう。早食いは太るなどと言われることがありますが、実はこれは事実なのです。

早食いは太る!?早食いさんにおすすめダイエット法

たくさん噛むって難しい!

普通に食事をしていると、咀嚼回数を増やすことが難しいと感じる方もいるかもしれません。まずは食べる時間を決めていきましょう。ここでは約20分と設定して食事の時間を作ります。

特に食べてはいけないという食品は設定せず、「よく噛む」と書いたメモと、時計を用意します。それから食事を始めましょう。最初は窮屈に感じるかもしれませんが、慣れてくれば自然と出来るようになりますのでそれまでの辛抱です。

即効性はありませんが、継続すると効果は見えてくるでしょう。

痩せる食べ方ダイエットその2

「時間を決める」

痩せる食べ方としては、食事の時間を決めることも大切です。一日3食を食べることは身体にとって、とても重要なことですよね。

さらに、同じ時間に食事を摂るような生活をしていると体が飢えた状態になることがなく、スムーズに消化吸収をしていくと言われています。飢えた状態が続いてしまうと体は蓄えようとするので、痩せにくい体質になってしまうのです。

お腹を手で押さえる女性

実際、家事や仕事に追われる毎日で時間を設定するのは難しいかと思いますが、出来る限り時間に沿った食生活を行うことはダイエットに効果的であると言えます。

痩せる食べ方ダイエットその3

「様々な食材を食べるようにする」

痩せる食べ方として続いてにおすすめするのは、たくさんの食材を食べることです。様々な食材を食べると、その分たくさんの栄養素を摂取することができます。

体内の様々な臓器が必要とする栄養素を1日分の食事から摂れた場合、体内は満たされ、見た目だけでなく体の中から健康的になれるのです。

ですが体が必要とする栄養素はとても多く、食事だけで補うのはなかなか難しいと思います。ですが意識することが大切です。いつもより副菜を一種増やしたりするだけでも、毎日の栄養素の種類は必ず増えていきます

内臓が元気になり基礎代謝も上がりやすくなるので、ダイエットには効果的と言えるでしょう。

スポンサーリンク

痩せる食べ方ダイエットその4

「胃の中のものが消化された状態で寝る」

痩せる食べ方として、食事の時間や食べている時間を決めるということは紹介しました。それに併せて、夕食の時間を早めに設定することも一緒に行ってみてください。

出来れば18時くらいが妥当かと思います。少し早めに感じるかもしれませんが、18時に夕食を摂り、それ以降は何も食べないよう心掛けてください。

現代人には少し難しいかもしれませんが、ついでにお肌に良いとされる23時までに寝付くことができれば理想的です。健康だけでなく美容にも効果が得られます。

寝るときになってお腹が空いてくることがあると思いますが、胃の中のものが消化された状態で寝ると、睡眠中、体に余計な蓄えをしてしまうことがないので、太ってしまう心配がなくなります

痩せる食べ方ダイエットを継続して健康と美容も一緒に手に入れよう!のまとめ

ダイエットを実行しようと考えたとき、食べたいものを我慢しなければならないというのが定説でしょう。人によってはとても過酷なこととなりますが、食べ方を工夫することに慣れるだけで、案外簡単に痩せられるかもしれません。ダイエット用品などの無駄な出費を抑えることもできますので、実行しやすいことがこの「痩せる食べ方ダイエット」のメリットと言えます。またダイエットを長期的に考えたとき、夜の食事や飲み会のお誘いなどは考えすぎずに美味しいものを食べてしまいましょう。翌日に調整することも可能となりますので、長い時間をかけてダイエットに取り組むことをおすすめします。ですがこの時も、よく噛んでたべることだけは忘れないようにしてくださいね。さらにウォーキングなどの有酸素運動を20分以上あわせることでさらなる相乗効果が期待できます。余力のある方はぜひこちらも試してみてください。

関連コンテンツ